過去の記事はここをクリック:記事一覧

赤倉温泉 三之丞

02201803P1120583_S.jpg
東鳴子から鳴子温泉、

01201803P1120582.jpg
陸羽東線に乗り継いでさらに西へ

03201803P1120587.jpg
雪がますます降って来ました。

04201803P1120591.jpg
赤倉温泉駅は無人駅
現在の時刻は午後1時半
駅の時計は・・・

今晩泊まる宿は

05201803P1120812.jpg
三之丞です♪

早速お風呂へ

06201803P1120804.jpg07201803P1120805.jpg
おなご~おどご~別別の脱衣所

「取手を上にあげて開けてください」
この張り紙がなかったら入れませんでした(笑)

08201803P1120602.jpg09201803P1120603.jpg
女性脱衣所
扉を開けると目隠しの柵があります。

10201803P1120607_S.jpg
柵は女性側だけ
その隣は洗い場

11201803P1120629_S.jpg
湯船は3つ、入り口に近いのは一番広い「深湯」
思ったよりずいぶん広いです。

この岩風呂は江戸初期創業者の三之丞さんが
天然の巨岩をくり抜いて作ったそうです。
深湯の傍に聳える岩から植物が生えていて、
お風呂の歴史を感じさせます。
12201803P1120677_S.jpg15201803P1120639_S.jpg
深湯の奥にもう一つ小さなお風呂と階段があります。
階段を上がると打たせ湯の「高湯」
当然、恒例の打たせ湯尻~ズに挑戦

16201803P1120761.jpg17201803P1120648.jpg
高湯の隣に不思議な洞窟
源泉を掘った跡でしょうか。

18201803P1120777_S.jpg19201803P1120757_S.jpg
20201803P1120744.jpg
湯の鮮度を守るためにそばを流れる小国川に
源泉のパイプを通して冷やしているそうです。

21201803P1120802.jpg22201803P1120793_S.jpg
深湯の下に湯かき穴があって、その深さは130cm
この一枚でYUMIの身長がばれました(笑)

23201803P1120631.jpg
深湯の奥に小さ目な「中湯」
温度も高めです。


三之丞には混浴岩風呂のほかに
男女交代制の露天風呂と内湯もあります。

25201803P1120827.jpg


26201803P1120818.jpg
露天風呂

27201803P1120831.jpg
ひょうたん風呂
貸切の利用も可能です。

28201803P1120844_S.jpg
翌朝

29201803P1120861.jpg
相変わらず大雪が降っています。

何気なくスマホをチェックしたら・・・
大変なことに・・・

なんと陸羽東線が雪で運転見合わせ
再開の見通しは立っていませんって。

急いで塩原から北上中の「長男長女」にSOS
救出してもらうことに・・・

31201803P1120890.jpg
「長男長女」の到着まで館内をぶらぶら

33201803P1120870.jpg
充実した設備のおかげで退屈しませんでした。

34201803P1120868.jpg

32201803P1120880.jpg

35201803IMG_2005.jpg
昔の三之丞
岩風呂にこんな立派な大木が生えていましたね。

36201803P1120892.jpg
女将さんが作ってくださったおにぎり。
どうもありがとうございました。

37201803P1120893.jpg
本当に、いろいろお世話になりました。

結局電車が動いたのは午後5時過ぎでした。
「長男長女」のおかげで
私たちは苦労もせずに次の目的地に到着。
いつものことながら、わがファミリーに感謝です!

つづく


記事一覧へ