過去の記事はここをクリック:記事一覧

2015春の旅(3) Hafelekarspitze山頂

インスブルック観光の定番 Hafelekarspitze

201505300IMG_4719.jpg
頂上へ行くには
ケーブルカー Hungerburgbahnに乗って、さらに
ロープウェイ Seegrubenbahn と ロープウェイ Hafelekarbahn
を2回乗り継いで登ります。
料金はセットで30.5ユーロ
お得なインスブルックカードもありますが、
他にどこも観光しなかったので、ロープウェイだけのチケットにしました。

2015053001z_P1080797.jpg2015053002z_P1080802.jpg
一番下の Hungerburgbahn は観光地のケーブルカーというより
Hungerburg という町とインスブルックを結ぶ市民の足。
2015053003z_P1080807.jpg2015053004P1070760.jpg
2015053006P1070728.jpg2015053005P1070621.jpg 
↑ photo by YUMI
おもちゃみたいなケーブルカーの運転席
さすがYUMI、目のつけ所が違います。

← 3段目のロープウェイ Hafelekarbahn


2015053007P1070625.jpg2015053008P1070628.jpg2015053009P1070627.jpg2015053010P1070624.jpg
↑一番過酷なスポーツはこの人でしょう。ど~しても自転車に乗りたいみたいです。

2015053011P1070635.jpg
一番上の Hafelekar 駅は標高2256m、
そこから標高2334mの山頂 Hafelekarspitze まで徒歩で登ります。
高低さは80m、20階ビルぐらいでしょうか。
道もよく整備されているので、夏は登りやすいですが、
この季節はまだ雪に覆われているところが多いので滑りやすかったです。


2015053012P1150606.jpg
帰って来てレタッチする時に初めて気づきました。
日暈が出ていましたね。太陽も撮ればよかったのに。

2015053013P1150600.jpg
山頂は町より1800m高いから気温は10℃低いです。
しっかり防寒対策を。

2015053015P1070714.jpg
インスブルックの町

2015053017P1070712.jpg
ここまで登った甲斐がありました。
というかロープウェイに運ばれて来ただけですが、
前日は宿無しだったことに免じてお許しください。

2015053018P1150650.jpg
標高1906mのSeegrubenにレストランがあります。
毎週金曜日ロープウェイのSeegrubenbahnは夜11時半まで営業しているから、
夜景を見ながらのデートはいかがですか?寒そうですが・・・

ご参考に、ロープウェイのHPと営業時間です。
http://www.nordkette.com/en/cable-railways.html
http://www.nordkette.com/en/cable-railways/opening-hours-information.html


記事一覧へ
コメント

No title

うーむ,
これらの情報を見て,なるほど参考にしようと思う人はかなり少ないと思われる(;^_^A
ほぼ,ピンポイント,ボクのため,もしくはボクを挑発する目的でしょう.
でも,この感じだと,夏は超人気スポットになりそうだおから,
ボクも春に行けそうなときにしよっと.
ふむふむ,このヘン,標高はたいしたことないんだ.
さららの阿弥陀でさえ,2805mだもんね.
スイスの方に行くとぐーんと高いんだろうけど….
YUMIちゃんの写真もいいけど,カースケの広角がいいねえ.
とても雰囲気が伝わる.

本格的ですね。

感心しちゃいます行動力。
生で見る山々は感動ものですね。

ロープウエイやケーブルカーと言えば、日本では立山ですかね。
その昔マイカーで巡りました。
先ず、大町側から黒部ダムまで。
今度はぐるっと回って、立山側から黒部ダムまで行きました。
感動しましたが、人が多いのには閉口しました。
でも紅葉と雪のコラボ景色はきれいでしたね。
なんとなくインスブルック紀行を見て、思い出した次第です。

Re: No title

siennaさんへ
挑発?
いやいやいや、本当の挑発はこれからですよ(笑)
でもやっぱり先攻はどう考えても損する気がします。

インスブルックは夏に行かないほうがいいですよ。
ネットで調べたらロープウェイは結構並ぶらしいです。

コーワの8.5mmはますます気に入りました。
ただ風景撮りはいいんですが、
YUMI写真を撮る時のコツはイマイチ掴んでいないです。
今度ぜひ教えてくださいm(^_^)m

Re: 本格的ですね。

ばんぶうさんへ
山はやはり生で見たほうが感動しますよね。
本当は一番美しくてダイナミックなのは朝と日没の時間帯、
今回も山小屋に一泊できたらいいなと思ったが、
連日の雨の予報を見たら予約する勇気がなくなりました。
チャレンジ精神がないですね(^_^;)

ダムは今はマイカーで入れなくなりますね。
まだ行ったことないですが、雪トンネルの時期に訪れたいです。

No title

おぉ~♪
YUMIさんの後姿、かっこいい♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

ケーブルカーは地下を通っているんですね~
景観と安全対策でしょうか?
日本も“ガードレール”や“電柱”を、
もっと景観に配慮した作りにしてもらいたいですよね。

Re: No title

昆布ちゃんへ
返事が遅くなりましたm(^_^)m
言われてみればミッテンヴァルトでも電柱は見かけませんでしたね。
全部埋め込み?
ガードレールも厚さ15cmの木材でした。
さすが森の国。

やっぱり

こんにちは^_^
やっぱり景色が違いますね
最高〜ですね^_^
自転車担いで何処までいくのかな?
なんか凄いですね
登って下りは自転車?
私には考えられません^_^、
やっぱり不思議な光景です自転車は

Re: やっぱり

アイランドブルーさんへ
周りの人はみんなびっくりしましたよ。
確かにマウンテンバイクのコースがありますが、
スキーはリフトで上がれるけど、
自転車は背負って登るしかありません。
過酷ですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する