過去の記事はここをクリック:記事一覧

ベルリン(5) 散策その2

20140720P1010393_m.jpg東ベルリンのアレクサンダープラザに立つテレビ塔は共産党の力を見せつけるために1969年に完成しました。その前に立つのはマリエン教会
20140720P1010396_m.jpg
マルクスとエンゲルスの彫像
台座にこんな皮肉な落書きをされたそうです
正面---「私たちは罪がない」
右側---「どこが間違っていたのだろう」
背後---「次はうまくやりますからさ」
左側---「とにかく職業安定所で会おう」
                   触ると大きくなるかな ↓ でも最近、小さくなってるぞ
20140720DSC00417.jpg20140720DSC00413_m.jpg
ベルリン大聖堂(地図2の⑧)。中にはドイツ最大級のパイプオルガンがあり、地下はホーエンツォレルン王家の墓、100名の王族たちが眠っています。

ベルリンで食事するならなんと言ってもアイスバイン(Eisbein)でしょう。ドイツ代表的な豚料理です。テレビ塔の近くに Zur Letzten Instanz ツア・レッツテン・インスタンツ(地図1の⑨)というベルリン最古のレストランがあって、そこのアイスバインは絶品です。
20140720P1010411_m.jpg20140720P1010408_m.jpg
レストランの近くにある13世紀のベルリンの城壁
20140720P1010401_m.jpg20140720P1010399_m.jpg
決して広くない店内。入口の席はナポレオンも座っていたそうです。
20140720P1010403_m.jpg20140720P1010402_m.jpg
20140720P1010405_m.jpgこの店は2回目なので、小さく切ったアイスバインをサラダ風にしたものにしました。皆さんが行く時はぜひ肉の塊という本物のアシスバインを頼んでください、黒ビールとの相性が抜群。それに朝食・昼食抜きで行かないと、食べきれないかも(笑)。
ところで、 Zur Letzten Instanz というのは「最終審」という意味、元々隣に裁判所があったからこの名前になったそうです。


20140720P1010334_m.jpg20140720P1010333_m.jpg
ベルリンの街並み、いかにもヨーロッパっていう感じ
20140720P1010390.jpg20140720P1010336.jpg
ベルリンの歩行者信号アンぺルマン。元々東ベルリンで使われたものですが、西ベルリン市民にも親しまれ、今市内全域で増えています。

20140720P1010423_m.jpg20140720P1010249_m.jpg20140720P1010215_m.jpg20140720P1010329_m.jpg20140720P1010330_m.jpg
「ベルリン」の語源は「熊」から由来しているそうで、町の中ではあちこちでいろんな「熊」が見かけられます。
↓商業銀行の前にも熊、なんと不吉なこと!(熊は下げ相場)
20140720P1010331_m.jpg20140720DSC03128.jpg
                     後1ヶ月でクリスマスだから、自転車も可愛い ↑

20140720P1010284_m.jpg20140720P1010179_m.jpg
Ivberge Hotel (地図1の①)
オフシーズン+新装オープンのキャンペンに当たって、朝食ビュッフェ付きで1人1泊2500円!もう二度とない値段でしょう。
3泊したが宿泊客は私たちと出張に来たドイツ人のおじさんだけ。朝食は毎朝6時から、焼き立てのクロワッサンは絶品。日本でいうミニサイズなので、あっという間に篭に入っている分は私たち二人に片付けられました。6時45分ぴったりに来るおじさんは毎日首をかしげながら「何が入ってたんだろう」と篭を眺めていたが、結局一度もクロワッサンを目にすることはありませんでした。

↓ 海外に行くと必ずスーバーに寄ります。
外食に行かない日は夕飯&デザートにお酒、スーパーなら品揃えがよくてとても便利。
20140720P1010180_m.jpg20140720P1010181_m.jpg20140720P1010343_m.jpg20140720P1010287_m.jpg20140720P1010288_m.jpg20140720P1010412_m.jpg
↑ ドイツ・フランケン地方の白ワイン、丸い瓶が特徴。フルーティーでとても飲みやすい。
  ビールはミネラルウォーターより安い!なんと幸せな国だ!


