過去の記事はここをクリック:記事一覧

道東1000キロの旅(14) ノロッコ列車

20131013P1060859.jpg台風で釧路に足止めされたので、予定外に丸一日空いてしまいました。そこでノロッコ列車に乗って釧路湿原を回ることにしました。

←塘路駅に停車中のノロッコ列車

  釧路駅に停車中のノロッコ列車↓
20131013P1060742.jpg 
自由席の1号車は普通車両、2号車以後は展望車両です。列車は湿原の東側を走るので、景色がいいのは4人掛けの席です。
20131013P1060750.jpg20131013P1060751.jpg
20131013P1060736.jpg20131013P1060740.jpg20131013P1060759.jpg 
車掌さんが乗車証明書を配ってくれました。しかも、行きは横長、帰りは縦長とバージョンが二つあります。↑
車内から撮った釧路川。前日の台風で水が濁っていました。
20131013P1060769.jpg
ノロノロと走る列車だからノロッコ列車と名づけられたらしい。うん、あまりにもノロいからちょっと眠くなりました。(笑)
20131013P1000635.jpg20131013P1060857.jpg
塘路駅に止まっているノロッコ列車。列車の到着時刻に合わせて、大型観光バスも何台来ています。駅のトイレは観光客で長蛇の列。

20131013P1060840.jpgサルルンとサルボ展望台を登った後、 細岡展望台に行くノロッコ列車が来るまで後40分あったので、標茶町郷土館と塘路湖エコミュージアムセンターに寄ってみました。どちらも入館無料です。
標茶町郷土館の1階には農耕道具と北海道開拓の資料、2階には動物の剥製や昆虫の標本が展示されています。熊はともかく、オオワシとシマフクロウの大きさにびっくりしました。
20131013P1060841.jpg
20131013P1060843.jpg20131013P1060846.jpg 
塘路湖エコミュージアムセンター、釧路湿原の自然についての展示があります。
20131013P1060850.jpg201310131060851.jpg



記事一覧へ
コメント

貴重な経験ですね

これはのんびりとノロッコ号できれいな景色探訪ですね。
台風の影響でしょうか川が濁ってますね。
釧路湿原行ってみたいです。
一応道産子なのでしべちゃは読めます。

Re: 貴重な経験ですね

ばんぶうさん
最近あの方(笑)から影響を受けて、
ガイドブックに載っていないところばっかりを狙っています。
ノロッコ列車は正直に言って景色イマイチでした。
自分のブログに乗せながら、こういうのも・・・(^_^;)
釧路湿原自体はとても素晴らしかったです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する