過去の記事はここをクリック:記事一覧

秋の湯俣温泉(1) タマネギ

温泉仲間の太郎さんたちに誘われて湯俣温泉へ
行き方は前回の記事に書いたので、
よかったらご覧ください。
湯俣温泉(1)


01201611P1290684.jpg
iPhone
朝9時、高瀬ダム
時計を合わせていざ出発
ここからは10km、約3時間の道程です。

20160501YuMata_Map2.jpg

※トレッキングなので、歩きやすい服装・熊鈴が必要
※七倉山荘、トンネル手前の東電管理事務所付近で入山届を提出
※七倉トンネルより上は携帯の電波が通じません。


02201611P1290716.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
絶景の高瀬ダム
全くの無風で、水面は鏡のようです。

03201611P1290712.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

04201611P1290720.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

05201612P1290685.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

06201612P1290722.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
上流温泉の成分でエメラルドグリーンに染めた湖
水深によって色が変わり、その上に映る色鮮やかな紅葉
とても神秘的でした。

07201612P1290762.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
高瀬渓谷もすっかり秋に。

08201612P1290804.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
3時間近く歩いて、晴嵐荘を通り過ぎ、
高瀬川と水俣川が合流するところまで来ました。
タマネギまで後600m、(写真中央、白飛びしたところ)

09201612hunntoukyuu_3.jpg
クリックすると大きい地図が開きます。
※流れが毎年変わるかもしれません。
※川の増水、上流で降る雨に十分ご注意ください。


10201611P1290741.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
まず左に少し回って水俣川を渡ります。

11201611P1290748.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
一人ずつ渡りましょう。

12201612P1290809.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
立派に直されました。
ありがとうございます。

13201611P1290753_b.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
水俣川を渡った後、高瀬川に戻り崖を下ります。

14201613IMG_6729.jpg
iPhone
道はここまで
崖と水が行く手を阻みます。
深いところは腰まであったので、渡るのは無理でした。

15201613IMG_6726.jpg
iPhone
そこで、登山靴をマリーンシューズに履き替え、
ズボンも脱いで川に入り、
慎重に壁伝いに歩きながら、上流に向かいます。
以前ここに橋があったんですね。
とっくに崩壊していますが。

16201613IMG_6714.jpg
iPhone
なかなか渡渉する場所が見つからないので、
川岸に沿って岩を這いながら歩きます。
あちこちから硫黄の温泉が噴き出ています。
80度以上あり踏んだら間違いなく大やけど。
踏まないように、転ばないように、
細心な注意を払いながら進みます。

17201613IMG_6719.jpg
iPhone

18201613IMG_6721.jpg
iPhone

19201613IMG_6723.jpg
iPhone
温泉の結晶は大自然が作った絵画

20201613IMG_8599_2.jpg
iPhone
少し川幅が広く、わりと浅い場所を見つけて、
いざ川の中へ。

つめた~い!

一番深いところは太ももまで。
流れも結構速いので、
2人ずつ手を繋いで転ばないように
一歩一歩ゆっくりと。
この方法だと1人ずつ渡るより遥かに安定感がありました。

21201611P1290764_b.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
川を渡ったら海の砂浜のような中洲
ほっとしました。

22201611P1290765.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
前に進むとまた川ですが、
明らかに高瀬川の本流と違います。

23201611P1290769.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
そうです、
この川がまるごと温泉です。

24201612P1290889.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
川底は湯葉みたい

25201612P1290867.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

26201612P1290875.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

27201611P1290770.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
測ってみたらなんと65度、激熱です。
それにしてもこれだけ広い川なのに、
これだけ湯温が高いということは、
湧き出る湯の量は半端ではないということですね。

28201611P1290779_b.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
ズボンはとっくに脱いだから
パンツ一丁の姿でここまで来ました。
転んだら悲惨です。
ちなみに、YUMIもタイツを脱いだから、
セクシー超ミニスカートです。

29201611P1290784.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
やっとタマネギに辿り着きました。
3m以上もあり、思っていたよりはるかに高いです。

30201612P1290855.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
成長が止まっているみたいで、
劣化も進んでいます。

31201612P1290860.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
かつてここにも立派な木が生えていたのですね。

32201611P1290801.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
しかし周りのあちこちに新しいのが成長中

33201612P1290881.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
先っぽからポコポコ(笑)

34201611P1290804.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
こっちのはタコみたい

35201612P1290887.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
美しい

36201611P1290797_b.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
タマネギのそばに先人が作った湯船がありましたが、
先客の男性二人が入浴中。
私たちは川の良さそうなところで
自前の湯船を作ってみました。
しかし温度調整が難しくて30分頑張ってもだめでした。