名前は知りませんが、散歩でホテルの裏に静かな公園を発見。
20140720P1010341_m.jpg20140720P1010339_m.jpg20140720P1010387.jpg
        アパートのベランダは綺麗なお花が飾られています。↑

20140720P1010413_m.jpg20140720P1010418_m.jpg20140720P1010415_m.jpg20140720P1010416_m.jpg
住宅地の一角にあるプラモデル屋さん。ジオラマの作りは日本ほど繊細ではないが、スケールがデカい!空港丸ごと。Dragon ものは少なめでした。 

↓ 地下鉄 自転車そのまま乗れるなんてなんと羨ましい
20140720P1010363_m.jpg20140720P1010425_m.jpg20140720P1010419_m.jpg20140720P1010428_m.jpg
綺麗で明るいベルリン中央駅

さようなら、ベルリン
次の目的地はマイセンです。

       End

Map_Berlin-2.jpg
地図1 ベルリン
Map_Berlin-3.jpg
地図2 ブランデンブルク門周辺



記事一覧へ
コメント

素敵で静かな「ベルリン」

御礼が遅くなりました、京都から戻りました、本当に「素敵なベルリン」、事前の情報収拾が凄いですね、本当に素敵な御二人の御姿が目に浮びます、有難う御座いました。

行った気分でーす!

テレビの紀行番組より実のあるご紹介、ワクワクします。
彫像の落書き、いいとこついているユーモアですね。
ドイツ人の思わぬ一面、発見。
ドイツの白ワインと言えばマドンナしか知らない私ですが、飲みたい。
ビールも♪ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキーのCMでおなじみのドイツビール、飲みたい。
ベルリンの語源の由来、熊ですか。初めて知りました。
YUーMIんの像のおっぱいタッチ見て、象かと思った。
でも、サ○○の森裸身を見て、クマった。
おあとがよろしいようで。

No title

ボクは大学生のとき、ドイツレストランでバイトしたことあるんで、ドイツ料理に詳しいんだよ。
アイスヴァインは美味しいけど高いからなあ(^_^;)
でも、日本以外の食べ物ならドイツがいいな。
ミュンヘンに3週間くらいいただけなんだけど、パンやケーキの美味しさにははまった。
切り売りのハムやあっさりしたバター、レバーペーストもうまい。
あれ?
ヴォリュームいい感じだけど(笑)

Re: 素敵で静かな「ベルリン」

Tonyさんへ
いつもコメントありがとうございます。
京都に行かれたんですか、大雨は大丈夫だったでしょうか?

私たちは海外旅行の行先を決めると、いつも
行く前に図書館からその国に関するあらゆる本を借りてきます。
建築、絵画、歴史、文学・・・広く浅くですが、
少しでも予備知識があれば旅が一層楽しくなりますね。

Re: 行った気分でーす!

ばんぶうさんへ
>テレビの紀行番組より実のあるご紹介
いえいえ、そう言って頂くと本当にお恥ずかしいです。

私達はとてもドイツが好きで、その理由は、
やはりビールとワインとソーセージでしょう。
一日どこにも観光に行かず、
町でぶらぶらしながらお酒と肉料理を満喫すればもう十分です。

あっ、丸い瓶のフランケンワイン、
日本の酒屋さんでも売っていますよ。
軽く飲みたい時は、ぜひ。

それに、最後の数行、
いつもばんぶうさんの強烈に面白いコメントで、
返す言葉はありません(笑)

Re: No title

シエナさんへ

アイスヴァインは高いですよね。
美味しいけど~~お財布が痛い(^_^;)

なるほど。
料理上手なシエナさんのルーツはこれでわかりました。
パンと言えば、YUMIはプレッツェルにビールという組み合わせが好きで、
なんだかチョコ入りのパンばっかり食べている私より大人ですね。

ミュンヘンに3週間もいたんですか?
なんと羨ましいです。
ミュンヘンと西の黒い森辺りは
まだゆっくり回っていないので、次狙っています。

ヴォリュームいい感じですか?
私はぎりぎり完食できましたが、
YUMIには一人前はいつもきついようです。
一度ミュンヘンの店で注文した時、
YUMIは店員さんに小皿料理はないかと聞いたことがあります。
そしたら、にこにこ店員に子供メニューを勧められました(笑)

No title

あ,そのヴォリュームではありません(笑)
ここのところ毎夜,凝視させていただいている
胸のふたつのふくらみのヴォリュームです.

Re: No title

siennaさんへ
あ、そうでしたね。
私は逆にここのところ毎晩、
ヴォリューム満点のアイスヴァインの夢を見ていました。

No title

世界を巡る
素晴らしい人生ですね
これからもいろいろなところを紹介して頂けるでしょう
楽しみにしています

私たち夫婦は 1皿を二人で食べても余ります

Re: No title

wakaさんへ
ヨーロッパのレストランでは量が多いですね。
ハンガリーでお腹が減っていないが、
とても食べてみたい肉料理があって、それだけ頼んだら、
お腹が大きく出ている店員さんに
「Two people,two dishes」って言われちゃいましたよ。

その点、やはり日本の店は融通が利きますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する