過去の記事はここをクリック:記事一覧

マイセン

Map_Deutschland_Meissen.jpgベルリンを後にした私たちは
マイセン Meissen に向かいました。
(撮影はすべてデジカメです。)

ここを訪れたのは2009年、
金融危機の真っ只中。
町自体はとても可愛くて、
クリスマスマ一色に彩られていたけど、
はずれに行くと空き家も増え、
どこか寂さが漂っていました。







2015040001P1010514.jpg
町の中心マルクト広場 Marktフラウエン教会 Frauenkirche

2015040002P1010510.jpg
市庁舎。窓の番号に何か意味があるのかな

早朝だったので、クリスマスマーケットはまだ開店前。
帰りにホットワインを一杯飲むことにしました。


2015040003P1010517_3.jpg
これから中世へタイムスリップ

2015040004DSC03144.jpg


2015040005P1010522.jpg
いかにもドイツらしい旧市街の街並み

2015040006DSC03143.jpg
ロフトの窓はみな目の形をしています。
なんか妖精が住んでいるみたい。
このような作りはマイセンでしか見かけませんでした。

2015040007P1010523.jpg
こちらにも


2015040008P1010525_2.jpg
いよいよ町のシンボル
15世紀に建てられた
アルブレヒト城 Albrechtsburg

2015040010P1010539.jpg
お城から眺める旧市街の朝

2015040011P1010547.jpg
大聖堂 Dom
2015040012P1010553_1.jpg2015040013P1010582_1.jpg
真冬のオフシーズンなので、中は修繕工事中でした。

2015040014P1010598.jpg
川の向かい側の新市街から撮ったアルブレヒト城


2015040015P1010616.jpg
マイセンというと、一番有名なのはやはりマイセン陶磁器
ザクセン王国の富の源でした。
町のはずれ(徒歩圏内)に見学できる磁器工場があります。


2015040016P1010502.jpg2015040017P1010501.jpg2015040018P1010485.jpg2015040019P1010491.jpg
2泊お世話になった150年の歴史がある家族経営の小さな宿。
6年前の値段ですが、朝食込で一人3,500円、
森の中の空気が澄んでいて、住み心地も最高。
部屋に置いてあったブラウン管のテレビはNOKIA製でした。


記事一覧へ