過去の記事はここをクリック:記事一覧

のんびり歩く唐松岳 (3)

夕方少し牛首に登って夕日を待つことに

01201711P1080922.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
綺麗な日暈

02201711P1410813.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


03201711P1410822.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


04201711P1080970.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
残念ながら日が沈む瞬間はちょっと雲が厚かったです。

05201711P1410862.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


06201711P1410876_b.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


07201711P1080987.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
翌朝、日の出の45分前、とても不思議な光景に出会いました。
月暈の下に、麓白馬村の夜景が広がっています。
朝焼けは左側が赤、右側がオレンジになっているのは、
雲の切れ目の高さが違うから?

08201711P1080990.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
日の出の25分前
少し雲が晴れたと思ったら・・・

09201711P1410900.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
日の出
もう少し薄かったらなぁ・・・

10201711P1410895.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
台風が来るから、早い方はもう下山し始めました。

11201711P1410918.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
牛首を超えて、五竜岳へ

12201711P1410909.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
この時YUMIが何をしていたかというと
山荘に泊まった登山客が続々と
朝日を見るために出てくる中、
一人黙々とカレーを食べていました。
かなり恥ずかしかったそうです(笑)
ちょっと時間の計算ミスがありまして・・・
どうしてもご来光の瞬間に
食べざるを得ない状況になってしまいました(笑)

13201711P1410922.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
飛行機より高いところにいると、なんだか優越感を感じます。

14201711P1410929.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
今回もちょっとシャッタースピードが速すぎました。

15201711P1410932.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

16201711P1410965.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
八方池まで下って来ました。

17201711P1420004_b.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

↓45秒後


18201711P1420007_b.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2



19201711P1090041.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
嵐の前の静けさ
私たちは逃げるように帰途につきました。

The End ・・・ ・・・ の前に

番外編 もう一度唐松岳へ

20201711P1420089.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
私たちが唐松に行ったことを聞いた友人は
もう一回連れて行ってくれました。

21201711P1420094.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
険しい不帰ノ嶮

22201711P1420102.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
登って来た八方尾根

23201711P1420110.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
秋の彩りに包まれ始めた八方池
逆光で上手く色を出せませんでした。

24201711P1420117.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
扇雪渓と尾根の登山道

25201711P1420105.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
私たちが行った時もテン場は結構空いていましたが、
この日は3張しかなくてガラガラでした。


26201711P1400993.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
この後、友人と都会の隠れ家で一杯

27201711P1410005.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
格別に美味しかったです。

28201711P1410003.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
本当に、いくら感謝してもしきれません。

今度こそ、
The End


記事一覧へ
コメント

全てが山の素晴らしさかな。

雲海も日の出も山並みもきれいです。
いい登山日和りでしたね。
今日もまちゃ雨が降っています。
こんなときは自然の雄大さの山々が神々しい。
最後の一杯は格別でしたでしょう。
YU--MIんの女神姿は拝めませんでしたが、
今回は景色の素晴らしさに乾杯。
いい旅でしたね。

No title

月明かりの下に煌く夜景、赤とオレンジのコントラスト・・・綺麗と言うか神がかってる!

夜明け前、雲海が徐々に赤く染まる刹那・・・たまらん(笑)

たった45秒で鏡(湖面)が曇るなんて!
山の天気は移り気、そして怖ささえ感じます。

No title

おぉ~♪
ステキ~な写真ばかり♪
山はモチロン、都会でのスナップも流石♪
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

しかしYUMI師匠・・・
カメラの腕前はモチロンですが、
クライマーとしての腕前も向上されてるようですね~♪
カレーを美味しく食べれるなんて(笑)

No title

こんにちは!
しばらくご無沙汰していました〜
無事アメリカより帰還いたしました!!

いや〜KAZUさんたちはどんどん進化して
高みのステージに上がっていますね
写真の素晴らしさもさることながら
文明の利器に頼りきっている僕らには想像のつかない旅をされて
心より尊敬します

6枚目の山小屋の写真
あんなに素敵に見える山小屋は初めて見ました!

八方尾根があんなに眼科に見える世界
行ってみたいけど怖いような〜

そろそろ一緒に飲みたいですね

No title

こんにちは。ヽ(^o^)丿
雲海の写真は幻想的ですね(^_-)-☆
ヘリも止まってるみたい!

No title

うしゃー(;^_^A
ヘリコプターを持ってるご友人がいらっしゃる!!
登山した道を空から見下ろすのはまた格別だったでしょう。

Re: 全てが山の素晴らしさかな。

ばんぶうさんへ
乾杯!
台風が来る前日でしたが、
友人が教えてくれたある素晴らしい天気予報を見ると
なんとか持つかなと思って、割り切って登ってみました。
いい景色に出会えて本当に良かったです。
今度の記事は温泉に戻りますよ(๑˃̵ᴗ˂̵)

Re: No title

P28Rさんへ
唐松の登山道はよく整備されているから迷う心配はありませんが、
迷いやすい山でこんなガスに囲まれて周りが見えなくなったら、
確実に怖いですね。
やはりGPSが必要です。

Re: No title

昆布ちゃんへ
はい、私の特技はどこでもすぐ寝れるのと、
朝ごはんからガッツリ食べれることです(^ ^)
みんなに注目されたのは恥ずかしかったですが、
やはり山で食べるカレーは格別に美味しかったです(๑˃̵ᴗ˂̵)

Re: No title

みうくまさんへ
お帰り〜!
アメリカはやはりスケールが全然違いますね。
素敵な写真に旅情が煽がれて、
私もどこかへ遠出したくなりました。
羨まし〜〜です!
みうくまさんとみうたんさんなら
八方尾根は楽勝ですよY(^_^)Y

Re: No title

ガンダムさんへ
ヘリはやはり難しいです。
本当はシャッタースピードをもっと遅めにして、
プロペラが回っているように撮りたかったですが、
目の前は崖なので全然その余裕はありませんでした(-_-;)

Re: No title

siennaさんへ
登る時は足元しか見ていませんでしたが(笑)
改めて上から見るとやはり感無量でしたよ。

No title

帰りはヘリからの撮影だったのですね~~

   すごい羨ましぃ。(^_-)-☆

Re: No title

◯~&◯~さんへ
こんにちは
友人のお陰で素晴らしい体験をさせてもらいました(^。^)
峰々を眺めながら、次はどこ登ろうかなと思うと、ワクワクします。
それにしても2週連続の台風はキツイですね。
もう一回テントに行けるかなと思っていましたが、
中止にしましたe-259

神々しい風景です。

美しい画像を拝見すると山が信仰の対象な理由が分かります。
雲を見下ろす風景は格別ですね。
昨日の息子は 入間の航空祭 に、一日空を見上げて帰って来ました。(笑)

Re: 神々しい風景です。

遥さんへ
入間は輸送機のC-1が多いですが、家に近いので何回も行きました。
必ず帰投まで待っていましたよ(^O^☆♪
この三連休私たちも西へ遠征して、マニア活動をして来ました。
早く記事にしたい気分です(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する