過去の記事はここをクリック:記事一覧

湯俣温泉(1)

この間、知り合いのご夫婦と
湯俣温泉の野湯探索に行って来ました。

20160501YuMata_Map2.jpg

今回目指す湯俣温泉は燕岳を挟んで
中房温泉の反対側、高瀬川の上流にあります。

高瀬川には揚水発電方式の新高瀬川発電所があり、
上部調節池に高瀬ダム、下部調節池に七倉ダム
それぞれ建設されています。

(揚水発電:夜間等の余剰電力を利用して
下部調節池から上部調節池へ水を汲み上げておき、
電力需要が大きい時に再び水を下部調節池へ
流すことで発電する方式)

自家用車で行けるのは七倉ダム近くの七倉山荘まで。
そこから高瀬ダムまで6kmの車道を徒歩で上るか、
タクシーを使います。(1台2200円)
高瀬ダムから湯俣温泉まで片道10km、
徒歩で行くしかありません。


前日の深夜、七倉山荘に到着して駐車場で車中泊
駐車場に綺麗なトイレがあります。
20160502P1270820.jpg20160503P1250663.jpg
ここから先は自家用車が入れません。
朝7時に準備完了、タクシーもすでに待機していました。
しかし上流高瀬ダムの砂を運ぶ
36台のダンプカーの通行が優先されるため
30分も待たされました。仕方ないです。

20160504P1270117.jpg
高瀬ダム
高さは176m、黒部ダムに次ぎ国内第二位の高さ
と言っても黒部ダムは186mだから、その差はわずか10m。
黒部ダムはアーチ式コンクリートダムだから、
高瀬ダムはロックフィルダムとしては国内第一位です。

20160505P1270123.jpg
ロックフィルダム:内部は粘土、その両脇に砂、
さらに外側は岩石で覆われる構造を持つダム
まるでお城です。

20160506P1270483.jpg
材料の大部分は湖の底から採取した岩盤を使っています。
この花崗岩の重さは100トンです。

注意:高瀬ダム周辺では携帯が通じません。

20160510P1270148.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
出発してすぐに一個目のトンネル
高瀬トンネル、長さ934m

20160511P1250703.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
行きはいつもハイテンション

20160512P1270158.jpg
二個目のトンネル
ワモリトンネル、長さ313m

20160513P1250675.jpg20160514P1270165.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
コンクリートの水抜き口から温泉が流れ出ていました。
ぬるいですが、温泉です。

20160515P1250712.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160516P1250716.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
湖の対岸、鳥帽子岳の方向

20160517P1250725.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
最初の4kmは東電管轄の林道

20160518P1250726.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160519P1270174.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
東沢付近、水の色は綺麗なエメラルドグリーン

20160520P1270409.jpg20160521P1270415.jpg
三つ目のトンネル、東沢トンネル

20160522P1270176.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

20160523P1270202.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
東沢トンネルと第五発電所を過ぎると
林道も終わり、いよいよ山に入りますが、
平坦でとても歩き安い道です。

20160524P1250802.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
所々木橋が壊れていて、慎重に渡ります。

20160526P1250847.jpg
20160527P1270211.jpg

林道終点から30分ほど歩いたら
名無小屋に到着
中は4畳程の畳部屋、
薪ストーブもあります。




20160528YuMata_Time01.jpg
GPSによる実測
高瀬ダムから名無小屋まで
所要時間1時間40分、距離5.4km

名無小屋を過ぎるとやや深い森に入ります。
途中新鮮ホヤホヤの熊のを二度目撃しました。
20160529P1250858.jpg20160530P1270262.jpg
肉食女子と                  草食男子

ヒヤヒヤしながら熊のを通り過ぎて、
今度出て来たのは・・・・
蛇が苦手な方は閲覧注意
20160531P1250882.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
久しぶりに撮れました。

20160532P1270217.jpg20160533P1250876.jpg
4つ目、最後の無名のトンネル

20160534P1250919.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
森を抜けました。

20160535P1270261.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

20160536P1250941.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20160537P1270233.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
最後の30分は高瀬川に沿って歩きます。

20160538P1250895.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
振り返ると針ノ木岳
近くの工事現場にヘリが頻繁に往復しています。

20160539P1250911.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160540P1270239.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
雪溶け水で水量が多くて流れも速い

20160541P1250914.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160542P1270257.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
そろそろ晴嵐荘のにおいがして来ました(笑)

20160543P1270268.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
着いた、晴嵐荘

20160544YuMata_Time02.jpg
ここまで所要時間2時間40分、距離9.2km

次回はさっそく、
湯俣の野湯探険へGO!

つづく


記事一覧へ