過去の記事はここをクリック:記事一覧

道東1000キロの旅(3) 双岳台・美幌峠

北海道に着いた翌日、天気予報がからに変わったので、予定していた知床観光を雌阿寒岳登山にチェンジしました。
 
朝5時、酷い濃霧です。でも、朝霧深きは晴れ、期待が膨らみます。
20131002P1050982.jpg20131002P1050985.jpg
       助手席に座っていたYUMIが何気なく撮った動物注意の道路情報掲示板 ↑
   「さすが北海道だね~」、女預言者?変なことを言うから~~、翌日あんなことに

朝霧は晴れの通り、霧がはれるとこんな素晴らしい田園風景が 
20131002P1050997.jpg 

弟子屈から雌阿寒岳に行く道程のちょうど中間ぐらい、国道241号線沿いにある双岳台に着きました。その名の通り、雄阿寒岳と雌阿寒岳を同時に展望できる場所です。手前は雄阿寒岳、奥にあるのはこれから登る雌阿寒岳です。
20131002P1060012.jpg

は雨女YUMIの責任、は晴れ男KAZUの手柄。
20131002P1060011.jpg

国道241号線、愉快なドライブが続きます。
20131002P1060018.jpg20131002P1060026.jpg20131002P1060020.jpg20131002P1060023.jpg 

雌阿寒岳(写真が多いので、別途記事を書きます)に登った後、美幌峠に寄りました。日が沈む前に屈斜路湖畔の桂月の湯を探検する重要任務がまだ残っていたので、写真を二三枚撮って美幌峠を後にしました。
20131002P1060302.jpg20131002P1060305.jpg


記事一覧へ
コメント

こりゃまた、なつかしい

おお、美幌峠!
その昔行ったとき双岳台は霧でしたね。
なつかしくて、涙がチョチョ切れちゃう!

Re: こりゃまた、なつかしい

ばんぶうさんへ
おー、ばんぶうさんも行かれましたか。
「時空ニアミス」でしたね(笑)
野湯探検があるので美幌峠はす通りみたいな感じでしたが
朝訪れた双岳台はウキウキ気分で感動しました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する