37201611P1290825_b.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
男性二人は日帰りなのでしばらくすると帰っていきました。
あたりは長女次女の楽園に。

38201611aP1290940_S.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
先人に感謝しながら、さっそく入湯

20161109P1290916_S.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
姉妹仲良く

39201612P1290990_S2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
一休み

40201611P1290792.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
太陽がだんだん沈んで行きます。

41201612P1290849.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

42201612P1300034_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
気を付けながら帰らないと。


つづく


記事一覧へ
コメント

No title

おぉ~♪
気持ちよさそうですね~♪
いつの日かお供したい。。。
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

けど3時間のトレッキングは・・・(^^;;
オイラ、まず体力つけないと。
あと熊に間違われないようにダイエットしないと撃たれてしまうし(笑)

No title

凄いの一言に尽きます!
読み進めていくとまるで自分までもが冒険者になった気分・・・行ってみたいな。

主題と副題・・・いつもながらの構図のセンスの良さと奥行き感たっぷりの画に魅せられましたですよ。

続きが楽しみ!

これは本格的なトレッキングですね。

タマネギって」なんだろうと思いましたが。
ナットクです、溶岩ドームみたいですね。
なかなかのハードな工程です。

梅雨明けしましたが、秋の風情見て涼しさいただきました。
しかし熱湯川には驚きです。
野趣あふれたここはヌードが自然ですね。
おわん方の乳房が微笑んでる眼に見えます。
さてタマネギの次はアカガイでしょうか。

No title

こんにちは。ヽ(^o^)丿
ジョーンズ教授みたいに秘宝(秘湯)を探しに探検。
楽しそうですね。(#^.^#)
一緒に行って見たいけど、無理だからブログで一緒に行った気になります。(*^^)v
ブログ見る分には熊の危険はないか(^_-)-☆

Re: No title

昆布ちゃんへ
熊対策に熊除けスプレーと長傘を持って行きましたが、
昆布ちゃんも一緒だと心強いですね!
ここは私達の中ではベスト3に入るロケーションで、
景色もお湯も最高でした。

Re: No title

P28Rさんへ
ミッション達成した時の高揚感が蘇って、
ハイテンションでブログを書いたこと、バレたようですね(笑)
本当にここは日本なの?と驚いてしまうほどの雄大な景色が広がっ ていて
どこを切り取っても絵になりますよ。
機会がありましたら、ぜひ!

Re: これは本格的なトレッキングですね。

ばんぶうさんへ
熱湯川はやはり凄すぎますね。
少しでも涼しく感じていただけたらいいなと思いましたが、
あの熱湯川を見たら汗が出て来ました(-_-;)
やっぱり真冬の秋田を先に出したら良かったと後悔しています(笑)。

それにしてもあれだけ豊富な湯量があっても
今年は大雨で地下水が上昇して、
近くの山小屋晴嵐荘の内湯もダメになったそうです。
(現在の状況は不明)
やっぱり自然の力は恐ろしいものです。

Re: No title

ガンダムさんへ
童心に戻ったような楽しい探険でした。
唯一トラウマになるのはあの川です。
紅葉シーズンだったこともあって、
日帰りの団体さんが結構いましたが、
みんな川に足止めされて、タマネギを目の前にして断念しました。
速い流れとその冷たさ、今年はどうなるでしょう。

No title

あれあれ〜!!
また行ってきたんですか〜??
出遅れた〜

今はタマネギも成長が止まってしまったんですね
それでもいたるところか芽が!
川の温泉の地熱もハンパなく熱そう..

つり橋を渡ったり
川を横断したり
かなりサバイバルですが
あの大自然は魅力的ですね

Re: No title

みうくまさんへ
吊り橋は今年また大雨で壊れたんですよ(><)
今は通行不可だそうです。
でもさすが紅葉の名所!
噴湯丘まで行けたら最高ですが、
高瀬渓谷と晴嵐荘の野天風呂だけでも行く価値があります(^O^☆♪

さて・・・ 今年はいつ行こうか(笑)

川の水の冷たさを思い出し、ブルブルしちゃったよ・・・

最近、大雨の影響で晴嵐荘さんの内風呂の湯温が低くなっちゃった事があったそうです。 自然は凄いね・・・

さて、今年も行かないとだね!
今年は満天の星空が眺められると良いなぁ~

Re: さて・・・ 今年はいつ行こうか(笑)

太郎さんへ
曇り空は少し残念でしたが、
今度は爽やかな青空だったらいいですね。
最高な野湯とロケーションに美味しい料理とお酒、
本当に楽しかったですね
それから星空
v-531&v-531にお任せください(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する