過去の記事はここをクリック:記事一覧

のんびり歩く大雪山 (1)

今回は大雪山縦走&初めてのテント泊
という壮大な計画を立てて、1ヶ月前から準備をしてきましたが、
8月から続いた台風ラッシュのお蔭で、すべての予定が狂っちゃいました。

20161001IMG_5873_m.jpg
初日の朝、旭川に飛んで、昼過ぎに層雲峡に到着。
青空は嬉しいけど、
高い積乱雲が気になります(>_<)
2人で相談して、この日は入山中止。

20161002IMG_5899_m.jpg
私たちの計画では山に行けなかった場合、
糠平と幌加温泉、然別湖で温泉三昧する予定でしたが、
豪雨で三国山を越える国道が通行止めになったことで
行く所がなくなりました。
そこで北へ150キロ走って、サロマ湖へ。

20161003IMG_5876_m.jpg
走り出したら
バケツをひっくり返したような雨と雷
20161004IMG_5879_m.jpg
やっぱり山に行かなくて正解だったとホッとするが、
これからもずっと雨の天気予報を見ると憂鬱
山を諦めるのは仕方ないけど、
温泉にも行けないのは致命的でした。

20161005IMG_5889_m.jpg
悩んでも仕方ないので、
とりあえず道の駅で腹ごしらえをしてひたすら北へ走ります。

20161006P1280234.jpg
サロマ湖に向かったのはサンゴ草を見るためでした。
サンゴ草の正式名称はアッケシ草。
塩分の多い湿地に生える草で
秋になると燃えたつような赤い色に変わります。

20161007P1000006.jpg

20161008P1000016.jpg

20161009P1000023.jpg
見ごろより少し早かった上、生憎の雨、
それでも美しい湖は、旅の疲れを癒してくれました。

20161010P1280267.jpg20161011P1280270.jpg
サロマ湖に無料のキムアネップ岬キャンプ場があります。
元々大雪山を縦走した後ここでテントを張って
サロマ湖の夕日を見る予定でしたが、
雨と風が強くて、例の「天気予報ショック」もあって、
2人とも完全にやる気ゼロ。

20161012IMG_5896_2.jpg
-----キムアネップ岬キャンプ場ついて-----
無料、トイレも完備
駐車場と離れているので、静かに寝れます。
ゴミ捨て場なし、持ち帰り
秋のサロマ湖には大きな蚊がいっぱいいるので、
徹底した虫対策が必要

20161013P1280269.jpg
炊事場

20161014P1280273.jpg
管理棟から見るサロマ湖

20161015IMG_5856.jpg
虫対策として自制のハッカ油スプレーを持参。
100mlのスプレー容器に
無水エタノール10ml とハッカ油50滴をよく混ぜ合わせた後に、
精製水90mlを足して出来上がりです。

20161015IMG_5892_m.jpg
結局最後に辿り着いたのは湖畔にあるユースホテル

20161016P1280280.jpg20161017P1280281.jpg20161018P1280283.jpg20161019P1280284.jpg
「層雲峡から?どの道を通って来たの?よう来てくれた!」
明るい管理人さんのおかげで
2人ともすっかり元気になりました。
これから作戦の立て直しだ!

つづく


記事一覧へ