過去の記事はここをクリック:記事一覧

薩摩硫黄島(4) 鬼界カルデラ

翌日、島の散策に出かけました。
宿から車も借りられますが
ゆっくり写真を撮りたいので、歩くことにしました。

20160201P1210711_2.jpg
島の観光案内板から拝借
まず向かったのは島西側の恋人岬
港から3km、上り坂なので徒歩1時間

20160202P1210956.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
ひたすら車道を歩いて坂道を登ります。

20160203P1020553.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
飛行場の近くには牧場が広がっています。

20160205P1020544.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
この風景

20160204P1210962.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
まるで北海道

20160206P1020635.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
寒くもない、暑くもない、
ただただ、気持ちいい

20160207P1020643.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ちょっと女優気分

20160208P1210990.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
恋人岬に通じる岬橋
遠くに見えるのは屋久島と口永良部島

20160209P1210979.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
橋から望む美しい海

20160210P1020591.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160211P1020587.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160212P1210984.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
橋の上から撮った港
奥は硫黄岳、その手前は稲村岳
左に見えるのはカルデラ壁

実は活火山の硫黄岳は海底火山のほんの一部で、
その下には東西25km、南北15kmの巨大な火口を持つ
「鬼界カルデラ」が眠っています。

カルデラとは「釜」という意味。
最初は小規模のマグマの噴火が起きることによって、
地下に空洞ができ、やがて地表が陥没してできた
大きな凹地のことです。

その時地下に溜まったマグマが一気に押し出されるから、
カルデラ噴火(或いは破局噴火)の威力は
普通の火山の10-1000万倍と言われています。

「鬼界カルデラ」が噴火したのは7300年前(6300年前という説も)
日本で起きた最後のカルデラ噴火です。
その時の火山灰は上空3万m(飛行機の高度は1万m)にも達し、
秋田にまで飛びました。

20160213IMG_7019.jpg
硫黄島はその鬼界カルデラの西縁に位置します。
80年代海上保安庁が調査した資料ですが、
海底の凹地とカルデラ壁がはっきりと分かります。

20160214P1020630.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
左はカルデラ壁、右は硫黄岳
私たちはこの後谷に沿って
島の反対側にある穴の浜温泉にも足をのばしました。

20160215P1210949.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
途中撮った写真
港の西に垂直に聳え立つカルデラ壁、
その先端は恋人岬と岬橋

20160216P1020679.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
いつ晴れてくれるかなぁ。

記事一覧へ