過去の記事はここをクリック:記事一覧

厳冬の奥羽本線を行く (2) 鷹の湯

旅の目的地の一つは以前ご紹介した
泥湯温泉 奥山旅館

もう一つは明治18年に創業した鷹の湯
役内川に面した一軒宿です。

20160401P1090304.jpg20160402P1090250.jpg
ロビーとお部屋
全部で21部屋
立寄り入浴は11:00~14:00

20160403P1090252.jpg
鷹の湯には
混浴の大浴場、女性専用内湯
混浴半露天風呂、女性専用の半露天風呂
混浴野天風呂、足湯
の6つのお風呂があります。


20160404P1060192.jpg
早めに宿に着いて野天風呂に行きたかったのですが、
ご覧のようにこの日も?(笑)猛吹雪でした。

20160405P1060194.jpg
とてもじゃないけど出られる状態ではなかったので、
まず混浴の大浴場に避難

20160406P1090338.jpg
湯船は4つあって、一番深い所は1.5mぐらいありました。


20160407P1060196.jpg
雪が少し弱まったみたい
突撃~

20160408P1090264.jpg
しかし風はまだ猛烈に吹いていました。
(右手の亭は足湯)

20160409P1090265.jpg
宿から2、3分ぐらい下ったところ、露天風呂に到着

20160410P1090269.jpg
湯船に入れば、極楽、極楽
宿の建物から離れているので、
雪景色を楽しみながらのんびりと入れました。
隣に簡易の脱衣所があります。

81201604P1090282_2.jpg
恒例の打たせ湯尻~ズに挑戦
激熱で敗退(笑)


体の芯まで温まって、

82201604P1050832_S2.jpg
晩御飯に行く前に少しお化粧直し

83201604P1050822_S2.jpg
暑いね(笑)


20160414P1060072.jpg
晩御飯に行くついでに館内をブラブラ

20160415P1060081_2.jpg


20160416P1060083_2.jpg


20160417P1090303.jpg
大根しかないように見えますが、
お肉もありましたよ。
写真を撮っていません(^_^;)


晩御飯の後今度は半露天風呂に行ってみます。

20160401P1240292.jpg

混浴のほうはちょっと混んでいたので、
YUMIは先に女性専用半露天へ行ってみることに。

20160402P1060056.jpg
雪が完全に止んでいました。

84201604P1060063_S2.jpg
女性風呂にいたYUMIも雪の様子が気になっているようです。
ときどき立ち上がって外を窺っていました。

しかし・・・
こっちの混浴風呂からは丸見え(笑)

20160404P1090329.jpg
YUMI撮影
女性半露天の檜風呂

20160405P1060068.jpg
混浴半露天のほうは湯船が2つ
一つは男性脱衣所の前にある檜風呂

85201604P1240297_S2.jpg
もう一つは女性脱衣所からすぐの岩風呂

20160407P1060037.jpg
平日だったので貸切状態でした。


急いで女性脱衣所にダッシュして

86201604P1060031_S2.jpg
カシャー

87201604P1240310_S2.jpg
ご覧のように女性脱衣所の暖簾はミニサイズ(笑)
油断しないように


20160411P1060091.jpg
部屋に戻り


88201604P1060095_2.jpg
・・・

89201604P1060109_S2.jpg
・・・ ・・・

そして・・・

20160415P1050918.jpg
朝になりました


20160416P1050926.jpg
朝風呂はもちろん野天風呂
その後川に架かる橋を渡ってちょっとお散歩

20160417P1240232.jpg
いい景色

20160418P1050943.jpg
橋の上から
左は足湯、そのちょっと上は女性半露天風呂
右奥は野天風呂の脱衣所

20160419P1050946.jpg
20160420P1090345.jpg
朝食です


お風呂の景色がよくて、
立ち寄り入浴のお客さんと被ることもないので、
のんびりできる素晴らしい宿でした。



つづく

記事一覧へ
コメント

旅館の朝ご飯は美味しそうです。

奥さんの身体、美しいですね。
先の垂れた氷柱が〇内◇精(あえて伏字)を暗示しているようで、セクシーです(羨ましい!)。

No title

おぉ~♪
YUMIさんの足(の指)の曲がり具合は、もしや・・・♪
まさか、写ってるコケシで?!(笑)

こんなにいい宿で・・・
こんなに美味しそうな食事して・・・
こんなに素敵なYUMIさんと、あ~んなコトやこ~んなコトを・・・

羨ましい・・・
羨ましすぎます♪
( ̄¬ ̄*)ジュルル

まさしく秘湯のたびー

露天風呂に雪は似合いますね。
湯はあっちちーでしょうね。
あったかいんだからーが伝わってきます。
恒例の湯尻ーズはダメでしたか。
せめて赤うなったお尻でも拝みたし。
でも暖簾越しの上向きチクビで、許しちゃう。
確かに暖簾はミニサイズ、見えちゃいますね。
チラリズムでたまあにサービスしてあげて下さい。
冥土の土産に、我等おじいちゃんにお願いします。

部屋の鍵の赤くない赤物こけし。
そっか、足の指のクゥー、こけしをお使いに。
KAZUさんどこに行っていたんだろう。
露天風呂を覗きに、さもありなん。
だからYU-MIんひとりで・・・
とかなんとか妄想しているスケベ山オヤジでした、ん。

No title

鷹の湯温泉・・・初めて知りました!
素晴らしいロケーションですね。

雪国ならでは風景、そして芯から温めてくれそうな温泉にウットリですよ。

そうそう、化粧鏡のマジック・・・思わず吹き出しちゃいましたよ(笑)
流石KAZUさん!

