過去の記事はここをクリック:記事一覧

スコットランドの旅(16) 低緯度オーロラ(失敗)

なんでNairnに1週間も泊まったかというと
本来の目的は低緯度オーロラでした。

01201901AuroralZone_04.jpg
アイスランド、ノルウェー・スウェーデン・フィンランド北部を通る
オーロラ帯はイギリスを覆っていませんが、
スコットランドでは
低緯度オーロラ(→高い高度で発光する赤と紫色のオーロラ)
が観測できるので、一味違う写真が撮れます。
LowLatitudeAurora04.jpg

Nairnは北海に面したきれいなビーチがあり、
低緯度オーロラの撮影にちょうどいい場所かなと思って、
フィンランドに行った時と同じように1週間粘ってみることにしました。

しかし、実は、この計画は最初から破綻するのに決まっていました。

天気が良ければ→昼は観光→夜は寝る
天気が悪ければ→昼は寝てもいいが→夜は星が見えません

現地に行ってから初めてこの問題に気づいた自分でしたが(笑)......
Nairnを去る最後の夜に奇跡的にチャンスが訪れました。
つまり
昼は嵐→寝る、夜は晴れ→オーロラ

午後3時から&爆睡
02201901P1520956_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
夜8時に起きて晩御飯

03201901P1520975_S.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
オーロラよりこっちに燃えました(笑)

フィンランドの時の経験から午夜に出ることが多いので、
10時にいざ出陣

04201901P1530022.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
オーロラはまだ出ていませんが、
この星空に感動しました。

05201901P1530016.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
北斗七星も綺麗!
生憎、北の空はずっと曇っていました。

06201901P1530004.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
流れ星も5,6個ありましたよ。
願いことは間に合いませんでしたが。

07201901P1530007.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
オリオン座の軌道も太陽と同じように低いです。
地面擦れ擦れ

08201901P1530005.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
あとは人事を尽くして天命を待つ

気温がほぼ0度の強風の中で3時間待ってみたら...
オーロラどころか、雷が鳴って雨が降って来ました。

人生、甘くないですね。
撤収

軽く過去記事の宣伝:
以前フィンランドのサーリセルカで見たオーロラです。
サーリセルカ(3) The northern lights (1)
サーリセルカ(8) The northern lights (2)
サーリセルカ(11) The northern lights (3)

つづく


記事一覧へ
コメント

オーロラもいいけどオチリもね

燃えました、燃えました。
こりゃーぼくちゃん狼になる。
ウワォー。

以前のオーロラには感動しました。
やはりなにごとも生にはかないません。
生ビール、生クリーム、生オーロラ、そして生尻。
赤と紫のオーロラですか。
見れたのかなあ。
次週先行公開、乞う期待。

Re: オーロラもいいけどオチリもね

ばんぶうさんへ
生が多くて、お腹を壊さないように(笑)

めったにないことですが、
燃える時は北海道でも観測できますよ(^。^)

No title

おぉ~♪
オーロラよりも、お尻が好きです♪
( ̄¬ ̄*)ジュルル

・・・って、
凄い星空ですね~♪
しかもオーロラまで見れるなんて・・・
いいなぁ~

Re: No title

昆布ちゃんへ
1日しか頑張らなかったので、
当然の結果ですね。
今度はもっと気合を入れないと、
両方(笑)

男の夢をありがとうございます。

聞くところでは、かの地ではオーロラは私達の夕焼けみたいなもので、さほど珍しくないそうですね。
よくオーロラが見える、不思議な感じです。
見上げる空には今も探査機が遠い星へと飛んでいると思いますが、茶色い石ばかりではなくて生物を捉えてもらいたいです。

Re: 男の夢をありがとうございます。

遥さんへ
そうなんですよ。
フィンランドの時も思ったのですが、
お家が広くてテラス付き♪
オーロラを見ながらビール、ワイン、BBQ。ロマンチックだなぁと。(笑)
でも実際にオーロラを見に出かけたのは観光客だけ(^。^)
たまに見かけるパブ帰りの現地人も
あ、今日も「雨」か、みたいな感じで
オーロラに全く興味がありませんでした。

悠久の銀河

すごいなぁ・・・(・・; 星が・・手をのばせば届きそう。わたしたちのいる地球もまたこの星々のひとつなのですね〜。永遠に悩んでしまうような不思議。

YUMIさんのお姿、夜食バンザイという番組(?)を思い出しちゃいました^^;

Re: 悠久の銀河

ゆかさんへ
夜空を飾る星々の光は何千万年も前のものだと知識として理解していても、実際夜空を眺める時はいつも不思議な感じがしますね…
私達は宇宙にとってあっという間に消える微々たる存在に過ぎないと思うと、虚しいと感じつつも、ほっとした気もします…
広大な景色を前に、人間は哲学的なことを考える傾向があるのでしょうか。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する