過去の記事はここをクリック:記事一覧

2015春の旅(1) 長い道のり

この春、旅に行って来ました。
元々YUMIの希望はオーストリアのザルツブルクでしたが、
今後お話しする私の陰謀により、またドイツになっちゃいました。

知っている方は知っていますが、
二年前から雨女YUMIと私の日頃の不徳により、
(不本意ですが、ある方から言われてる故、自白↑)
出かけると必ず大雨か台風か大雪に見舞われて来ました。(5連敗中)

2015053001weather.jpg今回も直前まで続いた好天が
到着翌日から連日の雨に変わる予報
木曜日はなんと50cmの雪だと!
2015053002terukind.gif


ハイキングしにいくつもりなのに、
これじゃ何もできないじゃん。

そこで心強い助っ人が現れました。
ブロとものsiennaさん
てるてるキントくんを画いてくれました。
拝んで、拝んで、
連れて行くことに・・・

ちなみに、こちらはキントくん1号
バージョンアップした2号はこちら
                       
                     http://chocola.bbsnow.net/freo/index.php/view/687


今回旅のテーマは徹底したコスト削減
まあ、永遠の課題ですけど。

最初の切り札はドイツ鉄道DBの Rail&Fly サービス
これはドイツ国内の空港と全国の鉄道駅を結ぶ割引切符で、
航空券と同時にしか購入できません。
2015053003z_P1080788.jpg
行先に「Frankfurt(M)Flugh.->Railway Germany」と
書いてあるように、ドイツ国内ならどこでも行けます。
ドイツ到着日とその翌日、また出国日とその前日のそれぞれの二日間、
ICEを含む「新幹線」も乗り放題。
ただし、乗り換え以外の途中下車は禁止です。

販売価格は各航空会社によって異なり、
自分たちが使うJALの場合はただです
Lufthansa は29ユーロ。

余談ですが、オーストリアのザルツブルクとスイスのバーゼルも
DBの管轄だから、JALの場合ストップオーバーを払わずに
ただでオーストリアとスイスに出られます。
そこからオーストリア or スイス1国のみの鉄道パスを使えば安上がりです。


二つ目の作戦:
夕方4時にフランクフルトに着くフライトですが、
深夜0時半発、翌日朝5時半ミュンヘン着のICEに乗れば、
初日の宿代も浮くわけです。

我々はまだ若いと信じて・・・(笑)


2015053004P1150412.jpg
深夜11時半、無人のフランクフルト空港
(本当は2,3人はいたけど、ほぼ無人です)

2015053005P1150418.jpg
フランクフルト空港は深夜便は飛んでいないが、
夜閉まることはなく、照明も落とされません。有り難い!

2015053006P1150420.jpg
ターミナルから長距離列車専用駅 Fernbahnhof への連絡通路も一人もいません。

2015053007P1150433.jpg
ここは二人とも感動しました。
長距離列車駅のホールです。
昼間は透明なガラス張りの天井ですが、
夜はこんなに幻想的な空間に大変身とは。
ちなみに、ホール横に夜0時まで営業のスーパーがあります。

2015053008P1150438.jpg
photo by YUMI
地下のホーム
昼間は中央に空いてる吹き抜けから光を取り込む設計

深夜にも関わらず、ケルンから来たICEはほぼ満席
2等車は4両しか連結されていなかったです。
今回は初めて席を予約したけど(一人500円)、正解でした。
2015053009z_P1080794.jpg
フランクフルトからミュンヘン、普段3時間の旅ですが、
ICE619号は6時間もかけて走り抜きます。
車体はICE(Intercity Express)だけど、止まる駅はIC(Intercity)並
でもそれは返って有り難いです。
夜中3時にミュンヘンに置いて行かれても困る、
朝6時の到着はちょうどいいです。


2015053010P1150449.jpg
photo by YUMI
(シャッタースピードの設定は褒めてやりたいが、たまたまでしょう)
定刻通りにICE619号は私たちを Munchen-Pasing 駅に置いて、
最終目的地のミュンヘン中央駅に向かって走り去りました。
中央駅を東京に例えると、ここ Munchen-Pasing は品川。

2015053011P1070498.jpg
薄い雲がかかっていたけど、綺麗な朝焼けでした。

2015053012P1070483.jpg
ヨーロッパらしい複雑な線路と架線

2015053013P1070486.jpg
ここから最終目的地までさらに2時間以上の旅
車内で食べる朝食のサンドイッチとカプチーノを調達して、
鉄道を撮って暇つぶし。

2015053014P1070494.jpg
曇りなのに朝日の日差しがまぶしい

2015053015P1070511.jpg
photo by YUMI

2015053016P1070513.jpg
このスーパーマン、フランクフルトからずっと私たちと
同じ列車に乗ってオーストリアに入りました。
自転車に登山道具・・・鉄人か?


20150530IMG_4796_260.jpgチキンサンドとYUMIお勧めの
バイエルンサンドイッチ
甘くもない、しょっぱくもない、
つまり味がない、
パリパリ系です。







2015053017P1070531.jpg
ミュンヘンからローカル線に乗り換えて揺れ揺れ2時間、
南部の町ガルミッシュ・パルテンキルヒェン Garmisch Partenkirchen に到着

2015053018P1070534.jpg
Garmisch Partenkirchen 駅から望む
ドイツ最高峰のツークシュピッツェ Zugspitze (2964m)


実は私たちの目的地はここから乗り換えてさらに30分かかります。

2015053019P1150459.jpg
途中の Klais 駅を通過
ここはケーブルカーやロープウエイを除く、ドイツで最も標高の高い(933m)駅

2015053020z_P1080842.jpg
朝10時前、やっと目的地 ミッテンヴァルト Mittenwald に到着
ここは最南端の駅、南へ2キロ足らず歩けばもうオーストリアとの国境です。
つまりこれで Rail&Fly を一駅の無駄もなく使い切ったことになります。
別に祝うことでも何でもないですけど・・・

日本の家から出発して36時間、やっと着きました。
直行便だけでも一日9便(もっとあるかも)で結ばれている
世界第3位と第4位の経済大国の旅なのに、
「世界ナゼそこに?日本人」を探しに奥地に行ったような気分でした。

そういえば、地球の歩き方にも載っている町ですが、日本の方と会いませんでした。

Map_Deutschland_Mittenwald.jpg



記事一覧へ