過去の記事はここをクリック:記事一覧

初秋の北海道 凌雲閣

宿の名は凌雲閣

2015113001P1000441.jpg
標高1280mから展望する富良野盆地


2015113002P1000445.jpg



2015113003P1000451.jpg

景色に夢中で、宿の写真を撮り忘れました。


2015113004P1180768.jpg
お部屋
清潔感のある和室です。
2015113005P1180776.jpg

2015113006P1180779.jpg
部屋から十勝岳の紅葉と富良野市街を一望でき、
もう最高です。


宿の自慢は何と言っても露天風呂でしょう。
彩る紅葉の中、仙人にもなった気分で赤茶けた湯に浸かるなんて。
たぶん冬の雪景色も絶景でしょう。
残念ながら写真は撮っていません。
2015113007IMG_1204.jpg
女性内湯
凌雲閣は混浴ではありません。
もちろんこの写真を撮ったのも私ではありません。


2015113008P1180802.jpg

夕食と朝食
特に朝食は旅館では珍しいバイキング。
種類も豊富で美味しかったです。


2015113009P1180833.jpg
写真の右下は見ないでください(笑)




その夜、爆弾低気圧の通過で
風速は平均30m/s、最大45m/sを超えたそうです。
建物ごと飛ばされるかと思いました。
2015113010P1000494.jpg
しかし一夜明けた朝、
今回の旅で一番感動した瞬間に出会いました。
まさに、「凌雲閣」です。

2015113011P1000519.jpg
雲の中に隠れた十勝岳

長くなりましたが、初秋の北海道シリーズはようやく最終回となりました。
次回はまた新しい旅の始まりです。

記事一覧へ