過去の記事はここをクリック:記事一覧

雪山

登山超初心者の私たちにとって、雪山は夢のまた夢です。
そこで再び友人がスーパーマンのように空から連れて行ってくれました。

00201801AirLicense002.jpg
実は私もこんな資格を取ってみましたが、
いざ実戦になると緊張します(-_-;)

01201801P1440483.jpg02201801P1440501.jpg
東京TCA、そして横田のレーダーモニターが終了
スコーク(識別番号)を1200 (VFR 有視界飛行方式)にセットして、
これでやっと自由になった♪
そう実感しながら(笑)、西へ進みます。

※東京TCA
東京ターミナルコントロールエリア
「(羽田と成田の)進入管制区内、VFR機に対して、レーダー誘導、進入順位及び待機の助言、レーダー交通情報の提供等の業務が実施される空域」

03201801P1440522.jpg
大月上空
伸びる高速道路の向こうで一所懸命
富士山を探していたのを思い出しました。
富士山を探す

04201801P1440530.jpg
今日は何の苦労もせずに見つかりました。

05201801P1440589.jpg
雪化粧し始めた八ヶ岳
麓の紅葉となんと美しいコントラストを成しています。

06201801P1440614.jpg
一旦松本に降ります。
RWY36
Right base へ進入
イエローのFDA(7号機)がいました。
その時は無線に集中して、全く気付かず・・・

07201801P1440622.jpg
ファイナルアプローチ
いつものように、友人は今日もナイスランディング

08201801P1440641.jpg
パイロットも、整備士の方たちも、私たちも、
みんな大きく手を振って・・・

09201801P1440642.jpg
FDAが新千歳へ飛び立ちました。

駐機スポットから間近で見る旅客機の離陸♪

私はこれだけでも大興奮でしたが、
「せっかくだからお昼を食べてアルプスに行こう」
と友人の予想外の一言

ドーパミン?エンドルフィン?アドレナリン?
よく分かりませんが、とにかく血液中のあらゆる物質がMAXに(笑)

10201801P1440652.jpg
今度はオレンジのFDA(5号機)が福岡に向かって飛び立つところでした。
私たちは滑走路の手前で待機

11201801P1440657.jpg
色鮮やかなFDAは、アルプスととても似合いますね。

この後、FDAが松本RADIO(松本空港の周波数)から離れる際に
そのパイロットさんから
「Thank you for waiting」の無線を頂きました。
ちょっと感動しました♪

ところで、肝心な無線応対ですが、
「VFR to HODAKA via う、う、うつくしがはら」
管制官とFDAのパイロットさんに笑われたかな

12201801P1440666.jpg
アルプスは3000mもあるので、
私たちは離陸した後一旦東へ進み、松本城の上空を通って
ぐんぐん高度を上げていきます。
白鳥の夫婦は今年も来ているかな
青春18きっぷの旅(9) 白鳥

13201801P1440705.jpg
美ヶ原上空で西へ旋回、さらに高度を上げます。
あのごろ私たちが歩いた道がよく見えます。
山本小屋・・・ご飯美味しかった~
青春18きっぷの旅(5) 美ヶ原 その一
青春18きっぷの旅(6) 美ヶ原その二

14201801P1440743.jpg
アルプスの山々が壁のように立ちはだかります。

16201801P1440764.jpg


15201801P1440783.jpg


17201801P1440823.jpg
穂高連峰、真下は上高地
岳沢小屋も見えます。

高い割には槍だけ雪が全然積もっていません。
それだけ険しいですね。

18201801P1440828.jpg
南に目を向けると
乗鞍岳と御嶽山です。

19201801P1440855.jpg
いよいよ本日のハイライト槍ヶ岳です。

20201801P1440865.jpg
槍ヶ岳山荘

22201801P1440871.jpg
来年はその穂先に立ちたいなぁ~

21201801P1440868.jpg


23201801P1110285.jpg
水晶岳、奥に黒部ダムが見えます。
左奥に日本一遠い温泉高天原温泉があるはずです。

24201801P1440891_2.jpg
秘湯湯俣温泉タマネギ
晴嵐荘の露天は最高でした!
秋の湯俣温泉(1) タマネギ
秋の湯俣温泉(2) 晴嵐荘テント泊
秋の湯俣温泉(3) 高瀬渓谷の紅葉と仙人閣

25201801P1110343.jpg
剣岳

26201801P1440940.jpg
テーブルマウンテンのような室堂平

27201801P1110320.jpg
みくりが池と地獄谷

29201801P1440964.jpg
黒部ダムを超えて・・・

30201801P1440985.jpg
稜線に立つ唐松岳頂上山荘と五竜山荘が見えて来ました。
遠くに美しい富士山

31201801P1440987.jpg
白馬岳

32201801P1440994.jpg
日本最大の山小屋、白馬山荘はまるで要塞のようです。

33201801P1110358.jpg
白馬をぐるっと一周して、アルプスの東側に回り込みます。

34201801P1440999.jpg
一番恐竜の背中のように出張っているのは私たちが歩いた八方尾根
傾斜が一番緩やかで、北アルプスの初心者コースです。

35201801P1110363.jpg
白馬大雪渓

36201801P1110364.jpg
唐松の北に延びる不帰キレット

実は一番撮りたかったのは白馬鑓温泉ですが、
場所を誤認してチャンスを逃してしまいました。
のんびり歩く白馬鑓温泉 (1)
のんびり歩く白馬鑓温泉 (2)

37201801P1110367.jpg
八方尾根と唐松岳

38201801P1450026.jpg
私たちが泊まったテン場
冬はこんな景色ですね。
誰もいません。
のんびり歩く唐松岳 (1)
のんびり歩く唐松岳 (2)
のんびり歩く唐松岳 (3)

39201801P1450037.jpg
南に延びる牛首
そこに登って夕日を見ていました。

40201801P1450043.jpg
ここでアルプスに別れを告げます。

41201801P1110386.jpg
終わった~と思ったら
ブロッケンが現れました♪

「せっかくなので・・・」
いつもの友人の有難い口癖・・・

42201801P1110391.jpg
白根にやって来ました。

43201801P1110403.jpg
雪化粧したお釜
もしかしたらあの時自衛隊ヘリからもこのように覗かれたのでは・・・
某野湯

こんな素敵なフライトをプレゼントしてくれた友人に
感謝しますと言いたいですが、
感謝しきれないですね。

記事一覧へ