過去の記事はここをクリック:記事一覧

のんびり歩く大雪山 (2)

20161001P1000050.jpg
翌朝、雨はまだ降っています。
しかし、これ以上サロマ湖にいてもやることがないので、
とりあえず層雲峡に戻ってみることに。

20161002IMG_5900_m.jpg
昨日ほど雲はかかっていないが、
天気予報は相変わらず午後から大雨。

前の日はほとんど寝ていなかったうえ、
(理由は聞かないでください 笑)
運転中にお腹を壊してしまい、
おまけに昼ご飯もまだ食べていません。
最悪のコンディションです。

時刻はすでに12時半を回りました。
登るか、諦めるか、
悩んでるうちに、
「登ろう!」とYUMIから号令が。
山を舐めちゃいけないと想いながらも・・・出陣
結果的にそれは正解でした。

------------------------
層雲峡の駐車場について
ロープウェイ乗り場の隣に駐車場がありますが、
私たちは300m歩いたところにある2階建ての公共駐車場を使いました。
24時間出入り自由、無料
綺麗なトイレもあり、車中泊の候補でした。
ただしコンクリートの白華現象のため現在屋根付きの1階は閉鎖中
ロープウェイの駐車場は混んでるし、砂利なので、
登山用品を準備するにはこっちのほうが快適でした。
徒歩2分の所にセーコーマート(23:00まで)
車2分の所にもっと広いセブンイレブン(24時間営業)もあります。
------------------------

20161003IMG_P1090353_m_b.jpg20161004IMG_P1090355_m.jpg
層雲峡ロープウェイ
往復切符は2日間有効。
2泊するかもしれない私たちは片道切符を購入。

20161005IMG_5924_m.jpg
山麓駅(670m)から五合目(1300m)まで
片道7分、20分間隔で運行

20161006IMG_5923_m.jpg
一瞬日差しが出ました。

20161007IMG_5926_m.jpg20161008IMG_5927_m.jpg
五合目(1300m)の黒岳駅
ここより先にはトイレはありません。
100m離れた所にリフト乗り場があります。

20161009IMG_5928_m_b.jpg
リフトは終点七合目(1520m)までの所要時間は15分

つまり、駐車場から七合目まで、
待ち時間、切符購入、トイレも入れて
1時間を見積もる必要があります。

窓口で聞いたところ15m/s以上の風になると運休だそうです。
運休になったら山頂の黒岳石室に連絡が行くので、
下山する前に管理人さんに運行状況を確認したほうがいいかもしれません。

入山届けのポストは一番上の七合目駅にあります。


20161010IMG_5941_m.jpg
リフトに乗って、分厚い雲に突入
このまま日差しもなく、雨も降らなければ最高ですが。

20161011IMG_P1090387_m.jpg20161012IMG_P1090390_m.jpg
七合目(1520m)から黒岳山頂(1984m)まで標高差464m、
登山路はよく整備されていますが、かなりの急登です。

20161013IMG_P1090377_m.jpg
道のど真ん中で食事するリス
なかなか退いてくれない。
邪魔したら悪いので、5分も足止めされました(笑)。

20161014IMG_5946_m_b.jpg
YUMIに時に前から引っ張られたり、
時に後ろから蹴られたりしながら、
リフト駅を出発して1時間ちょっとで黒岳山頂に到着
まあまあの標準タイム

20161015IMG_5944_m.jpg
山の神様に感謝!感謝!

20161016IMG_5955_m.jpg
ずっとガスっていた山頂は、一瞬だけ晴れました。
これは初めて大雪山の姿を見た瞬間です。
感動しました。

20161017IMG_P1090400_m.jpg
黒岳(1984m)から石室(1890m)までは30分の下り、
早くテントを建てたい一心で小走りで下りました(笑)

20161018IMG_P1090402_m_b.jpg20161019IMG_P1090403_m_b.jpg
20161020IMG_5973_m_b.jpg20161021IMG_6004_m.jpg
初めてのテント設営
風もなく雨もない好条件の中で無事終了
反省点としてはフライシートを
もう少し外側に引っ張ったほうがよかったです。
荷物を入れたらテントとフライシートが
くっ付いてしまい、少し結露。
翌朝早速ペグを打ち直して解決


20161022IMG_5974_m.jpg
テント建てた後は楽しみにしていた食事タイム

20161023P1280291.jpg20161024IMG_5979_m.jpg
山の上でも健康志向のYUMIと
ソーセージを食べながら背負ってきたビールを飲むKAZU

20161025P1000332.jpg
黒岳石室
テント泊は1人500円
売店の写真を撮っていませんが、
SAPPORO CLASSIC 350ml 1本500円

20161026IMG_5995_m.jpg
水場
要煮沸
 
20161026P1000339.jpg
20161027P1280591.jpg20161028P1280592.jpg
石室のバイオトイレは5星
用を足した後は自転車を漕いでバクテリアを働かせます。

雨はちょうどご飯を食べ終わった頃に降り出して
一晩中止みませんでした。
明日は良い天気になってくれますように


つづく

記事一覧へ
コメント

明日天気にな~れ!

