過去の記事はここをクリック:記事一覧

河西回廊(5) 張掖 平山湖大峡谷

3日目、この日は西に300km離れた嘉峪関へ大移動

20160501P1030966.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
その前に午前中は平山湖大峡谷へ探険に出かけました。

20160502P1220986.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
切り刻んだ道を走って河西回廊北側の山を越えます。

20160503P1030971.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
昼間でも-5℃、川は凍っていました。

20160504P1030972.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
高原の星空を撮ろうと計画していましたが、
行ってみたら-15℃の世界に飛び込むのは
自虐としか思いません。
三脚は完全に荷物になってしまいました。

20160505P1220992.jpg
河西回廊の南側にはチベット族が住んでいますが、
北側には草原のモンゴル族が住んでいます。
山を越えたところで使われていない映画スタジオで休憩。
(ガイドさんのたばこタイム)

20160506P1030979.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
峡谷は張掖から北に60km離れています。

20160507P1030980.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
1時間、ずっとこの風景

20160508P1230004.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
早くもガイドさん2度目のたばこタイム

20160509P1230002.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
絶景ポイントに止めてくれました。
上手く伝えられませんが、
この風景を見慣れたガイドさんまでスマホを取り出して、
懸命にSNSにつぶやきを投稿するほどの絶景でした。

20160510P1030995.jpg20160511P1030998.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ロバーとラクダ
誰かが飼っているものと思いますが、
周囲数十キロ人も見かけなかったし、集落もありませんでした。


揺れ揺れ1時間半、やっと大峡谷の入り口に到着
チケットを買って、マイクロバスに乗せられました。
観光客は私たち二人だけ!

「正門」からさらに15km離れた山の上に降ろされました。
帰りは?
運転手のおじさんはニヤニヤ駐車場の監視カメラを指さして、
手を振れば迎えに来ると言わんばかりに・・・
そのまま行っちゃいました。
本当か?頼むよ。

20160512P1230011.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
展望台からの眺め

20160513P1040001.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160514P1040003.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
まるでグランドキャニオン

20160515P1040021.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
面積150平行キロメートルの大峡谷
なんと2人で貸切!

20160516P1230036.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
この日は風もなく、信じられないほど静かな世界でした。
ただただボーとして遠くを眺める2人

20160517P1230026.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
夫婦岩

20160518P1230029.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
案内によればここの標高は2500mぐらいです。


進むと峡谷の底に降りる道もありました。

20160519P1230046.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
こんなに降りたのに

20160520P1230045.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
まだこんなに残っています。

20160521P1040065.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
やっと一番下に着いた

20160523P1230061.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
と思ったらまだまだあります。

20160524P1040082.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
帰りに同じ高さを登らなければならないことを考えると
憂鬱(笑)

20160525P1230056.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
人間の心理って面白いものです。
人だらけの観光地はイライラするけど、
だ~れもいないと、逆に怖い

20160526P1230069.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
峡谷の下を歩いて40分、
開けた場所もあったけど、
またすぐに狭くなり・・・

20160527IMG_3465_S.jpg
iPhone
所々這い這いしないと通れない

20160528P1090049.jpg
iPhone
そのあとちょっと「ロッククライム」して
暗い洞窟を通り抜けて、
辿り着いたのはこの梯子

20160529P1090052.jpg
iPhone
後でパンフレットを読んだらびっくり
このはしごの傾斜は85度(ほぼ垂直)
高さは33.5m(11階建てマンションの高さ)


20160530IMG_3478.jpg
iPhone
しかも登ったらもう一段

20160531IMG_3475.jpg
iPhone
1段目と比べたらこっちは楽勝

20160532P1230077_2.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
展望台でうろうろ1時間
峡谷の下を歩いて1時間
2時間の冒険が終わりました。
展望台の駐車場に戻ったらおじさんがすでに待っていました。
涙が出て来そう(笑)

20160533P1040135.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
砂漠のど真ん中なのになんで
「平山湖」と湖の名前になったのか
やっと分かったような気がします。

20160534P1040136.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
湖というより、海みたいですね。

20160535P1040143.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
長老

20160536P1040145.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
一匹狼


お昼は張掖市内に戻ってまたもラーメン
20160537IMG_3488.jpg20160538IMG_3489.jpg20160539IMG_3491.jpg
キャニオンでよっぽと腹が減ったのか、二人で3人前を完食
この季節、やはりスープラーメンは体があったまるのですね。


シルクロードの第二部はこれで終わり、
第三部の前に
次回は野湯探険を挟みます。

記事一覧へ
コメント

スケールがちゃうちゃう!!

