過去の記事はここをクリック:記事一覧

秋の湯俣温泉(2) 晴嵐荘テント泊

若干順番が前後しましたが、
噴湯丘一歩手前の晴嵐荘
今日ここでテント泊をします。

01201612P1290776.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
あれ?テン場にお猿さんが・・・
どうも私たちが渡ろうとしている橋に向かって移動しています。
さ~、どっちが先に渡れるか・・・

ここはフレンドリーに道を譲りましょう。
みんなじっくり観察することに

02201612P1290777.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
まず橋に上がったのはマッチョのボスとサブボス
2,3分橋の真ん中に立ってずっと対岸の様子を伺っていました。

03201612P1290785.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
安全を確認したボスの後に一家の老若男女が続きます。
最後尾にちゃんとシンガリもいて、感心しました。

04201613IMG_0393.jpg
photo by 太郎
一歩先を歩いた太郎の撮影
赤ちゃんが可愛い

05201613IMG_0384.jpg
photo by 太郎
太郎撮影の子猿
危険ゾーン(橋)を通り過ぎて急いで森に逃げ込みました。

06201613IMG_0392.jpg
photo by 太郎
晴嵐荘のテン場
50張りは行けそう

例年晴嵐荘の営業は10月中旬まで
私たちが訪れたのは10月の下旬
山小屋は慌ただしく冬越しの準備に追われていました。

07201613IMG_0394_2.jpg
photo by 太郎
なんとご主人
「テン場もトイレも露天風呂も自由に使っていいよ
 今水場の水を引いてあげるね」

山小屋の営業終了は知っていたので、
水も携行トイレも持って、
無人の山で一夜を過ごすつもりだった私たち、
ご主人が神様のように見えました。
ほんとうにありがとうございました。

08201613IMG_6757.jpg09201613IMG_6756.jpg10201613IMG_6759.jpg11201613IMG_6761.jpg12201613IMG_6764.jpg13201613IMG_6805.jpg
晴嵐荘中の様子

14201612P1290803_b.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
さっそく、50張りのテン場で設営開始(笑)
(この日泊まったのは私たちのほかに男性2人だけでした)

15201612P1290798.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
いつものことながら、
mont.bellの広告ではありません(笑)

16201612P1290802.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ビールを冷やして、噴湯丘へgo!

噴湯丘の探険は大成功に終わり、
それだけで大満足した四人に、
実はまだまだ楽しみが残っています。

晴嵐荘の露天風呂です。

17201612P1300040.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

18201612P1300103_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
20人入っても余裕のある広さ

女性陣のために、太郎が一所懸命掃除をしてくれました。
その時次郎は何をやっていたのかな?
全然記憶にないなぁ~(笑)

19201612P1300123_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

20201612P1300135_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

21201612P1300148_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
40度前後の暖かいお湯は、
帰りの川渡りで冷え切った体を癒してくれました。
長女も次女も大喜び

22201612P1300158.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
お風呂あがりの乾杯は、川水で冷やしていたビールで

4人2日分の水を十分に持って来ましたが、
それ以上に背負って来たのはやっぱり・・・

23201613IMG_6792.jpg
アルコール

24201612P1300155_S_b3.jpg
アルコールが入ると
女性陣もテンションが上がります(笑)

25201612P1300171.jpg
できました

26201612P1300172.jpg27201612P1300174.jpg28201612P1300163_b.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
周りが真っ暗になっても宴会は続きました。
8時頃、就寝

29201612P1300178_S2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
翌朝
贅沢な朝風呂

30201611aP1300017_S_2.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
気温は0度近くまで下がり、
高瀬渓谷にも冬が訪れようとしていました。


つづく

記事一覧へ
コメント

清流で冷やしたビールが美味しそうです。

山歩きの後は素敵な楽しみが待っているんですね。
招き猫ポーズが可愛くて誘われてしまいます。
この風景の中で美人を見ながら飲む原酒、酔ってしまいますね~。

No title

こんにちは!

羨ましく感じます。
テント泊と露天風呂で夜空見ながらを食事なんて経験者しか体験できない時間ですね。

とる

No title

おぉ~♪
姉妹での素敵な湯浴み姿♪
長男さんの涙ぐましい努力♪
次男さんの呑んだ暮れ姿(?)(笑)
素敵なキャンプですね~♪
仲間に入りたいっす
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

No title

こんにちわー^^v

川で冷やしたビールで乾杯かー。
いいな、いいな〜☆

YUMIさんはいつ見ても楽しそうで、元気をもらえた気がします♩

No title

こんにちは
服をまた着るのが億劫になってしまいそうですね~~
いつか行きたい場所です。

とりあえず使わないことを願いながらクマよけスプレーを相方分と2本購入しました

貸切りでゴクラク、ごくらく!!

