過去の記事はここをクリック:記事一覧

河西回廊(11) 敦煌 西千仏洞

敦煌というと、石窟寺院「莫高窟」でしょう。
世界遺産にも登録され、
訪れた人々を魅了する鮮やかな壁画が有名です。
ただ行く前にネットで調べたら
てっきり観光地化されていて、
行くかどうか迷っていました。

そこでガイドさんの勧めもあって、
敦煌から西南35kmの西千仏洞へ行くことにしました。
莫高窟のチケットは220元(外国人の場合)、
西千仏洞は30元
人混みから逃げましょう(笑)

20160512P1050315.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ぶどう畑

20160513P1050326.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ここにもありました、のろし台
いつの時代の物かは分かりませんが、
漢の時代、長城はこの先の玉門関まで続いていました。
さらにその先には幻の町・楼蘭があります。

20160514P1050328.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
タルチョ
その向こうに鳴沙山からの砂丘が続いています。

20160515P1050366.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
途中映画「敦煌」撮影のために建てたオープンセットも通り、
1時間弱を走って、西千仏洞に着きました。

20160516P1230783.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
実は西千仏洞が開削され始めたのは莫高窟よりも早く、
もっとも遅いものでも莫高窟と同じ時期に開削されたそうです。
ただ多くは川に流されたため、規模は断然小さい。

現在残っている洞窟は16個のみで、
その中の5つだけ見学できました。
残念ながら撮影禁止です。

20160517P1050370.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
洞窟の中に描かれた千年前の壁画もすごかったですが、
目の前を流れる川の風景が最も気に入りました。

20160518P1050387.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
垂直の崖の高さは20mありそうです。

20160519P1230806.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
洞窟はその崖に掘られていたから、
流されるのも当然でしょう。

20160520P1050383.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
アイス・リング

20160521P1230792.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

20160522P1230843.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
観光客は私たちだけ、
2人の世界

20160523P1230852.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

20160524P1050355.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160525P1050427.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160526P1050425.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160527P1050429.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20160528P1050440.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
川の崖と砂丘
写真に夢中して落ちそうでした。

20160529IMG_3767.jpg
五日間お世話になったガイドさん
私たちと別れた後一人で600kmを走って張掖に戻りました。

20160530IMG_7461.jpg
その前に昼ご飯
(朝まで元気に走りまわっていた)羊の脚の丸 焼き
味付けはクミン、塩、唐辛子だけ
三人1時間で完食
炭火の香と遊牧民のような豪快な食べ方は最高!

20160531IMG_3773.jpg20160532P1090073.jpg
敦煌空港
ここで世界中南極以外全部制覇した日本人の方と出会いました。
お互いの写真を見せ合いながら、すごく楽しい空の旅になりました。

20160533P1090089.jpg
iPhone
毎日見ていた祁連山
標高4000-6000mだから、巡航高度でも山が近い

20160534IMG_38062.jpg20160535IMG_3804.jpg
番外編
北京ダックと西安空港で食べた
角煮をパンで挟む中国式ハンバーガーの豪華バ ージョン

20160536P1090100.jpg20160537P1090101.jpg
河西回廊の青空と比べたら北京の大気汚染は酷くて、
タクシング中の飛行機ですら見えないほどでした。

20160538IMG_3777.jpg
行く時に勢いで頼んだケーキセットの反省もあって、
帰りは・・・
なんだこの差は

20160539P1090111.jpg20160540P1090113.jpg
びっくりした~
凍結防止剤噴射中

20160541P1090121.jpg
iPhone
鳥取の日本海上空
高度1万メートルからも下が見える

今回も大満足の旅でした。

The End



記事一覧へ
コメント

No title

こんばんは♪
異国は見慣れない景色で刺激を受けますね!!
その場面場面を捕らえられるKAZU様の確かな技術!
めちゃ凄いです!!
良い写真、拝見させていただきましたm(_ _)m

しばれていますねー

雪もチラホラ、寒そうです。
アイスリング?
これはリングブラから覗く、YU-MIんパイそのもの。
類は類を撮影するものですね。

長旅おつかれさまでした。
新たな中国を見せていただきました。
旅慣れたお二人も楽しかった様子が伺えました。
次はどのような飛行機の窓からの景色でしょう。
楽しみにYU-MIんパイともどもお待ちしております。
いやいや、YU-MIんに怒られたご開帳、KAZUさん宿題です。

