過去の記事はここをクリック:記事一覧

YUMIのカメラ講座

基本的な設定はそんなに複雑ではないです。

まず一番大事なことは、ズバリ
02201512P1190240_S.jpg
露出

露出(写真の明るさ)はカメラに入る光の量で決まります。
それを調節する設定は3つありまして、

一つ目、観察する時間の長さ
03201703P1350358_SS.jpg
シャッタースピード
時間が長ければ長いほど濡れやすいです。

二つ目、光を取り込む穴の開き具合
04202104P1000437_S.jpg
絞り

05201604P1060109_S2.jpg
でも絞りはボケ具合にも影響しますし、
忘れると前の撮影の設定が残ったりしますので、

06202104P1000462_S.jpg
ほったらかし注意、絞り過ぎ注意、

三つ目、刺激に対する反応
07201406P1030488_S.jpg
感度
敏感過ぎるとノイズが増えて、逆に質が下がります。
自分の機材の一番感度が良いところを知ることもとても大事です。

ほかに大事なポイントは:
一番見せたい所に
08201901P1540501_S.jpg
フォーカスロック

それに、色合の
09201607P1280232_S.jpg
バランス
これはいくらでも後から修正可能です。

以上、
YUMIのカメラ講座でした。


記事一覧へ