過去の記事はここをクリック:記事一覧

のんびり歩く大雪山 (3)

20161001P1000082.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
翌朝4時に起床
テン場近くの桂月岳(1938m)を登ってご来光を見に行きます。

20161002P1000094.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
YUMIカッコいい
と言いたいところですが・・・
あっちは西だよ

20161003P1280310.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
今日は雲が少し厚いかな

20161004P1280305.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20161005P1000110.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
それでもなかなか壮大な景色でした。

20161006P1280341.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20161007P1280351.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20161010P1280316.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
日本一早い紅葉

20161008P1000121.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
一瞬出てまたすぐ雲の中に。

20161009P1280337.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
下にかすかに見えるのは層雲峡?

20161011P1280298.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
石室とテン場

20161012P1000138.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
朝ごはんを食べて野湯探検に出かけます。
目指すのは大雪山反対側の中岳温泉

20161013P1000135.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
これが憧れの大雪山

20161014P1280392.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
チングルマの綿毛
花の後の浪漫

20161015P1280373.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
人間に慣れたキタキツネ
飼い犬みたいにずっと後ろをついて来ました。

20161016P1280374.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
後ろ姿はもっとキュート

このキツネは頻繁にテン場へいたずらに来るので、
匂いが出ないようにゴミはビニール袋に入れて保管しなければなりません。
私たちがいた夜も来て、隣の隣のテントが齧られたそうです。

20161017P1000156.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
お鉢の直径は2km、深さは約200m

20161018P1280486.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
山ガールYUMI

20161019P1280406.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
お鉢展望台から石室を振り返る

20161020P1280404.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
標高2000メートル、孤高のカラス

20161021P1000174.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
未だに雪が残っています。

20161022P1000177.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


20161023P1000199.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


20161024P1280449.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
雪の川

20161025P1000184.jpg
北鎮岳(2244m)
北海道第2の高峰
ちなみに最高峰は旭岳(2291m)

20161026P1000186.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


20161027P1280427.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


20161028P1280428.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
北鎮岳から見たお鉢は美しかった!

つづく


記事一覧へ
コメント

No title

山で見る朝焼けは
感慨深く美しいでしょうね(*'▽')
憧れます~
今年一番の紅葉も届けていただき
楽しませてもらいました
我が家は今年も山登り無理そうです
ので お二人の足跡で楽しませてもらいます
続き 待ってます(^_-)-☆

No title

いやいや...
写真に見とれて言葉も出ませんね(O_O)
やはり北海道のこれこそが本当の雄大さなんだろうな〜

こんな行程、ついていけないよ〜
トレーニングしなくては!

次回はいよいよ温泉かな??

No title

この朝日もちんぐるまも登山したものだけが味わえる至福のもの.
さてさて,こんなところに野湯とな.

YUーMIん西に、お尻は東に

絶景かな、絶景かな。
やはりホッキャードーは壮大ですね。
どのくらい歩かれたのでしょうね。
おふたりともスタミナ満点ですね。
テレビでしか見たことのない光景ですが、
おふたりの眼で見る大雪山。
自分で歩いた気分で見ています。
YU-MIんの歩く様、行者みたい。
オーラがただよっています。

Re: No title

kei妻さんへ
もう少し遅ければ紅葉の絶景をお届けできたと思いますが・・・
四季それぞれの表情を見せてくれる大雪山は本当に雄大で感動しました。v-433

Re: No title

みうくまさんへ
大雪山の登山路はよく整備されているし、
ロープウェイもあるので、
いつかご一緒に中岳温泉に行きましょう(^-^)/
お鉢の中を流れる川も温泉ですよ。
名は「有毒温泉」、入れません(><)

Re: No title

シエナさんへ
山頂で見る朝焼けと夕焼けは登山のハイライトですね。
そんな苦労をしなくても絶景を楽しめる
シエナ邸はほんとに羨ましいです。

Re: YUーMIん西に、お尻は東に

ばんぶうさんへ
北海道の風景はやっぱり独特ですね。
どの季節に行っても感動するばっかりで、
いつか住んでみて、じっくり味わいたいと思うほどです。
テント場からここまで3時間かかりました。
実質2時間でしたが、
ダラダラ写真を撮りながらのんびり歩いたので、
標準タイムよりだいぶ遅くなりました。
PS、ばんぶうさんが毎回つけてくれてるタイトルも最高に面白いです(^-^)/。

No title

おはようございます♪
1枚目のテント写真、すごく綺麗ですね♪
大自然が満載で...お二人の撮影センスもバツグン!!
自然の美しさが伝わって来ました(^_-)-☆

No title

おぉ~♪
YUMIさんのナイスジャッジによって、
このような素敵な景色に出会えたのですね♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

次は温泉編?
楽しみですぅ♪

Re: No title

ROcCAさんへ
どうもありがとうございます。
1枚目はどうしても入れて欲しいと言われたので、
そう言っていただけると、
本人はまた有頂天になってしまいます。

Re: No title

昆布ちゃんへ
ナイスジャッジでした(^-^)/
じゃないと黒岳に登っただけでおわりました。
次回・・・
がっかりするかも(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する