なんともハァー、スゴイのひとこと。
これはガイドさん抜きでは考えられない工程ですね。
見るのも見るもの、唖然とした風景の連続でした。
こりゃあ普段からの足腰の鍛錬が必要ですね。
腰は、♪もえてますかーで心配してませんが、
足技はどうなんでしょうか。

大自然、いいもの見せていただけました。

(野天湯へGO!の再放送で昨日、硫黄島やっていました。
坂本温泉と穴の浜温泉でした。
野生の孔雀や港の茶色の海風景。
見られた通りの光景でした。
これまたKAZUさんのおかげで実感しました。)

No title

ひょえー!
人生観が変わりそうなほどの絶景、感服です。
しかも写真がまた冴え渡ってる。
ここまで極寒だと、サティ(ゆみ)るのは完全に不可能だから、かえって風景撮りにコンセントレーション(笑)

梯子の安全性は?(笑)

この地形も川が削ったんでしょうね、?年前は大河が流れていたんですね。
木々が生い茂り、動物も居たのでしょうか?
チョット掘れば、とんでもない発見が出来そうな地層です。
それにしても梯子は、近くの鉄工所でチョッチョッと溶接して作った感じですね、体重の思い私は少し怖いかな。(笑)

景色も

おはようございます^_^
景色凄いですね
お二人のブログ見てて本当に色々出かけて
その内に世界各国廻ってしまうのでしょうね
写真を拝見してて楽しくなってます^_^
それにしてもハシゴ^_^、
私には無理無理
考えだだけで鳥肌が立ってしまいました^_^、

Re: スケールがちゃうちゃう!!

ばんぶうさんへ
確かにスケールある風景で、
峡谷の中にいる時はもちろんのことですが、
行く途中でもすでに圧倒されました。
ガイドさんはすごく親切な方で、
5日間、600キロの旅は少しの無駄もなく回れました。

はい、足のほうは分かりませんが、
腰には自信あり!(笑)

友達からも最近よく硫黄島が放送されている話を聞きます。
全部見損なって、一回も見ていませんが(笑)。

Re: No title

シエナさんへ
確かに人生観が変わるほどの絶景でした。
そこにいただけで人間ってなんと小さい生き物かはよく分かりました。

最近サティ(ゆみ)るなんて出来ないと分かった途端ホッとします(笑)。
やっぱり、サティ写真を撮るには相当精神を集中させなければならないですね。
あ、サティはゆみの間違いでした(笑)。

Re: 梯子の安全性は?(笑)

遥さんへ
いつも応援コメントありがとうございます。
あのヒマラヤ山脈も海の底だったから、
ここも掘ればいっぱい出て来そうですね。
マンモスの骨とか。
よし、次回は一攫千金を狙う旅に出るぞ〜、
無理です。

あのハシゴはヒヤヒヤしましたね。
溶接の跡が生々しく残っていて・・・(笑)
笑い事じゃないです(笑)。

Re: 景色も

アイランドブルーさんへ
いえいえ、そう言って頂けると本当に嬉しいです。
自己満足のブログです(汗)。

本当にこの道でいいのか・・・
1時間以上も無人の峡谷を彷徨ったあと、
あのハシゴを見た時は緊張のマックスでしたね(-_-;)
途中僕のリュックがハシゴに絡んで
動けなくなるハプニングもあったけど、
幸い無事に登り切りました。

最高です

こんにちは!

いや〜凄いの一言!
本当にグランドキャニオンとアンテロープキャニオンが両方見れる感じ
しかもあの広い広い場所に(しかも観光地でありながら)
ふたりで独占!
いつも僕らも混浴は貸切り(笑)が多いですが
スケールが全く違う〜

素晴らしい写真の数々、ありがとうございます!

Re: 最高です

みうくまさんへ
「ふたりで独占」にするか?
それとも
「ふたりで貸切」にするか?

悩みましたが、
我が業界ではやっぱり「貸切」でしょう(笑)

No title

この梯子は怖すぎるぅー(><)

それにしてもほんとに凄まじい風景です。
とても中国とは思えないというか、
アジアにも思えないほどの圧倒さ。

イメージ的にはアイスランドとグランドキャニオンを足しちゃったような凄みを感じます。

KAZUさんもゆみさんも、これはもう冒険家ですね^^;

Re: No title

ゆかさんへ
ガイドさんに「大峡谷」を薦められた時、
所詮川に削られた崖でしょうと思って行ったら、
圧倒されて強制的に冒険させられました(笑)

アイスランドに行かれたことがあります?
機会があったら絶対行ってみたい国で、
地球の割れ目を自分の目で見てみたいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する