過去の記事はここをクリック:記事一覧

明石海峡大橋(2)

3日間のんびり舞子に泊まって
明石大橋の景色を楽しみました。

04201901IMG_4765.jpg
強度不足で崩落したTay橋

28201901P1010464.jpg
その教訓を受けて建てられた
丈夫だけど無駄にゴツいForth橋

スコットランドの旅(12) フォースブリッジ

25202001P1600778.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
それらに比べて、
100年後の明石海峡大橋は海を渡るリボンのように美しい。

01202001P1020653.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


02202001P1020673.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
世界一の長さ3911mを誇る明石大橋を支えているのは
2本のメインケーブル
太さ5mmの鋼線を3万6830本束ねたもので直径1.1m
メインケーブルの総重量は約5万トンで、
1本に働く最大張力は6万トンに達します。

04202001P1600568.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
M7.2の阪神淡路大震災の震源地は、
橋から1kmしか離れていなく、
地震の影響で主塔の位置がずれて、
橋の長さは1.1mも伸びたとか……
そのためメインケーブルの高さが上昇し、
張力も若干増大しましたが、許容範囲内でした。

05202001P1020677.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


03202001P1020683.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


06202001P1600581.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


07202001P1020696.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
30段のブロックを積み上げて建てられた主塔
高さ300mの主塔の先端の傾きはわずか28mm!
ブロックの接合面で許される隙間の誤差は0.04mm!
すごい研磨技術が要求されました。

母の仕事は製鉄関係で、
子供の頃いつも仕事の話を聞かされましたので、
その大変さはよく分かります。

08202001P1600691.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
台湾の国父孫文と神戸の関わりを紹介する
孫文記念館移情閣は、橋のすぐ隣にあります。

09202001P1600650.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

10202001P1600641.jpg11202001P1600642.jpg12202001P1600643.jpg13202001P1600644.jpg



14202001P1600672_1.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


15202001P1600765.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


16202001P1020766.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
風の渦による共振を無くすために、
トラス構造が採用されました。

17202001P1020776.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


18202001P1600677.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


19202001P1600704.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20202001P1600698.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


21202001P1600707.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


21202001P1600720.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


22202001P1600713.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


23202001P1020787.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


24202001P1020777.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

22202001P1600745.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ファイナルアプローチに入るスカイマーク178便(新千歳から)

つづく


記事一覧へ