過去の記事はここをクリック:記事一覧

スコットランドの旅(11) ダノター城(2)

歴史に翻弄された難攻不落のDunnottar城

・1297年
映画「ブレイブハート」のモデルとなるスコットランドの英雄
ウィリアム・ウォレスがスターリングブリッジの戦いで
イングランド軍を破った年
彼もここで籠城したことがあります。

・1336年
Dunnottar城はイングランド軍の3回に渡る攻撃を耐え抜きました。

・1562年
あの悲運のスコットランドメアリー女王もここに泊まりました。

・1651-52年
イングランド内戦の時、スコットランド王党派最後の砦となり、
クラウンジュエル(王家の象徴)を8ヶ月間に渡って
イングランド軍の攻撃から守り抜きました。

00201901P1520322.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
さて、この難攻不落のお城を攻めてみましょう

02201901P1520325.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
両側の崖は天然の砦をなしています。

03201901P1520332.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
上がる石の階段、その両側に銃口
攻城兵器が全く役に立たないことが分かります。

00201901P1520333.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
中に入ったら、正面、左右、そして上からも攻撃されます。

00201901P1010191.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
昔なら容赦なく矢が飛んで来るところでしたが、
今は7£(1000円)が容赦なく飛んで行きます。

04201901P1010199.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
衛兵

05201901P1010208.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
YUMI嬢に敬礼

06201901P1010216.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
長い地下路が続きます。
ここでも上から撃たれます。

07201901P1010210.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ここまで来れば城の陥落でしょう。

08201901P1010236.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
広場
海側には16世紀に建てられた宮殿の跡

09201901P1520509.jpg
こんな作りになっています。

10201901P1520431.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
17世紀城の様子

11201901P1010271.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


12201901P1520363.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
陸側(門の上)には
14世紀に建てられた塔

13201901P1520376.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4階建て?

15201901P1520408_Sb.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
ダイニング

16201901P1520414.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
こんな絶景を見ながらのお食事
平和の時代なら最高だけど

17201901P1520398.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
外は断崖絶壁

17201901P1520506.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
井戸

18201901P1010276.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
応接間

00201901P1520449.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


19201901P1520452.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
午後1時
もう日が暮れ始めました。

20201901P1520494.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
王様のベッドルーム
その下に小さな部屋があります。

21201901P1520503_Sb.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
牢獄でした。

22201901P1520502.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
こんな真っ暗の小部屋に一晩でも閉じ込められたら、
もう罪を犯すことはないでしょう。

23201901P1010293.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
1685年、イングランドの王位争いが勃発
イングランドのモンマス公ジェームズスコットが
スコットランド貴族のアーガイル伯爵アーチボルドキャンベルと共に
反乱を起こしたが失敗
167人がDunnottar城のWhigs'Vaultという部屋に収監され、
その多くが命を落としました。

25201901P1520346.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


24201901P1520473.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
そろそろ帰らないと

26201901P1520508.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


27201901P1520365.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


28201901P1520541.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
北海の絶景

29201901P1520558.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
途中戦没者記念碑に寄りました。

30201901P1520553.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
第一次世界大戦中、戦場に行ったイギリス兵士の5分の1、
スコットランド兵士の4分の1(Stonehavenから200人以上)が亡くなり、
彼らを追悼するために1922年にこの記念碑が建設されました。

31201901P1520555.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
北の方向はStonehavenの町

32201901P1010345.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
南はDunnottar城
今日もずいぶん歩きました。

33201901P1520527.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
西は...雨

34201901P1010348.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
Stonehavenの町

35201901P1520559.jpg
中央広場

36201901P1010363.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
またAberdeenを経由してNairnに戻ります。

37201901P1010366.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
Aberdeenは北海石油開発の拠点
無料の海洋博物館では船や海底油田に
関わる機材がたくさん展示されています。

38201901P1010370.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
近代的な都市

39201901P1010378.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
もうすぐクリスマスですね。

40201901IMG_4518.jpg
帰り電車の中で腹ごしらえ

つづく


記事一覧へ