層雲峡、名前が素敵ですね。
銀河の滝、流星の滝、旧道トンネル思い出します。
父母が旧道をバイクで旅した写真がありました。
未舗装の砂利道でマスク替わりのタオルしていました。
その入院中の母も体調優れず。
でも意識があり懐かしがっているのが幸いです。

陽希さんの笑顔ポスターいいですね。
明日は山々が見えるといいな。

No title

登山の天気予測って難しそうですね(汗)
細心の注意を払わないと大変なことになりますからね
無事帰還できるか!???(ブログ書いてるし無事なのはわかってるのですが 笑)
ドキドキしながら見ています
モノホンのヒグマとか危険がいっぱい!

あのテント
僕は入れるのでしょうか??
そこも心配に...
やっぱり3人用〜 4人用が必要かな?

No title

おぉ~♪
流石、YUMIさん♪
山の神にも愛されているようですね~♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

って…
寝不足のワケは、なんだったのだろう?
もしかして・・・
『今夜は寝せないよ♪( ̄¬ ̄*)ジュルル』
的なコトだったのでしょうか?(笑)

Re: 明日天気にな~れ!


ばんぶうさんへ
層雲峡はばんぶうさんにとっても、
たくさんの思い出がある場所ですね。
タオルを顔に巻いてバイクを走り、
きっと仲が良い御両親ですね。

陽希さんの笑顔、時刻表、時計
なんか妙に並べ方が良くて、
思わず撮ってみました。

Re: No title

みうくまさんへ
はい、そうです、
「のんびり歩く大雪山」とタイトルをつけた時点で、
無事に生還しております(^o^)/
ヒグマは絶対に会いたくないけど、
遠くから見てみたいですね。
テントは私たちでも2人用は狭いので、
4人用がオススメです(笑)。

Re: No title

昆布ちゃんへ
寝不足のワケ・・
非日常的な環境になると、
非日常的なことをやりたがりますね(笑)。

No title

やっぱり山 いいですね!
山頂で食べるご飯の美味しいこと~
我が家はナンチャッテトレッキングですが
足腰弱ってるので
そこそこの山に登るのにも自信がありません|д゚)
少しづつ歩きを伸ばしてはいるんですが
山道になると・・・撃沈(*´з`)
冬になってしまいます・・・

続編 楽しみにしてまーす

ゆみちゃんに感謝しないとね(笑)

この旅は、ゆみちゃんに感謝しないとだよ。
「登ろう!」の号令がなかったら、この旅は果たしてどうなっていたことか(笑)

寝不足での登山はキツいよね・・・
更にお腹を壊していたんだ。
だからゆみちゃんが送ってくれた次郎の写真は疲れ切った姿だったんだね。頑張ったね(^^)/

それにしても・・・
急に話は変わるけど、10月の3連休の天気、良くならないかねぇ~?(;´・ω・)

Re: ゆみちゃんに感謝しないとね(笑)

Q太郎さんへ
YUMIが送ったあの写真は
後で自分で見ても大受けしました。
標高差は500mしかないのに、
こんなはずじゃなかった・・・(^_^;)。

それにしても・・・急に話は変わるけど(笑)、
先週末X-MENの録画を見ました。
やっぱり改めてストームがカッコいいなぁと・・・
こんな次郎はいけないね。

Re: No title

kei妻さんへ
いえいえ、
kei妻さんたちのナンチャッテトレッキング^_^の方がすごいですよ。
先日の滝の写真を拝見してそう思いました。
ほんとに尊敬します。
山料理は美味しいですよ。
なんでしょうね?
何もない所だから美味しく感じるのかなぁ?v-411

ストームがカッコいいだなんて・・・

さすが嵐を呼ぶ男・・・
今度の土・日・月は呼ばないでね(^_^;)

Re: ストームがカッコいいだなんて・・・

Q太郎さんへ
太郎v-42の晴れパワーを信じますv-278

No title

なんともすごい大冒険だなーとドキドキしながら読んでました^^;
寝不足に腹痛のダブルはきついー><

それにしてもすごい気力だなーとあらためて(・・;

Re: No title

ゆかさんへ
初テントだったので、
ハラハラドキドキの大冒険でした。
本当はもっと山登りを楽しむべきでしたが、
ソーセージとビールだけでも十分満足しました。

いよいよ

KAZUさん、こんにちは。
いよいよテントデビューですね。
これで行動エリアもさらに広がって、よりエキサイティングな旅が出来ますね。

野営は自然との距離が一気に詰まるので、私は大好きですが、うちの妻は、、、分かるでしょう?(笑)

Re: いよいよ

野暮天さんへ
テントを始めたきっかけは野暮天さんですよ。
前回の体験がないと多分決心できなかったと思います。
色々教えて頂いて、本当にありがとうございました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する