Re: 旅館の朝ご飯は美味しそうです。

遥さんへ
どうもありがとうございます。
せっかく非日常的な空間なので、
思いっきり夫婦の時間を楽しむことにしました(^O^☆♪。

Re: No title

昆布ちゃんへ
ばんぶうさんと同じことを仰いますね(笑)。
すごい洞察力ですが、
半分不正解です(^_-)

Re: まさしく秘湯のたびー

ばんぶうさんへ
隅々までじっくり観察しないと、
被写体に申し訳ないと………(^_-)
これもカメラのおかげです。
この日は奇跡的にほぼ全館貸切だったので、
とてものんびり出来ました(^O^☆♪

Re: No title

P28Rさんへ
つい悪戯心が働いてしまって、
面白い角度がないかなと、
探し回りました(笑)。

No title

うわ〜
さすがKAZUさんが切り取ると
こんなにもノスタルジックな鷹の湯になるんだぁ〜
脱帽!
ってかカメラ技術教えて〜

僕らもまだ未レポートですがすでに訪問しています

混浴の内湯の作りがとてもユニークですね
あの雪深い中
露天風呂へは大変だったでしょう..!

こけしに書いてある
”赤物”
なかなかいい味出していますね(笑)

いやいや
本当に素晴らしいモデルと撮影技術です

Re: No title

みうくまさんへ
いえいえ、
褒められすぎてお恥ずかしい限りです。
混浴の内湯はどこかローマの大浴場みたいですね。
……似てないけど、ふと思い出しました。
奥山旅館の火事がなかったら
ちょうどセットで回れる距離でしたが……
みうたんさんのレポートを楽しみにしています。
いつも歴史の勉強にもなるから、
見応えがあります(^_-)

痔郎ちゃんは理系能なのか?そても芸術能なのか?

鷹の湯温泉、一緒に行ったような錯覚に陥っています♪

しかし、痔郎ちゃんは日頃は理系能(しかもとってもネガティブなww)だけど、こういう時は芸術能が凄いのね!!

後は雨雲さえ連れてこなければ自慢の弟なんだけどなぁ~(笑)

早くお祓いに行って、雨神様を祓いましょう(笑)

No title

満足でございます。
できればでっかい赤物キーホルダーがどいてくれるともっとよかったです。

Re: 痔郎ちゃんは理系能なのか?そても芸術能なのか?

太郎さんへ
「ネガティブ」ではなく、
「リスクマネージメント」と呼んで頂けると嬉しいです。
様々なリスクを考えた結果、
そのいくつか当たっただけですv-8

Re: No title

シエナさんへ
そのでっかい赤物キーホルダーは
結構好評だったと思いますが(笑)

大袈裟なリスクマネージメントもちらほら?(笑)

なるほど・・・

実はリスクマネージメントだったのですね(笑)

でも、自らリスクを呼んでいるような気もしますが・・・

というよりも、「痔郎はハプニング好きなの?」

そんな気がしている太郎です(笑)

Re: 大袈裟なリスクマネージメントもちらほら?(笑)

太郎さんへ
ハプニング好き……バレました?v-8
当たってもみんなに感謝されないのが
リスクマネージメントの辛いところですねv-406

今去年の燕温泉を書いています。
雨3日間も降り続けましたね。

No title

こんにちは。ヽ(^o^)丿
35度を超える毎日に嬉しい雪写真です。(#^.^#)
でも温泉入浴の写真は、拝見している部屋にいても
熱気を感じます。私の部屋は34度でした。((+_+))
セクシーで楽しい写真をありがとうございます。

Re: No title

ガンダムさんへ
こちらはずっと涼しくて、
冷房はほとんど使いませんでしたが、
昨日からまた暑くなりました。
まさかこれから夏本番?と思うぐらいです。
まだ残暑が厳しく、くれぐれもご自愛くださいませ。
……夏に温泉はきついですね、
反省しておりますv-8

No title

お布団と、つま先の組み合わせが最高にエロティクでしびれました^^;

館内に美味しそうなカメラが(・・;
まさか・・・温泉つきのカメラ屋さん(違うー><)

Re: No title

ゆかさんへ
温泉つきのカメラ屋さん♪
悪くないですね。
レトロな感じがとても気に入りました。
でも当ブログとしては
撮影スタジオつきの温泉宿のほうがもっといいかもしれません(^_-)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する