過去の記事はここをクリック:記事一覧

のんびり歩く唐松岳 (2)

一緒に撮影した方に別れを告げて、
7時ちょっと過ぎ頃に唐松岳に向かって出発

01201711P1080773.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
振り向いたらやはり天空の池は美しすぎます。

八方尾根では地質の関係で珍しい植生の逆転現象が見られます。
八方池山荘から八方池辺りまでは大きな樹木が生えていませんが、
八方池を過ぎると森林限界の八方ケルンまでは再び森林の中を歩きます。
つまり樹林帯と高山植物帯が逆転しています。

02201711P1090017.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
雪の重みに耐えながら力強く生きるダケカンバ

03201711P1080784.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
扇雪渓

04201711P1080793_S.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
丸山ケルン

05201711P1080802.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
丸山ケルンから望む大迫力な不帰キレット

06201711P1410710.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


07201711P1080812_b.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
ここから山頂まであと30分もないはず

08201711P1080816.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
やっぱり来た道を振り返って見てあげないと

09201711P1410713.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


10201711P1080818.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
八方池を出発して2時間半、
10時ちょっと前に唐松岳頂上山荘に到着

10201711P1080822.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
山荘の正面(真西)は剱岳
右側の中腹に見えるのは祖母谷温泉に抜ける道です。

11201711P1080829.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
早起きしたので、取りあえずテントを立てて、うたた寝
一休みしてから、唐松岳頂上へ

12201711P1410763.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
山荘から10分ぐらいの距離
憧れの剱岳をバックに

13201711P1080867.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
北に不帰ノ嶮、不帰キレット、天狗ノ頭、白馬鑓と続きます。

14201711P1080878.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
南に唐松岳頂上山荘、牛首に五竜岳

15201711P1080888.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
唐松岳のテン場
基本的には先着順で上から下へ埋まって行きます。
山荘までかなり高低差があって、
トイレに行くだけで思う以上に体力を消耗します。

料金は1人1000円で、トイレ代300円込
調理用の水は有料、1L150円、要煮沸

16201711P1410731.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ハウスも建てたし、山頂にも行ってきたし、
さあ、どっちから攻める?

17201711P1410738.jpg
ハンバーグIN
説明がないとちょっと生々しいですが

18201711P1410802_4.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
昼過ぎ、台風が近づいてるのを予告しているように雲が厚くなって来ました。
夕焼けが出るかな?


つづく


記事一覧へ