No title

おはようございます
旅好きの我が家にとって
目の離せないショットばかりです
スケールが違う(@_@;) 
ひとつひとつがとても綺麗ですね
KAZUさんYUMIさん 
センスいい(^_-)

No title

大作の敦煌シリーズ
お疲れ様でした〜

やはりスケールが全く違うな
そして、お二人の行動力も見習いたいところです☆

相変わらずYUMIさんによる素晴らしい感性の作品
みうたんも言ってました
YUMIさんには人に見えない光が見えているって^_^
あの過酷な登山をご一緒した時に、そう感じたそうです

やっぱり露出とか補正とかホワイトバランスとか(笑)
理論じゃないんだよな〜´д` ;

Re: No title

ROcCAさんへ
人が多すぎるとイライラして写真を撮る気にはならないが・・・
誰もいない本物の秘境もさすがに怖い・・・
いつもこういう「そこそこ」静かな場所を探すのは大変です。
今度私たちもあの南の島に行ってみようかな\(^o^)/

Re: しばれていますねー

6時57分のばんぶうさんへ(笑)
いつも朝6時55分±5分ぴったり、
ありがとうございます(^_^)

今年はまだ全然予定を立てていません〜(><)
燃油サーチャージがただになって
海外旅行の千載一遇のチャンスですが、
仕事が忙しくてなかなか長期休暇が取れなさそうです(><)。

やっぱり今年も真冬に
なっちゃいそうです。

Re: No title

kei妻さんへ
我が家も旅行が大好きで、
次の旅はどこにしようかと
イメージトレーニングだけでも
楽しくてたまりません。
ただ最近世の中はますます物騒になって、
個人旅行は心細いですね。

と言いながら、燃油サーチャージただの今、
行かないわけには行きませんね

Re: No title

みうくまさんへ
褒めすぎですと言いながらも、
テレ笑顔が止められないYUMI 。
例のiPhone事件以来、
みうくまさんの株は暴騰中です。
今回はみうたんさんのお陰ですか(笑)

No title

おぉ~♪
広大なお写真の数々♪
素敵ですね~♪
特にYUMI師匠のお写真が大好きですぅ♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

南極以外って…(笑)
凄い人もいるんですねぇ…
そのうちにKAZU&YUMIさん達も、
新しい旅人へ同じコトを言ってる日が来るのかも(笑)

Re: No title

昆布ちゃんへ
どの世界にもすごい人がいるんですよね。
温泉に行ったら、全国の温泉を制覇した人、
旅行に行ったら、地球を制覇した人、
私たちは何でも中途半端です(笑)

違いますね

お久しぶり^_^
毎回、拝見させて頂いてます
やっぱりスケールが違いますね
見慣れてない景色を見ると全てが大きく
神秘的と言うか綺麗ですね
私達には無縁な所ばかりで新鮮です
これからも楽しみにしています
今回の素敵な旅行写真、
ありがとうございました^_^

Re: 違いますね

アイランドブルーさんへ
自己満足ブログですが、
いつもご応援ありがとうございます。
私たちはただいま夏眠中(笑)
しばらく旅に出かけていないので、
アイランドブルーさんのブログを見て
旅気分を味わっています\(^o^)/
そろそろYUMIを海に連れて行かないと、
反乱が起きそうです。

No title

にゃんとー(・・;

アイスリングがとっても綺麗☆

それにしても険しすぎる大地の息吹に圧倒されちゃいます。

敦煌にも空港があるのですね^^;
(無かったら困りますよね><)

って、あれ・・・
気のせいか、最後のお写真の窓になんか亀裂っぽい穴が(汗)

Re: No title

ゆかさんへ
先週ちょっと忙しかったので、
返事が遅くなりましたm(-_-)m

とうとう終わりました。(笑)

飛行機の窓は普通3層構造になっていまして、
外側の2枚は丈夫で、機体を支えています。
(機内の気圧が外より高くて、風船のようです)
小さな穴はパネルとパネルの間の気圧の調整、
それに窓を曇らせないようにするためにあります。
外はとても寒いので、機内の空気に含まれる湿気が
結露したり凍ったりすると、
亀裂が入っているように見えます(^_^)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する