過去の記事はここをクリック:記事一覧

河西回廊(8) 嘉峪関 長城第一墩

嘉峪関から北8kmの懸壁長城を見物してから、
今度は南へ8km、長城第一墩に向かいました。
「墩」は物見台のことです。
20160504KaYoKuKan.jpg


20160501P1040668.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
砂漠の真ん中に忽然と現れる雄大かつ堅固な嘉峪関
何百年も前から遊牧民の騎馬兵が見ていた風景

20160502P1040698.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
チケット売り場から長城第一墩までは片道2km、
有料のシャトルバスもありますが、
なんだかボッタクリのような気がして、
山ガールだから、ここは歩きましょう。

20160503P1040676.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
500年前から変わらない長城と祁連山の風景

20160504P1040726.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
河西回廊の北、モンゴル草原の南に
広さ世界で4番目、面積130万平方キロメートルの
ゴビ砂漠が広がっています。

実は今回初めて知りました。
「ゴビ」はモンゴル語で
「乾燥した土地に礫が広がる草原」という意味。
つまり「ゴビ砂漠」は地名ではなく、
このような地形のことを指しています。

20160505P1040700.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160506P1230385.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
30分歩いて、物見台に到着
嘉峪関は長城に設けられたもっとも西に位置する関所で、
そこから東に数えて一つ目の物見台だから、
長城第一墩と呼ばれています。
20160507P1230381.jpg

20160508P1040756.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
祁連山の麓を流れる北大河(討瀬川)
確かにこの断崖絶壁に沿って長城を築けば
遊牧民族は簡単に越えられないでしょう。

20160509P1040776.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
帰りも2kmを歩いて、敦煌へ出発

20160510P1040783.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
砂漠の中を走る高速道路

20160511P1040806.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
何百機もありそうな風力発電所

20160512P1040830.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
だんだん標高が高くなるにつれて・・・
外の気温は氷点下10度に。

20160513P1040825.jpg
峠越え
北京で買ったチョコパイ、「爆発」しそうだ。

20160514P1040838.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
敦煌まであと100km
張掖から500kmも走りましたが、
南に祁連山脈がずっと続いています。

20160515P1230406.jpg
サービスエリア
品揃いが少ないわりには値段が高かったです。

20160516P1230411.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
インスブルック山頂で撮れなかった日暈
今回はゲットしました。

20160517P1230415.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
高速の標識に「瓜州」が出てきました。
西田敏行の映画「敦煌」にも登場した地名

20160518P1040845.jpg
道のそばに狼煙(のろし)台
ガイドさんは親切に止めてくれました。

20160519P1040848.jpg
詳しいことは分かりませんが、
案内板によれば300年前のものです。

20160520P1040855.jpg
兵舎?

20160521P1230422.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
20分ぐらい休憩したけど、
車一台も通りませんでした。

20160522P1040858.jpg
ここにも

20160523IMG_3771.jpg
嘉峪関から出て4時間、着きました~
敦煌

つづく
記事一覧へ
コメント

なかなかの光景ですー

YU-MIんの撮った岩? 物見台?
ご自身の横顔でしょうか。
鼻が低い? 失礼しました。

どの写真も見ごたえありますね。
じっくり見させていただきました。
山々をバックに鉄路と電車。
まさしく「世界の車窓から」からですね。
あ~、貨車でした。こりゃまた失礼。

Re: なかなかの光景ですー

ばんぶうさんへ
YU-MIんの横顔?
3日後に拝見して頂きましょう。
約束します(笑)。

貨車の一枚は自分も結構好きです。
例のコピー新幹線も走っていたけど、
やっぱり緑色の列車の方はローカル感があっていいですね。

超市=スーパーマーケットは上手ですね。(笑)

だだっ広い砂漠に真っ直ぐな道、よく方向を間違えなかったと感心します。(笑)
万里の長城沿いに作ったのかな?(笑)

No title

おぉ~♪
広大な土地ですね~♪
オイラのポケットには大きすぎらぁ
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

ホント、歴史浪漫を感じます♪

Re: 超市=スーパーマーケットは上手ですね。(笑)

遙さんへ
自分たちはとてもラッキーで、好天に恵まれました。
しかし元々ここら辺はよく砂嵐が吹く場所で、
酷い時は車の塗装も剥がれるそうです。
道がない時代によくキャラバン隊が歩けたなと思いました。

超+市=スーパー+マーケット
そのままですね(笑)

Re: No title

昆布ちゃんへ
雄大で何もない、
最近そんな風景に嵌っています(笑)。

No title

マイナス10度にチョコパイ,ぱんぱん(^_^;)
3千m超えかぁ.
過酷だ.
日暈写真はドラックの位置がゼツミョウ!!

Re: No title

シエナさんへ
あまり通行量がないので、
この一台が通ってくれてラッキーでした。

上手く撮れなくてすごく悔やんでいますが、
風力発電所に風車の羽根を運ぶトラックもありました。
風車の羽根はあんなにデカイですね。
はじめて間近で見ました。

No title

意外に道路の舗装具合が良いものなのですね。
もうちょっと適当かなと思い込んでいたのでビックリです。

数年前に唐王朝の研究をしている教授と知り合ったのですが、
話を聞いてみると、歴代の皇帝で純粋な漢民族は少ないっぽいです(もしかすると、漢と明くらいだったりして。。。)。
唐の初代とかもどうやら騎馬民族の血脈とか。

三国志の諸葛亮のお嫁さんもキョウ族か鮮卑っぽいです。

Re: No title

ゆかさんへ
そうなんですよ。
揺れ揺れの600キロを走らなければならないと思っていたが、
意外と快適でした。
シルクロードのインフラ整備は思っていたより立派でした。

>歴代の皇帝で純粋な漢民族は少ないっぽいです
そうかもしれません。
ちょっと調べたら少なくとも
「元」の350年、「清」の300年の間は漢民族ではないですね。

唐の初代皇帝は実はモンゴル族の末裔
それは確かに聞いたことがあります。

>諸葛亮のお嫁さんもキョウ族か鮮卑っぽい
えー、そうなんですか?
三国志は結構好きですが、
諸葛亮のお嫁さんについては研究したことがありません(笑)。

No title

さすがは中国、広大な風景はどこまでも続きますね〜
そして、その広大な果てしない道をさすがは山ガール!歩くのですね(c_c)
みうくまは間違いなく文明の利器を使用するでしょう´д` ;
トランシーバーで会話しましょう(笑)

いよいよ敦煌、みうくまにとっては
未知なる世界です

Re: No title

みうくまさんへ
やー、トランシーバーは楽しかったですね。
最後の混信は結構悪いことをしたけど、、
反省してます(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する