過去の記事はここをクリック:記事一覧

青春18きっぷの旅(10) ダイヤモンドかパールか

千里川、友ヶ島、弁天島の夕日、姨捨棚田の朝日夜景とスノーモンキー、
それにホワイトダストとサンピラー、最後の〆は白鳥
大満足の旅でした。

最終日
このまま家に帰るのはもったいないので、
なんかないかなと、ど晴れの空を見上げながら考えたら、
そうだ、山中湖のダイヤモンド富士

01201702P1020719.jpg02201702P1020715.jpg
大月で富士急行のトーマスに乗り換えて
13:19に富士山駅に到着

03201702P1340827.jpg04201702P1020730.jpg
そのままバスに乗って山中湖に行けば良かったのに、
忍野八海に寄ってしまいました。

05201702P1340834.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
結局、山中湖の西側に着いたのは14:50

唖然!
日没は16:50だから安心しきっていたが、
富士山があまりにも巨大で、
もうすでに太陽が山頂に差し掛かっていました。
太陽が沈むポイントの長池親水公園まであと4km。
1時間もかかります(バスの本数が少ないので歩き)
やっぱり忍野八海に行くべきじゃなかったと後悔

07201702P1020737.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
必至に歩いて40分
あれ、太陽がどんどん富士山から離れていく!

やっととんでもないミスをしたことに気づく!
歩く方向が逆でした!
もう3km以上歩いたのに・・・

08201702P1020749.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

天気予報の日の入りの時間と方位は
地平線を基準にしている!
なんでこんな簡単なことにも気付かなかっただろう(><)
多少ずれると思っていたが、こんなにずれるとは

実はこの日のダイヤモンドが見られる場所は
さっきいた忍野村か花の都公園
なんだ!そのまま動かなければよかったんじゃないかよ~

06201702P1340849.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
逆回りの終バスはもうないから、
また3km以上歩いて戻らなくてはなりません。
このショックは大きい。

まあ、仕方がない。気を取り直して、
ポイントを探してゆっくり写真を撮ることに。

09201702P1340894.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

10201702P1020781.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

11201702P1340874.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

12201702P1340927.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
僕の真似をするな!

13201702P1020829.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

14201702P1020835.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
いよいよ2016年最後の夕日

15201702P1020856.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
今年もみんなに感謝!
そばにいてくれたYUMIに感謝!


16201702P1020877.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
湖畔の恋人


さあ、帰りのバス停まで3km歩くか・・・

実はこの後、今回の旅どころか、
2016年最後のハイライトが私たちを待っていました。


17201702P1340939.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
500mか1kmを歩いたところで、またきれいなポイントを発見

偶然そこで三脚を立てたおじさんと旅行話や写真のことを話すと、
「ダイヤモンドを撮りに来たけど全然だめでした」
「この時期ここはだめだ」さっぱり(笑)
「でも今日月が出る、5時半、もう4日も待った」
「あ、そうなんですか」
・・・
あれ?ちょっと待った!
カメラをやる方が仰る「月」はただの月じゃないよね!
もしかしたらダイヤモンドよりすごいあれのこと?

個人的にはダイヤモンド富士よりパール富士のほうが難しいと思います。
ダイヤモンドは年中いつでもどこかで「簡単に」撮ることができます。
(と言いながら、撮れなかった人もここにいるけど 苦笑)

しかし月を富士山と一緒に撮ろうとすると・・・
昼は明るくて月が見えない
夜は暗くて富士山が見えない

満月の日の出と、新月の日没の時間帯
(富士山東側にいる場合、西側はその逆)
月に数日しかチャンスがありません。

まさに美女と狼人間の恋
もちろん山頂に雲がかかっていないのが必須条件

18201702YamanakaLake_07.jpg
5時半まであと1時間、
おじさんにしっかりとお礼を言って、待ちます。
まだ昼も夜も食べていない、
朝ビュッフェをガッツリ食べてよかった~

19201702P1020914.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
いよいよ、2016年最後の月が現れました。

20201702P1350021.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
一歩ずつ富士山に近づき・・・

21201702P1350031.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
とうとう三日月パール富士が現れました。
中腹に見える光は明日元旦のご来光を見るために登った登山者のテント?

22201702P1020942.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
一番光っているのは金星
この2日後、金星と月の大接近が起きました。

ダイヤモンドのミスがなければ、パールも見られませんでした。
人間万事 塞翁が馬

それに車だったらおじさんとも出会えなかったし、
パール富士の情報も得られなかったかもしれません。
鈍行・バス・徒歩の旅も悪くないですね。

23201702P1350066.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
白鳥に見送られ、残りの3kmを歩きます(笑)

24201702P1020960.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
山中湖バス停
なんとドラマチックな1日でした


----------------------------------------------------
青春18きっぷ 5日目
松本(8:38発)---甲府(10:45着)(11:11発)---大月(11:59着)(12:20発)---富士山(13:19着)(13:25発)---忍野八海(13:43着)(14:33発)---山中湖 (14:50着)パール富士、富士山駅(20:19発)---大月(21:05着)(21:12発)---高尾(21:47着)(21:50発)---自宅(23:02着)

移動した距離 282km
真面目に切符を買うと(1人)
乗車券4082円
特急券0円

----------------------------------------------------

25201702IMG_7596_m2.jpg
今回は気合が足りなくて、下車印はあまり貯めていません。
5日間移動した距離 1942km
真面目に切符を買うと2人で 8万5348円 がかかったところ、
2万3700円 で済みました。

もちろんその分移動に時間もかかっているので、
単純比較はできません。



----------------------------------------------------

パール富士番外編

99201608P1240894.jpg
スーパームーンの日にパール富士を狙って、
早起きして高台に登ったのに、
ちょっとずれました。

狙って撮ろうとしても案外撮れないのに
意外な場所で偶然撮れたりするのは写真の面白いところですね。


99201703P1350536.jpg
もう一枚
対潜哨戒機P-1 と 富士山 と パールのコラボです。

The End

記事一覧へ