過去の記事はここをクリック:記事一覧

河西回廊(3) 張掖 ケサル大王と千仏洞

馬蹄寺の続きです。

20160501P1220719.jpg

GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
チベット族の村

20160502IMG_3219.jpg20160503P1030584.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
チベット仏教の白塔とマニ車
マニ車の経文が入った筒を時計回りに1回転させると、
お経を1回読んだ功徳を得ることができますが、
逆方向に回したら、悪い業が生じるとされています。

20160504P1030552.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
風にはためくタルチョ
色は青・白・赤・緑・黄の順に決まっていて、
それぞれが天・風・火・水・地を表しています。

20160505P1220724.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
タルチョには人々の願いがいっぱい込められています。

20160506P1220734.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
皆が幸せでいられますように、
大きな病気や災害がありませんように、
そして「ブッダの教え」が、遠くまで届きますように・・・

20160507P1030629.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
タルチョには真ん中に馬(ルンタ)が描かれたものがあります。
風が通る度に、願いは馬の背に乗って、遠い空に飛び立ちます。

またお経だけが書かれたタルチョは、
風にはためくとそのお経を読んだと同じ功徳があるとされています。

20160508P1030619.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
人々の願い事を満載した5色のタルチョ、
チベット文化のロマンを感じますね。

20160509P1220735.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
爽快!孤独のライダー!
祁連山脈の向こうは標高4000mのチベット高原


20160510P1220738.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
正午。太陽が近い!

20160513P1220740.jpg
20160511IMG_3233.jpg20160512IMG_3246.jpg
ケサル王の功績を称える宮殿
両脇には大王と33人の将軍たちの木像が並んでいます。

20160514P1220747.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
馬蹄寺はチベット仏教の寺院ですが、
3km離れた所に千仏洞という
大乗仏教の寺院があります。

20160515P1220749.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
絶壁に500あまりの石窟が彫られていますが、
中の仏像はもうほとんど残っていません。

20160516P1220751.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
千仏洞も1600年の歴史があり、
当初はチベット仏教の寺院でしたが、
500年前から大乗仏教の寺院に変わりました。

20160517P1030651.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20160518IMG_3272.jpg
iPhone


20160519P1030635.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20160520P1220762.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


20160521P1030660.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20160522P1030652.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20160523P1030653.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20160524P1030648.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
下りてきたところにお経を唱える声が聞こえてきました。
なるほど、車の厄払いですね。


20160525IMG_3274.jpg20160526IMG_3276.jpg20160527IMG_3275.jpg20160528IMG_3278.jpg
昼ごろ張掖市内に戻ってランチ
肉ラーメン。
八角がやや効きすぎた感がありますが、
お肉が柔らかくて、美味しかったです。

つづく
記事一覧へ
コメント

澄んだ空気が写っているようです。

色とりどりの布はお祭りの万国旗みたいな物か?と思っていたので、深い意味が有ると初めて知りました。
マニ車の逆回転はダメも知らなかったですし、四万六千日に一度行って「一生大丈夫」と考える不信心者には勉強になりました。
孤独のライダーはどこでガソリンを補給しているのでしょうか?
そう言えば中国の田舎でペットボトルでガソリンを売っていたのを見たので、「油瓶」使用かな?

幸せのなんたらハンカチ?

テレビでよく見るチベットの光景ですね。
ナマで見ると迫力ありそうです。
マニ車もよく見ますが、ご利益ありましたか。
壁面の寺院すごいですね。
どうやって建てたのか不思議です。
毛猿大王、顔もマッカカですね。
見るもの全てびっくりポンです。(古いか?)

世界史…

おはようございます^o^
世界史の勉強をしているかのように、読ませて頂いてます。
チベット…知り合いが、宿舎にいるだけで、高山病の症状に苦しんだ!と聞いたことがあります。
大丈夫でしたか?
写真を見ていると、素朴な感じと歴史と文化と近代化が入り混じったように感じます。
手つかずの自然美もあるんだろうなぁ〜♪
色々な妄想が膨らんでいます(笑)

No title

あいむほーむ♪
群青の空をうまく使ったゆみっぺのタルチョ、グッドです。

No title

いつもながら、圧倒的な写真の数に驚くばかりです(・・;
しかもどれもすばらしすぎるー!!

マニ教・・・古き時代には、男女の性の交わりで悟りが開けるという秘密多きもの(現代のそれはわからないのですが。。。)
唐の時代にも寺院があったらしく、相当に古いものみたいですね。

タルチョのお写真、これはもう、ただごとじゃないくらいに素敵です^^;

No title

日本と同じ仏教でも、仏様や僧侶の雰囲気が違って新鮮です。
車の厄払いって海外でもあるんだね!

