過去の記事はここをクリック:記事一覧

河西回廊(10) 敦煌 月牙泉

いよいよ最後の日の朝
20160501P1230657.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
日が昇る前にもう一度鳴沙山に来ました。

20160502P1050184.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
砂の上に薄らと霜が降りています。
大気中のわずかな水分が寒さで凍りついているのです。

20160503P1050182.jpg
まずは朝の体温測定(笑)
マイナス12.9℃

20160504P1050188.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
実は鳴沙山に有名な場所があります。
月牙泉

20160505P1230704.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
「月牙」は中国語で「三日月」という意味
なるほど~
美しい砂漠のオアシス

2000年前、劉邦の子孫漢武帝が
敦煌より西の玉門関まで河西回廊を治めた時代から
月牙泉はその姿を変えていません。
漢武帝自身も観光に来たとか・・・

20160506P1230734.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ただ近年地下水の過剰利用により
水深が5mから1mに下がったそうです。

20160507P1050255.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
それにしても2000年の間砂嵐が吹いても
砂に埋もれなく湧き続ける泉は奇跡としか言いようはありません。

20160508P1050259.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
YUMI!今日も元気だな!
・・・阿部寛風

20160509P1050284.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
最後の砂遊び

20160510P1230753.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
なんか有名な木らしい

20160511P1050312.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
最後に振り返って、
あんな所まで登ったな~
と自己満足(笑)

次回は最終回です。
記事一覧へ
コメント

No title

こんばんは♪

自然が織りなす雄大な景色!
まだ見ぬ地をこうして拝見出来
ありがとうございますm(_ _)m

しかしですね!
その時間時間毎を忠実に描写する
KAZU様の撮影力!!
お見事!!としか言いようがありません!

素晴らしいです!!

No title

マイナス13度かぁ.これは釧路で体験したぞ(;^_^A
牙泉,さすがに凍ってる.
あんなところまで登ったって,砂だからスゴいよね.
シエナなら確実にふくらはぎ痛で二日は歩けない.

月の砂漠で一句

名月を撮ってくれたと泣く代官・・・おそ松でした。

砂漠は温度差が激しいとは聞いていましたが。
温度計見てビックリ。
温度計持参もビックリ。
塔と砂漠もビックリ。
極め細やかな砂の粒子もビックリ。
そしてラストの高低差にビックリ。
高山さんにビックリ連続のばんぶうさんでした。

蒸し暑いですね、ご自愛下さい。

綺麗に舗装された道の行き先が砂の山、不思議な光景です。
「地下水の過剰利用」...ロシアの消えた湖を連想しましたが、観光地化の弊害なんでしょうね。
オアシスの寺院(?)の建築資材も遠くから運んだんでしょうね、気が遠くなります。

No title

おぉ~♪
夜には白くひかり、夕刻には黄金に輝く
古より続く砂の国の街♪
素敵なお写真の数々ですね♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

最終回が楽しみです♪

Re: No title

ROcCAさんへ
露出の調整は難しいです。(-_-;)
明るすぎると色がなくなるが、
前回の記事はちょっと暗すぎたような気もします。
今のカメラはすごいから夜中でも昼間のように撮れるんですね。
いつも悩ましいところです

Re: No title

シエナさんへ
風がなかったから、
マイナス10度でもそんなに寒く感じませんでした。
5メートルの風でも吹いてたら、
体感温度が全然違うですね。

空気も相当乾燥しています。
普通この気温だと部屋に入るとすぐに結露するんじゃないですか、
それが全然しないのです。
それだけ空気中に水分はないですね。

Re: 月の砂漠で一句

ばんぶうへ
一句ありがとうございます。
KAZU作のラジオCM、
「高山さんと大沢くん」
分かりにくいというYUMIの意見もありました(笑)

Re: 蒸し暑いですね、ご自愛下さい。

遥さんへ
昔は本当に命掛けだったでしょう。
私たちは砂丘1つ登っただけで結構しんどかったです・・・

10年前の旅行ブログと見比べたら、
本当に凄まじい経済発展を遂げたことが分かります。
それだけ地下水も使いますね。
泉がなくならなければいいんですが。

Re: No title

昆布ちゃんへ
砂の国の街♪
普通に考えると砂丘は移動するものなのに
しかし100年前の写真を見ても、
泉と砂丘はそのままです。
本当に不思議。

九州はまた大雨ですね(T_T)

No title

今晩は
クオリティの高い画に圧倒されます
自然との融合
生かされている描写 素敵ですね

高山YU-MIんに捧ぐ!

高山さんと大沢くん その4 外伝
「大沢KAZUくん あんな駄作なら、
2組のゴトーばんぶうくんに、あそこにシューって
してもらおうかな?
エエッ、あそこに?
KAZUくん、変な想像しちゃって・・・」
チャンチャン。
でも、KAZUさん作、わたしにはうけました。

Re: No title

kei妻さんへ
いえいえ、
誰が撮っても美しく雄大な景色です。
それに今のカメラはすごいです(-_-;)。
マイクロフォーサーズでも解像度抜群。

Re: 高山YU-MIんに捧ぐ!

ばんぶうさんへ
さすが!
思いはストレートに書かないと、
伝わらないですね(笑)

No title

いやいや
やっぱり街中から見える砂丘は迫力あるな〜
寒暖の差も砂漠らしくて経験してみたいですね

峠の茶屋より高い山
本当はたくさんありますよね〜(笑)

Re: No title

みうくまさんへ
峠の茶屋より高い山はそんなにないですよ。
エベレストぐらいかな(笑)

一生に一度行ってみたい場所はアタカマ砂漠とウユニ塩湖
休みと予算、なかなかハードルが高いです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する