過去の記事はここをクリック:記事一覧

2015春の旅(21) ビュッフェ車

午後1時半シュトゥットガルトからICE(ドイツの新幹線)に
乗り込んでフランクフルトへ出発、ホームは大混雑、
席を探すのが大変だろうと思って、食堂車へ直行。
正解!ここはまだすいていました。

ドイツ鉄道のほとんどの長距離列車には食堂車が連結されています。
食堂車の半分は本格的なテーブル席でゆっくりとランチかディナーを楽しめます。
残りの半分は軽食を提供するビュッフェ車です。
2015053001P1170827.jpg
列車は満員状態、自由席から溢れ出た人たちは続々とここに集まってきました。

2015053002P1170830.jpg
ビュッフェ車のメニュー(クリックすると大きい画像が開きます)
値段は街中と比べると若干高いですが、
それでもビールは日本より安い!

2015053003P1170826.jpg500mlの特大ビールを
YUMIの所まで運んで、
自分の分を取りに行っている間、
車内にいた男性全員が
YUMIに親指を立て、
「Prost!」
みんなすでに酔ってるね。

席の少ないビュッフェ車は相席が基本。
この日、私たちの隣は10年前に
アフリカから移民して来た女性。
彼女は務めているベルリンの
大学に戻る途中でした。
ドイツと日本の生活を語り合い、
働く女性の大変さにもYUMIと意気投合
旅は「一期一会」

2015053004P1170842.jpg
向かいに座ったのは可愛い男の子
お父さんが一所懸命おもちゃを組み立ててあげているのに、
彼はアジア人の私たちに気を取られ、おもちゃにまったく興味がない。
はたして誰が遊んでいるのか・・・(笑)

この日のビュッフェ車はなぜか全員ハイテンション!
お蔭で2時間列車の旅はあっという間でした。

2015053005P1170861.jpg
午後3時過ぎ、フランクフルト中央駅に到着。
ICE612号はミュンヘンからフランクフルトを経由して
ベルリンに向かう列車なので、フランクフルト空港駅を通りません。
逆にケルン方面に行く列車なら空港駅を通るけど、中央駅に止まらない。

2015053006P1090470.jpg
せっかくなので、最後の鉄道撮影です。

2015053007P1090498.jpg
雨の駅も悪くない

2015053008P1090476.jpg
ICE・快速・ローカル線・Sバーン・・・
同じ線路を走るから、複雑です。

2015053009P1090480.jpg
子供のごろからポイントを眺めるのが好きでした。

ところで、中央駅と空港駅の間を移動するには、
長距離列車とSバーン(近郊列車)の2種類の方法があります
Rail&Fly はSバーンに使えないから、
ICE、ICなどの長距離列車しか乗れません。
Rail&Fly のチケットでSバーンに乗ったら不正乗車になるからご注意ください。
空港に行く列車は時刻表に飛行機マークが付いているからすぐ分かります。

2015053010P1170864.jpg2015053011P1170866.jpg
テンションのクールダウンに失敗しまして
空港で飛行機を待っている間にまた飲んじゃいました。
ドイツビール、最後の一杯です。

ここでまた余談ですが、
日本の空港では保安検査の後に出国審査があって、
搭乗口周辺に免税店やカフェ、バーがありますが、
フランクフルト空港はまず出国審査があって、
そのすぐに免税店やカフェ、
保安検査を通過したら何もありませんので、
ショッピングや、一杯やりたい方は保安検査に行く前に済ませてください(笑)


気づいたらドイツ編は3ヶ月も書いてしまいました。
(実はまだ終わっていませんが(笑))
ここまで我慢して読んでくださった皆さんに本当に感謝しています。
また、陰からサポートしてくれたてるてるキントくん
Ra_shinのseinnaさんにも心から感謝します。
キントくん2号↓
http://chocola.bbsnow.net/freo/index.php/view/687


記事一覧へ
コメント

こんにちは♪

ドイツ鉄道の車両も拝見し更に懐かしくなってしまいました♪

偶然ですが四年ごとに訪独していた事も有った当方なので
ドイツが五輪開催地だったら訪問し易いのにと思ったことも。

ビールグラスに目盛り表示(下線)はドイツ人らしい? 発想で必ず増えて、
おまけが有りますが、日本人なら量ピッタリの職人技になったりして(苦笑)

カンパーイ!!

いいですね、ビュッフエ。
旅のエアーポケットで癒されてますね。
YU-MIん、今度はノーブラノーパンで熱視線をあびて感じて下さい。

食堂車もいいですね。
その昔、帯広から洞爺まで特急おおぞらの食堂車を利用しました。
石勝線がまだないころなので滝川経由でした。
のんびり車窓を眺めての食堂車、エかったなあ。
それから新幹線の食堂車。
小倉から出張の帰りに使いました。
100系だったか、高い位置からの眺めとビール。
こりゃまた、ケッコウ。

ドイツの旅も終わりですか。
入れ替えに師匠ご夫婦、キントくんと楽しんでいるでしょうか。
どんな奇行画を公開していただけるか。
旅のご安全を!!

No title

おぉ~♪
臨場感あるリアル“世界の車窓から”♪
個人的に、旅行記を見聞きするのは大好きです♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

No title

kiyo♂さんへ
kiyo♂さん鋭いですね。
ドイツで頼んだビールは確かにいつもいっぱいいっぱいでした。
結局あの線はなんなんだと妻と議論した結果、
お客さんへのもてなし、という結論に達しました(笑)。
ちなみに、サイゼリヤのワインのデカンタにも線がありますが、
超えることは決してないです(><)
PS
kiyo♂さんのブログもいつも拝見していますよ。^_^

No title

ばんぶうさんへ
新幹線に飛行機、移動はどんどん速くなったけど、
食堂車もみんな消えました。
昔のゆっくり車窓を眺めながらの
のんびりした旅もいいですね。
冬、久しぶりの青春18切符の旅を計画中。
2000円で東京から下関まで行っちゃうぞ〜

師匠たち、めっちゃ順調らしいですよ(⌒▽⌒)
ドイツに行く前に結構挑発を受けたけど(笑)、
先発のこっちが負けるのに決まっています。

No title

昆布ちゃんへ
「世界の車窓から」より、
昆布ちゃんの「ラブホの窓から」のほうが圧倒的に好きです(⌒▽⌒)
次のシリーズは温泉、
その後はネタ切れです。

No title

ご無沙汰しております・・・
素敵なドイツ旅ですね!
電車のポイントわかります
なぜか見てしまいますよね

Re: No title

gupipapa7さんへ
電車のポイント、
子供の頃その仕組みが分かった時大興奮した記憶があります。
私たちは飛行機ファンで、鉄道ファンではないですが、
滅多にない機会なので今回いっぱい撮りました。
鉄道も結構楽しいですね(⌒▽⌒)

いやーん(^_^;)先に教えてよ。
旅先で読む余裕なかったよ。
あーあ、チケットは合ってたと思うけど、たぶん、一駅分の往復が無賃乗車になっちゃったと思うな。詳しくはそのうち(笑)

No title

シエナさんへ
シエナさんの旅に合わせて出す予定でしたが、
どこかで限定記事を出したせいか、
ずれてしまいました。
でもご無事でよかった(笑)。
是非聞かせてください^_^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する