過去の記事はここをクリック:記事一覧

薩摩硫黄島(5) 島散策

私たちは温泉を求めてここに来たのですが、
歴史好きな方にとっても見所がある島です。

20160201P1210711_3.jpg
島の観光案内板から拝借
港のすぐ近くに熊野神社という看板がありました。
熊野神社?
早速YUMIは調べ始めました。
なるほど、平安末期に硫黄島にも熊野三山がありました。

1177年の鹿谷陰謀事件(平家打倒の失敗)で、
この島に配流された熊野信仰の平康頼は
和歌山の熊野に似た地形を探して、
一緒に流刑を受けた藤原成経とともに
熊野三山詣でをしたそのご利益により、
約1年後に都に帰ることができたと
『平家物語』に書かれています。

もう一人の流刑者俊寛は謀議の張本人という理由から
赦されず島に一人とり残され、
絶望が故に食を断ち自害したというもう一つの物語もあります。

詳細は村の公式ホームページに書いてあります。
http://ioujima-kumanosanzan.com/main.html
詳しくて、大変面白いです。

1185年、平家滅亡。
その時入水したはずの安徳天皇が硫黄島に逃れ、
1243年島で生涯を閉じました。

20160202P1020512.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
熊野神社の近く、ちょっと森に入った所に、

20160203P1210916.jpg
20160204P1020514.jpg
安徳天皇墓所が建てられています。

20160205P1210919.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
さらに森の奥に、

20160206P1210926.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
「ふるさとの木」があります。
樹齢180年のクロマツ
まるで「アバター」のホームツリー、
下にいるだけでパワーを感じました。

20160207P1210901.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
「ふるさとの木」ほどではないですが、
島の木はどれも立派です。

20160208P1220024.jpg20160209P1220028.jpg
俊寛が最後に暮らしたのはこの俊寛堂
硫黄島の熊野三山の本堂とも言われている場所です。

20160210P1020697.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
苔がうまい具合で生えていて、

20160211P1220021.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
竹が自然のトンネルを作ってくれたこの場所、
YUMIはとても気に入りました。

20160212P1020694.jpg
島のあちこちに分かりやすい標識があるから、
迷うことはありません。

20160213P1020525.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
島には40ヘクタールもの椿林があり、
椿油は大事な産業の一つです。
「何でも硫黄にやられるから、竹と椿だけ育つのよ。
本当はね、椿油は化粧品だけじゃなくて、
天ぷらにもおいしいんだけど
1kgの種から100~200ccしか
取れないから勿体ないよね」と
宿のお母さんが教えてくれました。

20160214P1020527.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
俊寛堂から出たごろには晴れて来ました。

20160215P1020691.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ここから穴の浜温泉まで、
残り2~3kmの旅です。


記事一覧へ
コメント

No title

竹のトンネル、素敵ですね〜
島をゆっくり時間をかけて味わうと
硫黄島の更にディープな場面に出会えるんですね

穴の浜、行けませんでした
次回もたのしみ!

No title

トトロが居る場所に続く道って感じで
いい雰囲気ですね。

No title

おお♪菊池寛でしか読んでないけど,鬼界ヶ島はここだったのかー!!
しかし安徳天皇の墓まではちとやりすぎではないだろうか(;^_^A

歴史を尋ねて・・・

この南国の果てにそのような歴史が。
確かに孤島には流刑地のイメージがありますね。

そうですか硫黄山熊野三山ですか。
本家の熊野三山、本宮大社のみ行っていません。
それでご利益がないのでしょうかね。

次はYUMIの山温泉ですか、楽しみダナ。

No title

おぉ~♪
歴史の裏舞台を垣間見たようなストーリーですね♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

相変わらずYumi師匠のスナップ写真も素晴らしいです♪
いつの日か手取り足取り、手ほどきを受けたいです♪
( ̄¬ ̄*)ジュルル

Re: No title

みうくまさんへ
次回はがっかりさせるかもしれません(笑)。
みうくまさんたちこそいつもディープな湯めぐりをしていますよ。
ステンレス風呂の記事1つで参りました(笑)。

Re: No title

rippleさんへ
島の東はジュラシックパーク、
西は北海道の牧場、
真ん中はトトロの森、
本当に豊かな自然に恵まれています。

Re: No title

シエナさんへ
確かに、言われてみればその気がします。
歴史と伝説が混同されるケースが多いですね。
その見極めが観光客には難しいです。

Re: 歴史を尋ねて・・・

ばんぶうさんへ
私は本宮大社にも行っていません(汗)。
硫黄島でも熊野神社(新宮)の前をす通り。
それで罰が当たったのか、
次回はその話です。

Re: No title

昆布ちゃんへ
手ほどきを受ける前に、
先生の服の紐をほどいちゃいけませんよ(笑)

ハブ大丈夫~?

南の島だとハブいそうだけど、いませんでしたか?
木の上なんかにいると聞いたことがあったので・・・

No title

バレた?!
(((゜д゜;)))


(笑)

Re: ハブ大丈夫~?

きょうたさんへ
めっちゃいそうな感じだったけど、
見かけませんでした。
本当に出て来たら怖いですね。

Re: No title

昆布ちゃんへ
バレバレですよ(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する