過去の記事はここをクリック:記事一覧

名古屋へ

友人に誘われ名古屋へのフライトに同乗させて頂きました。

行きは飛行高度2000FT(600メートル)の太平洋側を。
下総TWR、東京TCA、横田APP、静浜TWR、静岡RADIO、
浜松TWR、セントレアTCA、名古屋TWR
たくさんの所と交信しながら進みます。

自分は一言もうまく喋れず、
隣で友人の無線を聞くだけで緊張と興奮の連続でした。

01201805P1480099.jpg
大涌谷

02201805P1480102.jpg
東富士演習場

03201805P1480123.jpg
浜松基地の管制圏(5マイル)に入らず、南の海上を回り込んで、弁天島へ
青春18きっぷの旅(4) 三島池と弁天島


名古屋空港の管制業務は航空自衛隊小牧基地が行っています。
南から進入、南からRWY34の着陸でしたが、
私達が到着した時は離着陸が混んでいたため、
一旦北に回ってダウンウインド
(滑走路と並行しながら逆向きに飛行するコース)
に入るようタワーから指示

04201805P1480126.jpg
他の飛行機の離着陸を眺めながらダウンウインドを飛行中

それでも前の着陸機(セスナ172)と間隔が詰まっていたので、
さらにエクステンドダウンウインドの指示
(着陸コースに入らずダウンウインドを継続)

05201805P1480128_2.jpg
滑走路の左側は名古屋空港と三菱の工場
右側は航空自衛隊小牧基地

黄色い◯は私たちの前に着陸したセスナ172
青い◯はそのセスナが着陸した後に離陸したヘリ
滑走路はもう目の前
この距離でやっとCleared to land
着陸許可をもらいました。

07201805P1480134.jpg
着陸した滑走路から
右、C-130輸送機

06201805P1480130.jpg
左、中日本航空?のヘリ

私達は滑走路真ん中あたりのW4出口から滑走路を出て、
平行誘導路に入る手前で一旦待機

08201805P1480140.jpg
FDAホワイト(12号機)の通過待ち

09201805P1480142.jpg
フレンドリーなキャプテン

10201805P1480149.jpg
出雲へ飛び立ちました。
手前はセスナ172

11201805P1480160.jpg
空港の上空を飛行検査機がずっとグルグル回っていました。

12201805P1480163.jpg
MRJ
残念な結果になりましたね。
その奥、見えない所にF35の最終組み立て&検査工場(FACO)があります。


昼ご飯を食べてあいち航空ミュージアムを見学
受付の女性が
「パイロットを体験できる飛行シミュレーターもありますよ、
いかがですか?」

微笑む友人(笑)

13201805P1480187.jpg
三菱 零戦

14201805P1480199.jpg
YS11
182機生産された戦後初の国産旅客機
最終組み立てはここの三菱重工名古屋工場でした。
航空自衛隊は今も使っていて、たまに家の上を飛んでいます。

15201805P1480179.jpg

16201805P1480221.jpg

17201805P1480230_2.jpg

18201805P1480226_2.jpg


帰りの離陸はインターセクションディパーチャーをリクエスト
(滑走路の途中からショートカットして離陸すること)
そしたらグラウンドからW4に行けとの指示

タクシング中に無線がグラウンドからタワーにハンドオフされ、
着陸機のためW4で待機

19201805P1480243.jpg
降りて来たのはなんとさっきのFDAホワイト
私達が昼ご飯をとっている間に出雲から帰って来ました。

20201805P1480246_2.jpg
縁がありますね。

21201805P1480248.jpg
KC-767空中給油機
自衛隊管制官どうもありがとうございました。

23201805P1480263.jpg
11000FT(3400メートル)に一気に上がって
アルプス越え

高度が高いため、
友人が高高度を飛行中の旅客機に混じって東京ACC
(東京コントロール、所沢にある東京航空交通管制部)
にレーダーモニターを依頼

いつも聞いている120.5MHzの航空無線の中に
自分がいるとは夢のようでした。
最後ACCから離脱する時の「good day」(さようなら)だけは
自分が言ったような………(笑)

24201805P1480274.jpg
迫って来る山々は雄大でした。

25201805P1480281.jpg
酸素マスクの設備がないため、
この高度には30分しか滞在できない規定になっているそうです。

26201805P1480288.jpg

素敵なフライトに誘って下さった友人に
感謝、感謝です。


記事一覧へ