過去の記事はここをクリック:記事一覧

指輪救出作戦

20140338P1080590_m.jpg奥鬼怒温泉の加仁湯に行った時、YUMIがシルバーの指輪をしたままお湯に浸かったら、こんな色になってしまいました。ブログ友達がやり方を教えてくれたので、指輪救出作戦を敢行
※私は化学の知識が全くないので、もし同じ実験をされるのであれば、くれぐれもご自分の責任で


Step1
指輪をアルミの容器に入れます。
20140602IMG_1359.jpg

Step2
塩を入れます。
どれぐらい入れればいいのか分かりませんが、指輪が「高血圧」になる心配もなさそうなので、多めに入れました。
20140602IMG_1362.jpg



Step3
お湯を入れて、 加熱します。
・・・のつもりでしたが、お湯を入れた瞬間こんな状態に。できちゃいました
20140602IMG_1365.jpg 


ご覧の通り、ピカピカです。
20140602IMG_1370.jpg


せっかくだから何が起きたのか、調べてみました。

シルバーの指輪がくすんだのは
銀(Ag)が温泉の中の硫黄(S)と反応して、
硫化銀(Ag2S)ができたからだそうです。
2Ag + S = Ag2S

そして、銀よりアルミ(Al)のほうがイオン化しやすいため
お湯の中では以下の化学反応が起こります。
2Al + 6H2O + 3Ag2S = 2Al(OH)3 + 3H2S + 6Ag
アルミ + 水 + 硫化銀 = 水酸化アルミニウム + 硫化水素 + 銀

塩は電解質、つまり触媒の役割を果たすだけで、化学反応には直接参加しないそうです。


化学反応式から分かるように、 硫化水素が発生します。
実際、微かに(殆どないぐらい)温泉(腐った卵)のにおいがしました。
換気扇をガンガン回して、少し離れて吸い込まないようにしましょう。



記事一覧へ