過去の記事はここをクリック:記事一覧

八ヶ岳 本沢温泉(3) 硫黄岳

翌朝、4人は深い森に入って、いよいよ硫黄岳へ出発
20160102IMG_1968.jpg
photo by YUMI iPhone
本沢から片道2時間、標高差600mだから、
相当余裕があります。

20160103P1200174_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
途中夏沢峠までの1時間は朝の森の中を進みます。

20160104P1200145_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
姉妹仲良くつっ走る。

20160106P1200179.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
森林浴が気持ちいい♪

20160105P1200143.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20160107P1200208_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
途中から若干急になるが、大したことはありません。

20160108P1200243_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20160109P1200246_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
出発して1時間、夏沢峠、山彦荘に到着

20160110P1200265.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
夏沢峠分岐点、後ろに見えるのはゴールの硫黄岳

20160111IMG_1985.jpg
photo by YUMI iPhone
土砂崩れの跡

20160112P1200285.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
夏沢峠を超えると、景色が一変します。

20160114P1200279.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
美しい雲海

20160115IMG_2018.jpg
photo by YUMI iPhone
後ろを振り返ると天狗岳と山彦荘

20160113P1200278.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
この日は強い南西の風、
夏沢峠まではちっとも感じてなかったけど、
夏沢峠を超えた途端、猛烈な風が吹いていました。

強風に煽られながら登る・・・
20160116IMG_2014.jpg
photo by YUMI iPhone
爺さん
20160117P1200317_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
婆さん

20160118P1200306_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ここは一番スリルがあって、飛ばされそうな場所でした。

20160120IMG_2009.jpg
photo by YUMI iPhone
山頂まではガレ場が続きます。

20160119P1200350.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
それほどきつい道ではないですが、風が強い
気温5℃ - 風速15m/s = 体感温度マイナス10℃

20160121IMG_2053_3.jpg
photo by YUMI iPhone
火口壁西側の斜面を登ります。

20160122P1200382_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
YUMIは火口を撮る、僕はYUMIを撮る

20160123IMG_2067.jpg
photo by YUMI iPhone
YUMIが命がけで撮った硫黄岳の爆裂火口、壮観!

20160124P1200389.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
大自然のパレット

20160125P1200448.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
月へようこそ!

20160126IMG_2072.jpg20160127IMG_2072_2.jpg
2760m

20160128P1200461_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
天候が怪しくなって来た、急いで下山

20160129P1200469.jpg
photo by YUMI iPhone
天狗岳の方向からも急に雲が迫って来ました。

20160130P1200505.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
急げ、急げ!

20160131P1200538.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
間一髪夏沢峠に下ったら硫黄岳は雲に包まれました。

20160132P1200685_2.jpg20160133IMG_2105_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
山登りの後の温泉とビールは何とも言えない贅沢
20160134P1200566.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
そして、談話室で餅焼き大会
20160135P1200588.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
いい運動でした。

記事一覧へ
コメント

No title

おかしいなぁ.餅がやたらでっかく拡大されるぞ.
どうせならゆみっぺが大きくなればいいのに.

むふふふ.硫黄岳…二度登頂したぞよ.
遠い昔の若き日ですが(笑)

これは本格的!!

重装備の登山。
自分ではしませんが、憧れですね。
というのも日本百名山の本を読んでから。
深田久弥の山の文化館にも行きました。
そこでいただいた乳いちょうの木の苗。
今や細いですが2メートルほどです。
見るたび思い出します。

そこでYU-MIんの乳を拝んで、きょうはおしまい。
左手じゃまやなあ!!

(くまモンお大事に。)

No title

登山はほとんどやらないんですが・・・景色の素晴らしさは十分知っていて一度はやってみたいと思いますが・・・いまいち踏み出せないでいます。
登山した後の温泉とビールは格別ですよね、わかる気がします。

いいですね〜

山風景は、頑張った人だけのご褒美ですもんね〜^o^
いいなぁ〜^o^
雲海綺麗ですね〜!
自分はアキレス腱切ってから臆病になっちゃって…
山諦めていたけど…行きたくなっちゃいました!
中岳温泉なら行けるかな?なんて妄想です!
綺麗な風景を見せてくれてありがとうございます♪

Re: No title

シエナさんへ
ゆみっぺはもう十分もちもちですから
これ以上膨らませないように、
もちより小さくしました(^_^)

Re: これは本格的!!

ばんぶうさんへ
くまモン頑張れ!
早く元気になってほしい。
5強しか経験したことがないですが、
ニュースを見るたびに記憶が蘇ってきます。
余震のペースも尋常じゃいです。
ちょっと九州と縁が深いので、
早く元通りになってほしいですね。

Re: No title

中年ライダーbobyさんへ
ビールがうまい、という意味では
登山とツーリングとの共通点ですね。
私はドライブに行くと、
いつもビール飲みた〜いと思いながら走ります(笑)。

地震は大丈夫でしたか?
くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

Re: いいですね〜

Tsuyoshiさんへ
こちらこそ、いつも美しい北海道を
見せて下さってありがとうございます。
綺麗な景色をシェアできる友達ができて嬉しいし、
あまり距離を感じないですね。
中岳温泉に行きたいなぁ
次の目標です。

うちのリビングにもTsuyoshiさんの写真を飾りたいです*\(^o^)/*

No title

コメント遅れました〜〜

登山の素晴らしさ、メチャ伝わり
とても参考になります!
...が、まだまだここまでの本気登山部は無理や〜〜´д` ;
体力つけないと
お二人に遅れをとらないように、先ずは運動!

Re: No title

みうくまさんへ
私たちは温泉も山もまだまだ初心者で、
こちらこそ登山部の仲間入りをさせていただいて感謝です。
登る時は歩幅を小さくすれば意外とそんなに疲れませんよ。
自分にとっては逆に下山のほうが疲れます。
運動神経がないから(笑)。
自然の威力は時々怖いものですね。
無理をせず安全第一で自然を謳歌しましょう。

No title

雲海と山のパレットがすごい存在感ですね。
山登りってこんなに激しいものなのですね(・・;

道というかほとんど斜面・・・。

Re: No title

ゆかさんへ
車とロープウェイで登れる山も結構あって、
気軽に普段と違う風景を楽しめます。
機会があればぜひぜひ(^_^)

No title

きれいな画像に、臨場感が増します。自然の美しさをきれいに表現されており、いつもながら感心しています。山と温泉は、セットで楽しみたいですね。

Re: No title

クロちゃんへ
山岳写真は難しいですね。
カメラ得意分野の「ボケ」が使えないから、
山の高さとか雲の動きとか、
伝えたいことを伝えるには構図で勝負するしかないです。
たくさん撮って選んだから、
悔しいショットもたくさんありました。

今本格的にテントを物色し始めました。
宿代の節約にもなるし、
夕日とか星空とか、
山の一番美しい瞬間を撮りたいです。

芸術家だなぁ~!

一緒に行った登山でも、ブログを書く人によって、こんなに違いが出るのねぇ~( ̄0 ̄;)
大自然の躍動感や美しさがとても芸術的に伝わってきます。
それに比べて、俺らのは絵日記ならぬ写真日記だもの。

さすがだなぁ~と思いながら読まさせていただきました。

Re: 芸術家だなぁ~!

Qちゃんへ
褒めすぎ(^_^;)
Qちゃんのファインダー越しに見た相方さんは
いつも芸術そのものです^_^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する