過去の記事はここをクリック:記事一覧

バカ尾根体力測定

温泉仲間と塔ノ岳のバカ尾根へ体力測定に行って来ました。

塔ノ岳は神奈川県丹沢にある標高1491mの山です。
登るにはいくつものルートがありますが、その中に、
標高290mの大倉バス停(小田急線の渋沢駅からバス15分)から
一直線に登るルートは標高差1200m、
ほとんど展望が無く階段ばかりのバカ尾根です。
↑決して個人的見解ではなく、
世間から一般的にバカ尾根と呼ばれています。

標準タイム(3時間半)以内で登り切れば、
日本の大概の山には登れると言われていますので、
新春の体力測定をしてきました。

朝6:30に渋沢駅に到着、すでにバス停は大行列
想像以上の大盛況です。


01201802P1110996.jpg
GX7 + LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.
7:15、日の出とともに大倉バス停を出発

02201802P1120007_S.jpg
GX7 + LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.
塔ノ岳まで6.4km
山に入ると、水平距離は全く参考にならないですね。
体力測定ですから、妙に緊張します(笑)

03201802P1120016_S.jpg
GX7 + LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.

04201802P1450400.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
朝の森は本当に気持ちいいです。

05201802P1450401.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

06201802P1450411.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
標高605mの見晴茶屋

07201802P1120036.jpg
GX7 + LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.

08201802P1450416.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
見晴らしがよくても、気分は全く晴れません。

09201802P1120043_S.jpg
GX7 + LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.
ここからは大倉尾根らしい階段交じりの登りが始まります。

10201802P1450445.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
標高905mの駒止小屋
ここまで登った標高差は600m
残りの標高差は600m、ちょうど半分です。

11201802P1120056_S.jpg
GX7 + LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.
大倉から4.2km、塔ノ岳まで2.8km

12201802P1450483.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
階段...

13201802P1450449.jpg14201802P1450437.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
階段...

15201802P1450487.jpg16201802P1450472.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
岩の階段...

17201802P1450678.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
丸太の階段...

18201802P1120308.jpg
GX7 + LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.
板の階段

19201802P1120289.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
どちらの階段がお好みでしょうか?

20201802P1450436.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
単調な階段登りをしながら、一生懸命癒しの風景を探し...

21201802P1450439.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

22201802P1450459.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
富士山が顔を出した時
何とも言えない感動でした。

23201802P1450523.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
おしるこの旗が見えたら標高1300mの花立山荘がもう目の前
ここから山頂まであと高さ190m!
66階のマンションだと思えば・・・
逆に気が遠くなるか・・・

24201802P1450600.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

25201802P1450541.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
富士山を見ながら...

27201802P1450536.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
最後のひと踏ん張り

26201802P1120194.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
頂上が・・・近くて・・・遠い

28201802P1450560.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
体力測定の結果は大満足!
今年は槍に行くぞ!

29201802P1450594.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
大倉尾根は非常に単調な道でしたが、
塔ノ岳山頂は360°の大パノラマ!

30201802P1450588.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

31201802P1120145_S.jpg
乾杯♪

32201802P1450564_S.jpg
宴会♪
いい仲間に巡り合えたことに感謝!感謝!

33201802P1450566.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
せっかくだから、頂上の尊仏山荘に一泊して、
夕焼け、星、朝焼け・・・
富士山写真家を目指してみたかったのですが、
電話したら激混みで、お布団1枚に2人・・・
無理無理・・・

34201802P1120173.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
なんと暖かい冬日

35201802P1120191.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
そろそろ下山しないと

36201802P1120198.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

37201802P1120206.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

38201802P1120242.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

39201802P1450614.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

40201802P1450623.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
一応マニア活動

41201802P1450631.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
飛ぶものはすべて撮る(笑)

42201802P1450650.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
エンジンがついていないから、
きっと何とも言えない静かな世界でしょう。

43201802P1120276.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8


44201802P1450682.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
堀山の家 標高950m

45201802P1450687.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

46201802P1450702_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

47201802P1450705_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2

48201802P1450707.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
観音茶屋 標高350m
これからは楽しい打ち上げが待っています。
え~?また?(笑)



記事一覧へ
コメント

No title

おぉ~!
なんちゅうハードな体力測定!!
オイラはリタイヤ間違いなしです(^^;;

オイラのマニアな活動は・・・
空を飛ぶものなら、なんでも喰う♪

今年度こそは、この考えを改めねば(笑)

Re: No title

昆布ちゃんへ
それはいか〜ン♪
空を飛ぶものが昆布ちゃんに食い尽くされたら
私のマニア活動が出来なくなります(爆)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

澄んだ空気が感じられます。

澄んだ空気が感じられる登山道、美しい富士山に美味しそうなおしるこの旗(笑)、行ってみたくなりますね。
でも周りが杉の大木...花粉症の私は秋まで待たなければなりません。
妻を誘いたくなりますね。

Re: 健脚おみごと!!

ばんぶうへ
最近経済状況が厳しくて、
プレミアムから頂にグレードダウンされています(笑)

Re: 澄んだ空気が感じられます。

遥さんへ
夏になるとおしるこの旗がかき氷に変わります(笑)
でも丹沢はヒルがひどいですので、
やっぱり秋まで待ったほうが良さそうです。
お正月前後でも気温は5度ぐらいで、
それほど寒くはありませんでした(^。^)

No title

こんにちは。ヽ(^o^)丿
標高差1200mですか?キツイかな。
階段1200段は上がったことがありますが・・・
比べものにならないでしょう。
結局?何分で上がったんですか。
フルマラソンくらいかな(#^.^#)

Re: No title

ガンダムさんへ
徹底して荷物を減らして、
なんとか3時間ちょうどで登れました。
でもこの冬また脂肪を蓄えて来ましたので、
体力測定はあまり意味なかったかもしれません(笑)

凄い!

私達は山県館のポスター見て
気軽に行けそうな感じだったので
妻と温泉上がりに西沢渓谷へ
すれ違う人みんなしっかりした装備
私たちは温泉上がりの軽装(笑)
最初の滝でリタイア
あの階段が辛くて体力の限界でした(p・Д・;)アセアセ
限界は私だけですが・・・

Re: 凄い!

うしたつさんへ
雲峰荘にも登山のポスターがいっぱい貼ってありましたね。
あれはまじめに信じてはいけません(笑)

そこと近い山県館は良くセットで回る方がいらっしゃいますね。
今度私たちも行ってみます*\(^o^)/*

>限界は私だけですが・・・
我が家でも同じく・・・
逞しいのはいつも女性の方です(-_-;)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する