過去の記事はここをクリック:記事一覧

奥飛騨温泉 槍見館 貸切風呂編

暫く脱線しましたが・・・
露天風呂
の次は貸切風呂です。

綺麗な庭園の中に四つの貸切風呂が点在しています。
予約も、別料金も要らず、
空いていれば自由に使える有り難いシステムです。

まずは森の湯
2015012001P1060256.jpg


2015012002P1130727.jpg
四つの中で一番面白い作りで、
なんと中にはブランコと滑り台があります。

2015012003P1060182.jpg
裸でブランコ
爽快!

裸で滑り台 + 開脚の着水
撮れたら大迫力・・・
と思ったが、カメラ保護の観点から未撮影
2015012004P1130972_m2.jpg
お詫びにこの一枚をどうぞ


つぎは播隆の湯
2015012004P1130785.jpg


2015012005P1130787.jpg
蒲田川沿いに造られていて、風通しも良いから、
気持ちいいです。

2015012007P1130789_m1.jpg
いよいよ姫の入浴


2015012008P1130997.jpg朝雨が降っているなか、
驚いた光景が・・・

外人さんご一家が全裸のまま
庭の中を走り回っているのではないか。
小さなタオルを下半身に当てて、
左手が前、右手が後ろ・・・
(当然前も後ろも、
ご立派なものは半分しか隠せません)
空いている所を探し回り、
なかなか面白い光景でした。

宿の方と雑談する時に話したら、
「浴衣のまま露天に入った方もいたよ」
湯浴み着と勘違したのでしょう。

私たちも海外でバカなことを
散々やってきたから、
お互い様ですね。

photo by YUMI



記事一覧へ
コメント

ブランコ

こんばんは^_^
ブランコに滑り台って
何故か楽しくなりますよね^_^
裸でブランコ^_^
想像してしまいます
写真の奥様がシースルー^_^、
残念、残念です
でも、お風呂に入る前の
奥様の脚がセクシーで最高です^_^
外人さんの光景、見てみたいものです
楽しい記事、ありがとうございました
次回も楽しみにしてます

No title

んー♪スローシャッターのブランコ、いいですねえ。はしゃぐ姫さまの声が聞こえてきそう。それにしても何てまあ、素敵な造りの宿なんだろう。外国のお客さんもよく見つけたねえ。

♪おひさしぶ~りぃ~ね

仕事、落ち着かれましたか?
待ってました!!

ゴーストぶらんこYU-MIんは残念。
でもいい宿ですね。
雰囲気が伝わってきますよ。
おみ足だけでなく・・・次回期待しています。

旅から帰ってまた来年への意欲増幅中。
なにかと応援ありがとうございました。
今回もアジア系外国人パワーにやられました。
そのうちご披露しましょう。

No title

おぉ~♪
風情ある貸切風呂ですね♪
障子越しの灯りに浮かぶシルエットが美しいです♪
( ̄¬ ̄*)ジュルル

異邦人の方は日本を楽しまれてますね(笑)
よし!KAZUさんもチャレンジだ(笑)

Re: ブランコ

アイランドブルーさんへ
裸ブランコは大はしゃぎでしたが、
滑り台はうまく滑れず・・
でも思ったのはウォータースライダーも
裸でやったら面白そうですね。

Re: ♪おひさしぶ~りぃ~ね

ばんぶうさんへ
期待していただいてありがとうございます。
でもカットしたり、ゴースト(←ゴースト本人が大受け)にしたりして
ご満足いただけず申し訳ございませんでした(笑)

>そのうちご披露しましょう。
まだ続編がありますか?
これは予想外です。
ぜひ見せてください^_^

Re: No title

siennaさんへ
裸ブランコは楽しかったですよ。
いろいろ新鮮な角度から撮れました。
いつかサティもぜひどうぞ(^_^)

Re: No title

昆布ちゃんへ
>よし!KAZUさんもチャレンジだ
近いうちに地球のどこかで挑戦して来ます(笑)

ぶんかの違いとは言え・・・

今回の道南旅行でのアジア系外国人のお話
エピソードⅠ
札幌から洞爺湖へのバス中、3歳ぐらいの女の子連れのご夫婦。
ご主人が私の臨席で足を広げ、始終接触もおかまいなし。
女の子が泣く、わめく、閉口しました。
中山峠の休憩で運転手が出発時間日本語のみでアナウンス。
英語で時間を教えてあげました。しかし出発時間に遅れ、最後に乗車。

エピソードⅡ
洞爺湖から洞爺駅への路線バス。
5、6人の若者が通路にスーツケースを独占、おしゃべり中。
エクスキューズミーと通ろうとしましたが、無視。
かきわけ通りましたところ、にらまれました。

エピソードⅢ
北広島のホテルで部屋の外で騒々しい声が。
子供連れのご主人とおばあさんが部屋のドアをたたいて叫んでいます。
カードキーをお持ちでない様子。
廊下の内線でフロントへ電話する旨を伝え、連絡してあげました。
サンキュウーとお礼の言葉をいただきました。
が、後で今度は奥さんとおばあさんがドアをたたいて叫んでいました。

エピソード外伝
札幌のホテルのバイキング朝食。
4、5名の日本人女子大生グループ。
自分たちの話に盛り上がり、ワイワイキャーキャー。
ジャパニーズルール ノー!と言ってやりたかったのですが、
フェミニストの私としては沈黙は金なりでした。なでしこはいずこ?
(ちなみにジャパニーズルール ノー!は洞爺駅で知り合った高齢のご夫婦が泊まられた宿でアジア系外国人の振る舞いに年配の宿の方が言われた言葉。
なんとも、言いえて妙と感心したお話でした。)

永々失礼しました。旅するといろんなことがありますね。
それもまた、楽し!!

Re: ぶんかの違いとは言え・・・

ばんぶうさんへ
>旅するといろんなことがありますね。
>それもまた、楽し!!
同感です。

つくづく思ったのは、相手に対する思いやりがあれば
たとえ文化の違いがあっても、ルールを知らなくても、
怒られることはまずありません。
自己中心で思いやりがないから
いろいろ問題が起こるんですね。

私たちもそんなに世界を回っていないですが、
日本は本当に一番思いやりのある国です。
某世界番付じゃないですけど。

と言ってもエピソード外伝に似たような話で、
最近のなでしこのパワーはすごいですね。
先日自分たちも奥鬼怒の山小屋で撃沈されました。
その話はまた後日・・・

それにエピソードⅢの米国バージョンで、
数年前、横須賀のホテルに泊まった時のことです。
上品なladyが隣のドアを叩きながら、
大声で「Sweet heartv-238! Sweet heartv-238! ・・・」
YUMIと思わず笑ってしまいました。
ああいう風に言うんだ~~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する