過去の記事はここをクリック:記事一覧

中央ヨーロッパの旅(2) ウィーン

ウィーンのホテルで迎えた朝
01200811DSC02821.jpg
02200811DSC02819.jpg
ローシーズンでしたので、4つ星ホテルでも1部屋6000円でした。
朝食ビュッフェも種類豊富で大満足♪
ところでクロワッサンはずっとフランス発祥だと思っていましたが、
実はオーストリア発です。
マリー・アントワネットがフランスに嫁いだ時に向こうに伝わったという・・・
このホテルのクロワッサンももちろん絶品でした。

今日は駆け足でウィーンの一日観光

00200811DSC00002.jpg
私たちが歩いたウィーン

03200811DSC02836.jpg
マリアテレジアが好んだイエローに塗装されたシェーンブルン宮殿
ハプスブルク家夏の離宮でしたが、冬に訪れてもその華やかさに驚きました。

さらに驚いたのは、今でも家賃数万円で誰でも住むことができるそうです。

05200811DSC02847.jpg
ハプスブルク家の紋章 双頭の鷲

04200811DSC02846.jpg
丘の上に建つグロリエッテ
現在はカフェレストランになっています。
ちなみにこちらの上に置かれているのは単頭の鷲です。

06200811DSC02838.jpg
大ギャラリー
ここに立つと、映画「プリンセスシシィ」の中でシシィとフランツが
婚約した夜の、あの豪華な舞踏会のシーンが目の前に浮びますね。

07200811DSC02849.jpg
ウィーンのシンボル シュテファン大聖堂

08200811DSC02853.jpg
財政難のため片方の塔しか完成していません。

09200811DSC02869.jpg
王宮の前を走る馬車

10200811DSC02868.jpg11200811DSC02852.jpg
王宮前の彫像たち・・・生きてます(笑)

駆け足と言いながら、午後はのんびりと芸術の都を散策

12200811DSC02848.jpg
シュトラウスに挨拶して、

13200811DSC02878.jpg
モーツァルトとコーヒー

14200811DSC02830.jpg15200811DSC02831.jpg
ヴァーグナーがデザインした集合住宅を拝見

16200811DSC02827.jpg
「時代には時代の芸術を、芸術には芸術の自由を」
ゼツェッシオン館を見学
ゼツェッシオン(分離派)と言ったら、クリムトと彼の「接吻」が有名ですね

17200811DSC02876.jpg
本日オープン♪

18200811DSC02885.jpg
クリスマスマーケット♪

19200811DSC02887.jpg20200811DSC02890.jpg
ブダペストの時と違って、ユーロは余っていませんから、
晩御飯はこれです(笑)

21200811DSC02892.jpg22200811DSC02893.jpg
翌日、プラハへ
運転手のシートが可愛い♪

つづく

記事一覧へ