Re: 澄んだ空気が写っているようです。

遥さんへ
台湾ではココナッツジュースを
直接ビニール袋に入れてストローで飲むのが日常のようですが、
ペットボトルも違う使い方がありますか。
なかなか豪快ですね。
間違って飲んじゃいそう(^_^;)。

最初に知った時は、マニ車を回す=お経を読む?
なんか違うじゃないかと思っていましたが、
よくよく考えると、遊牧民がほとんどだった昔、
こうした取っつきやすい信仰でないと、
普及しなかったかもしれませんね。

Re: 幸せのなんたらハンカチ?

ばんぶうさんへ
まさに大王の幸福の黄色いハンカチ
いつも面白いコメントありがとうございます。
お礼にe-113v-531part4を用意しました。
とりあえずタイトルに1枚を追加、
確率は1/50だからなかなか出て来ないかも・・・(^_^;)

Re: 世界史…

Tsuyoshiさんへ
チベット高原は気をつけないと本当に危険です。
数年前大学の同級生が行ったのですが、
一人は顔がパンパンに腫れ上がって、もう一人は肺水腫で入院

ここはチベット高原ほど標高が高くないけど、
富士登山でも全然問題がなかった私たちですが、
興奮で無意味に走ったり(笑)して完全に油断しちゃいました。

午後自然に頭痛が治り、あれは軽い高山病?
ネットで調べたら、えー、
富士山頂の高さじゃん!(◎_◎;)と初めて気付きました。

>素朴な感じと歴史と文化と近代化が入り混じったように感じます。
山の上のチベット仏教の寺院は素朴な感じでしたが、
下の(漢民族)の大乗仏教のお寺ではお坊さんがiPhoneを使いこなしていました。
まさにそんな感じです。

>手つかずの自然美もあるんだろうなぁ~♪
第二部では150平方キロメートルの「グランドキャニオン」を
2人で貸切*\(^o^)/*
その前に一回温泉を挟みます。

桜も咲き、クマちゃんもお目覚めですね。
大雪山で会いたくないけど。
私にはエゾ鹿で十分(笑)。

Re: No title

シエナさんへ
Welcome back!
久しぶりに師匠に写真を褒めていただき、うれひぃです!
旅の道中あちこちにはためくタルチョを見て、キャンプの時に小型のタルチョを作ると面白いですねと話したら、
いやいや、タルチョはお坊さんが指定した場所に指定した大きさのものしか作れないですよとガイドさんに「怒られる」無信仰の2人でした^_^;

Re: No title

ゆかさんへ
西洋東洋問わずいろんな古き信仰には、
常識をひっくり返すような修行法が存在しますね。
どんな悟りに到達できるか、人には検証できませんが。。。

お褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。
今回は見るもの全てが新鮮で、
2人ともシャッターが止まらなく
膨大な数になってしまいました^_^;

Re: No title

Qちゃんへ
私も宗教に全然詳しくないですが、
確かに雰囲気が違いますね。
聞いた話では、中国の僧侶もスマホや車を持っている人が多くて、
やはり時代が変わりましたね。

期待しちゃう!!

心配り感謝します。
伊勢志摩G7サミットならぬ、エロチカ7サミットでも開催しましょうか。
なんて・・・

どのような双子花にからんだ蛇縄が見られるのカナ?
サービスタイトル画って、ソーセイジ縄でしょうか。
なかなか悩ましいなあと思っていました。

Re: 期待しちゃう!!

ばんぶうさんへ
それです。
まさかご覧になったとは・・・
大変恐縮です(⌒▽⌒)

No title

こんにちは!
コメント遅れました〜
GWの旅から戻ってまいりました!

チベットの文化や風景
僕はまだまだ勉強不足ですが
神秘的な魅惑の世界がありますね
シルクロードの旅をコンプリートするには
相当時間がかかるのでしょうね
でも一度は行ってみたい旅になりました☆
素晴らしい写真の数々、ありがとうございます!

YUMIさん
構図や撮影技術、素晴らしい!!!
間違ってもiPhone6が凄いとは
みうくま神に誓って申しておりませんので

みうくまを誤解なさらずに!!!

Re: No title

みうくまさんへ
河西回廊はシルクロードの入り口のような所で、
そこから西のヨーロッパまでの長い道程をこれからも自分たちの足で少しづつ歩いてみたいです。
いつか沿線上のどこかでみうくまさんとみうたんさんにばったり会えたら面白いですね。

みうくま神に免じて、みうくまさんの誠意を信じます((*^_^*))
最近私たち2人ともカメラを斜めにして撮るショットが増えました。
あれ?みうくまさんの影響でしょうか(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する