過去の記事はここをクリック:記事一覧

河西回廊(10) 敦煌 月牙泉

いよいよ最後の日の朝
20160501P1230657.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
日が昇る前にもう一度鳴沙山に来ました。

20160502P1050184.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
砂の上に薄らと霜が降りています。
大気中のわずかな水分が寒さで凍りついているのです。

20160503P1050182.jpg
まずは朝の体温測定(笑)
マイナス12.9℃

20160504P1050188.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
実は鳴沙山に有名な場所があります。
月牙泉

20160505P1230704.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
「月牙」は中国語で「三日月」という意味
なるほど~
美しい砂漠のオアシス

2000年前、劉邦の子孫漢武帝が
敦煌より西の玉門関まで河西回廊を治めた時代から
月牙泉はその姿を変えていません。
漢武帝自身も観光に来たとか・・・

20160506P1230734.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ただ近年地下水の過剰利用により
水深が5mから1mに下がったそうです。

20160507P1050255.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
それにしても2000年の間砂嵐が吹いても
砂に埋もれなく湧き続ける泉は奇跡としか言いようはありません。

20160508P1050259.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
YUMI!今日も元気だな!
・・・阿部寛風

20160509P1050284.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
最後の砂遊び

20160510P1230753.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
なんか有名な木らしい

20160511P1050312.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
最後に振り返って、
あんな所まで登ったな~
と自己満足(笑)

次回は最終回です。
記事一覧へ