過去の記事はここをクリック:記事一覧

スコットランドの旅(6) スカイ島一周

Skye島を回るにはレンタカーが一番便利ですが、
バスなら
57Aが反時計回り、57Cが時計回り、
Portreeから出ています。

平日はそこそこ走っていますが、
土曜は大幅に減便、日曜は完全に運休です。

バス会社stagecoachのHP
https://www.stagecoachbus.com
57A番バスの時刻表
https://bustimes.org/services/57a-portree-staffin-and-uig-circular
57C番バスの時刻表
https://bustimes.org/services/57c-portree-uig-and-staffin-circular


The Old Man of Storrのハイキングを満喫した後、
どうしようかと相談した結果、
57Aのバスに乗って島をぐるっと一周回ってみることにしました。
1時間半かかりますが、もうなかなか来られないからと思って

01201901Skye_Portree_04.jpg

ちなにみご参考にバスの料金ですが、だいたい
Portree->Old Man  2.5£
Old Man->島一周して->Portree  7.5£

バスに乗ったら運転手さんは午前と同じおじさんでした。
私たちのことを覚えてくれたらしく、
「最初から9.2£の一日券を買ったら安かったのに」
「行き当たりばったりの旅なので、すみません」
とごまかしました(笑)

02201901P1000401.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
地元の人たちはどんどん降りていって、
バスにはとうとう私たち2人になってしまいました。
最前列に座って一生懸命写真を撮る私を見て、
おじさんは何度もワイパーでフロントガラスを拭いてくれました。
おじさん、ありがとう!

03201901P1510688.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
Skye島の夕日
「ここは奇麗だろ!」と
おじさんが時間調整とタバコ休憩に選んだ場所

04201901P1000413.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
島の北端
やっぱり今度は一週間ゆっくり滞在したいなぁ~

05201901P1000406.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
Duntulm城
ここに14世紀から砦が築かれ、
18世紀に幽霊が出る噂が広がり廃墟と化しました。

06201901P1000405.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
湖畔の民家

07201901P1000410.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
北部には大きな町がなく、
牧場と点々とした農家があるだけ

08201901P1000412.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
逃げる♪ 逃げる♪

09201901P1000421.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
残念
ハイランドキャトルではありませんでした。

10201901P1510691.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
Uigという村です。
ここにはストーンサークルの遺跡があります。

11201901P1000430.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
午後3時半、Portreeに戻って来ました。
気温は0度近くに下がり、さすがに外で写真を撮るのはもう寒いです。


再び家族会議
Nairnに戻るもバスは安くないので、
Skye島で1泊することにしました。
(明日鉄道パスを使えば「ただ」で帰れるので)

Skye島は観光地なので、宿はやや高め。
そこで島の外で宿を取りました。

島を出るバスは5時の出発、あと1時間半
お土産屋さんをブラブラ

12201901P1000438.jpg
これがハイランドキャトル
ハイランド地方で生息する牛の一種
寒さに強く、痩せた土地の草を食べる性格の優しい牛です。
とても「可愛い」の一言では言い表せません。

13201901P1000437.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
それでも時間が余ったので、
本番のパブを初体験

14201901P1000435.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
店内はこんな感じです。
カウンターで注文して、その都度清算するシステムです。

ご存じの方も多いと思いますが、パブでは
「取りあえずビール」と頼んでも何も出てきません。
好きな銘柄があれば、直接それを頼めばいいですが、
ビターとか、ラガーとか、スタウトとか
種類を言えば店員さんがおすすめのを(=売りたいものを 笑)出してくれます。

単位はパイント(Pint)
1 Pintは 568ml
ハーフパイント(Half-pint)は 284mlです。

15201901P1000434.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ホテルで飲むための缶ビールも買ったので、
取りあえずハーフパイントを頂きました。
RED & GOLD
(泡の少なさにご注目、後日またこの話が出て来ます)

でもパブのビールとスーパーの缶ビールは
ほぼ同じ値段だとこれで分かったので、
この日を境に「飲みたければ軽くパブへ
の生活が始まりました。

16201901P1000439.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
午後5時Portreeの町
気持ち的にはもう夜10時です。


17201901Balmacara_01.jpg
来る時に乗った917のバスに乗り、無事に島を脱出
Balmacara という村に着きました。

17201901P1510699.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
ここで1部屋50ポンド
なんとか予算内(=帰りのバス代)で部屋をゲット
しかも朝食込

18201901P1510708.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
ホテルのロビー
昼間はレストランもやっています。

19201901P1000445.jpg20201901P1000446.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
翌朝
あまり期待はしませんでしたが、
朝食の時間です。

21201901P1000448.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
焼き立てパンとハム、チーズ、ドリンクのバイキングに

22201901P1000454.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
サーモンと

23201901P1000452.jpg
photo by YUMI
なんとフル・スコティッシュ・ブレックファスト

予想外に食べ過ぎてしまいました(笑)
特にハギスを食べられたのはなんとうれしいです。

ハギスは羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でた料理
スコットランドの名物で、試してみたかったのですが、
ややクセがあって、
レストランで1皿を頼んでも食べきれる自信はありません...

なので、これぐらいはちょうど良かったです。
おいしかったですよ。
でもやっぱり1皿は無理だと思います(笑)

24201901P1000460.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
そろそろクリスマスだよ~

25201901P1000450.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

26201901P1000457.jpg
photo by GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
サンターさんのプレゼント

27201901P1000450_m2.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
いいね

つづく


記事一覧へ