過去の記事はここをクリック:記事一覧

初秋の西伊豆(3) 萩谷崎 岩地遊歩道

今回旅のハイライト(笑)
雲見温泉と松崎の間に位置する萩谷崎へ探検に出かけました。

20161201Hagiya_04.jpg

岩地遊歩道はのんびり歩いても
1時間足らずで一周できるコースです。

20161202P1000525.jpg
萩谷の駐車場
左の階段から登れば時計回りコース
右奥の道を降りて行けば反時計回りコース

20161203P1000451.jpg
取りあえず海岸に行きたかったので、
反時計回りでまっすぐ降りて行きました。

20161204P1310484.jpg
20分ぐらいで海岸に着きました。
上に国道が見えます。


20161205P1000458.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
小さな鎖場(右の岩)を越えて
静かなピーチに到着

20161206P1310364.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20161207P1000490.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
よっぽど運が悪くない限り(笑)、多分誰も来ないでしょう
まさにプライベートビーチ

20161208P1310510.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
しかも遠くに雪冠の富士山

20161209P1310403.jpg20161210P1310409_S.jpg20161211P1310421_S_b.jpg20161212P1310442_S_b.jpg20161213P1310466_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
たっぷり2時間
伊豆の自然を2人占め

20161214P1310492.jpg20161215P1310503.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
そろそろ引き上げの時間
鎖場に戻ってみたら潮位が上がってきて道が水没。
元々一周する予定だったので問題ないが、
逆回りで来たらショックかも

20161216Hagiya_04.jpg
反対方向の展望台に向かって出発

20161217P1000493.jpg
道は蜘蛛の巣だらけ
拾った木の枝を振り回しながら道を切り開きます。

20161218P1000494.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
日没の1時間前、北斜面は真っ暗

20161219P1000506.jpg
展望台

20161220P1000507.jpg
尾根の遊歩道はかなり荒れています。

20161221P1000508.jpg
どこが道、どこが崖、
分からない所もありました。


でもさすが伊豆の夕日

20161222P1310526.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20161223P1310532.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20161224P1310535.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
これが丸ごと湯船だったらすごいな

20161225P1000521.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

20161226P1310545.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20161227P1000516.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

20161228P1310539.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


プチ冒険が終わり
駐車場に戻って来ました。

20161229P1310561.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20161230P1310554.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20161231P1310553.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20161232P1310564.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20161233P1310565.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ここで、西伊豆の旅は終了  

The End
記事一覧へ
コメント

クモの巣だらけの道は歩きたくないですね。(苦笑)

国道の下の秘密の海岸はヌーディストビーチにピッタリな感じですね。
外国人観光客の皆さんの誘致に一役買うのではないでしょうか。
でもクモは困りましたね。
私が子供の頃よりクモが大型化している気がするのですが、これも地球温暖化が原因でしょうか?

これはまた素敵な

すごい探検場見つけましたね。
松崎はなまこ壁見に行きましたが、
近くにこのようなところが。
プチ冒険、YU-MIん場にはならなかったようですね。
でも赤水玉お似合いです。
西伊豆いいところですね。
今年はこれで見納めでしょうか。

No title

こんばんは♪ メリクリです♪
YUMIさん!
コメントありがとうございましたm(_ _)m
毎回素晴らしい風景写真で技術の素晴らしさ
ため息もんで拝見しました!!
YUMIさんの可愛らしいビキニ姿
サイコーです(^_−)−☆

No title

綺麗~
思わず心は伊豆へ旅立ちました~
また行かなくちゃとそそられています
プライベートビーチも( ..)φメモメモ
暖かくなったら・・・お出掛けします~

赤の水着もキュート(^_-)-☆
とってもお似合いです

No title

おぉ~♪
素敵なスナップ写真♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

マジで「スナップ」の撮り方、教えてください。

できたら・・・
YUMI師匠にプライベートビーチで手取り足取り教えていただけたら・・・♪

No title

「自然を2人占め」・・・素晴らしいですね。
こんなプライベートを楽しめる空間が在ったなんて!
もう少し早く教えてくれれば偵察して来たのに(笑)

いつもながらの「心が深呼吸できる写真」をありがとうございます。

ところでYUMIさん・・・寒くなかったのかな?

Re: クモの巣だらけの道は歩きたくないですね。(苦笑)

遥さんへ
確かにクモはもっとも嫌いな虫の一つです。
しかもデカイ!
ちなみに、1番目はヌカカ、刺されたら強烈に痒いです。
でも虫嫌いだとアウトドアできないので、そこは我慢我慢(-_-;)。

日本にはヌーディストビーチの文化がないですね
欧米だったら...
あ〜〜、サウナに行きたくなって来ました(笑)。

Re: これはまた素敵な

ばんぶうさんへ
YUMIる専用の水着は持ってないので、
赤水玉ちょっと控えめでした(^_-)
今年は本当にご応援どうもありがとうございました。
YU-MIんと感謝!感謝!

Re: No title

ROcCAさんへ
ROKAさんの水着姿に憧れて、
つい真似しちゃいました(^O^☆♪
KAZUに何度も教えてもらったが、
機械音痴で未だにカメラの設定とかあまり分からなくて…
今は、楽しければいいと開き直っています(笑)。

Re: No title

Kei妻さんへ
私は肌が弱いので、夏はなかなかビーチに行けません。
水着はなんだか恥ずかしかったです(笑)
Kei妻さんならあの鎖場ですごく綺麗な写真が撮れそうで、
お勧めです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Re: No title

昆布ちゃんへ
YUMIに手取り足取り?
それじゃカメラに集中できませんよ(笑)。
今年はどうもありがとうございました。
良いお年を😊

Re: No title

P28Rさんへ
「心が深呼吸できる写真」
うれしいお褒め言葉、私達の励みになります。
その日は風もなく結構暖かったです。
でもさすがにもう晩秋、日が傾けると急に冷えちゃいますね。
いつか望遠であの小さな窓から手を振ってくれるP28Rさんを撮ってみたいです(^_-)

No title

ガンダムさんへ
伊豆はいいですよ^_^
温泉もあって、魚もうまい、こういうプチ探検できる場所もあります。
来年も安全に気をつけながらいろんな所に探検に出掛けたいと思います。
ご応援どうぞよろしくお願いしますm(-_-)m。

No title

う~っ、そこのビーチは車から見えた時に「あそこなら絶対にヌード写真が撮れる。下りてみない!」と相方に言ったのに、拒否された場所だよ~(´;ω;`)ウゥゥ

でも痔郎とゆみちゃんが調査してくれたので、今度は安心して下りてくれるでしょう!
こちらへも是非一緒に^^

ところで海は冷たくなかった?

Re: No title

Q太郎さんへ
うちも正装で撮ってませんよ(笑)。
道は歩きやすいので、兄貴たちなら楽勝です。
風がなければ秋でも結構快適でした。
今度は一緒に行きましょう。
のんびり出来る場所です。

プロ級だ!

プロ級ですね。見事な写真です。

Re: プロ級だ!

はじめさんへ
毎回の旅で二三千枚を撮っても、
使えそうなのは10枚あるか無いかです(汗)
プロとは程遠くて自己満足のようなものですが、
コメントを頂き、私たちの励みになります。
本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する