山小屋のご主人太っ腹ですね。
さすが山男の心の深さでしょうか。

姉妹のタオルリボンが可愛らしいですね。
気持ちよさそうな露天風呂。
湯の色が温泉のぬくもりを感じます。

宴会で♪野球ぅーするなら はやりませんでしたか。
♪アウト セーフ よよいの宵は更けていきましたようでー。

No title

大自然の中の秘境、雄大な風景とメッチャ綺麗なモデルの方々にたっぷり堪能させていただきました!
やはり、いつかは行ってみたいな・・・。

最近、記事と写真を読み進めながら「あ~これが単焦点F1.2を使って撮ってるのね」・・・とか、「広角はならではの奥行き感なのかな」とか考えながら見るようになりました(笑)

絞りとシャッタースピードの相関関係・・・やっと理解出来たような(^^;

No title

こんにちは。ヽ(^o^)丿
2日分の水の中にはアルコールの量も含んでいるんですか?(#^.^#)
山登り?山で飲み会?温泉?どっちもですね(^_-)-☆

Re: 清流で冷やしたビールが美味しそうです。

遥さんへ
フルーティーな原酒は美味しくて飲みやすかったです。
そのおかげで
後半は4人分の記憶を足してようやく繋がった感じです(笑)。

Re: No title

とおるさんへ
ここはそんなにアップダウンはなく、
高瀬ダム湖と北アルプスの山々の景色を
楽しみながら散歩できるコースです。
自然に癒されたい時は、是非♪

Re: No title

昆布ちゃんへ
先生のいない合宿のようで、
とにかく自由気儘です。
鉄筋コンクリートの森からの息抜きに
最高な旅でした。

※カラスとの対話
どうしてもうまく行きません(笑)

Re: No title

ゆかさんへ
月から金のYUMI は怖いですよ(笑)
ビールを冷やした川ですが、
実は夏の増水で新しくできた流れです。
こうして地球の風景が少しずつ
描き変えられていくのですね。

Re: No title

て〜さんへ
こんにちは
去年から熊出没のニュースが増えていますね。
春、熊のフンを目撃したこともあって、
熊鈴をわざと大きく鳴らしながら歩きました。

でも昼間はあんなに慎重なのに、
夜になると完全に無防備なのはおかしいですね(笑)
一応匂いが出るゴミには気をつけましたが、
やっぱりアルコールは一番効くかもしれません(-_-;)

Re: 貸切りでゴクラク、ごくらく!!

ばんぶうさんへ
山小屋冬支度の真っ最中、
本当にご主人に感謝です(^O^☆♪

ほぼ貸切でしたが、
姉妹も大胆になっちゃうんですね。
と言ってもお風呂に入って来ただけですが(笑)
これこそ山の魅力、山の力!

♪野球ぅー♪♪
そんなことをする必要はありませんでした(爆)

Re: No title

P28Rさんへ
みんなこうしてカメラに嵌っていくんですね(笑)
同じ景色でも
撮る人やその日の気分によって、
雰囲気が変わったりしますので、
是非一緒に旅に出かけましょう(^O^☆♪
ここは山小屋泊もありですから!
一度この開放感を味わうと、
もう社会復帰が難しいかもしれません(笑)

PS
プロフィール写真を変えました^_^

Re: No title

ガンダムさんへ
調理用と飲み水用にYUMIと私は水を3Lずつ
2人合計6Lを背負っていました。
アルコールは別腹です(^O^☆♪
野宿、野湯、山登り、地味ですが、
贅沢に感じました(^。^)

No title

晴嵐荘のご主人には感謝感謝ですね。

あの広いテント場を貸切りに近い状態で楽しめたのは贅沢でした!
後は星空を見れたら100点満点だったね。
近いうちに痔郎ちゃんの雨神様を祓わないとだ(笑)

Re: No title

太郎さんへ
それは思い込みです♪
でもご利益の期間が終わったから、
御守りを神社に返した方が良いのは確かです。
次郎の漢字は違います〜v-12
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する