過去の記事はここをクリック:記事一覧

山陰の旅(6) 出雲空港

01202001P0023_3.jpg
ボリュームたっぷりの割子そば

02202001P0027.jpg
お昼は出雲空港で のどぐろ三昧

03202001P1030635.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
消防ヘリが出動

04202001P1030727.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
東京から来たJALが上空待機していました。

05202001P1030768.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


06202001P1030695.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


07202001P0022.jpg
休憩

08202001P1030701.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


09202001P1610623.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


10202001P1040065.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
恋する夫婦

11202001P1610667.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


12202001P1610678.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


13202001P1610681.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


14202001P1610691.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


15202001P1610704.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


16202001P1610709.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


17202001P1610718.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


18202001P1610719.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


19202001P1610734.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


20202001P1610744.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


21202001P1610758.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6


22202001P1610773.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
以上、バカ夫婦の出雲空港半日観光でした(笑)

The End

記事一覧へ
コメント

いヅもありがとう

でました、そば。
いつもあなたのソバで。

飛行機の顔も微笑み旅。
いヅもながら寂しさを象徴する夕暮れ。
次はどこに行きまっしょい。

少しずつ空の移動が緩和されて来ましたね。

世界の飛行機関連産業で解雇等のニュースが流れていますね。
まあ、飛行機の数も飽和状態かなとも思いますが、一日も早く以前の状態に戻れと祈っています。
そんな重い空気を吹き飛ばす、おっぱい露出でお蕎麦。
最高に良い眺め、美味しい味で羨ましいです。
のどぐろのお寿司では女体盛りはしなかったんですか?

No title

あぁ~!
検閲で黒塗りされた部分が一番見たいっす(笑)
( ̄▽ ̄+)♪キラキラ

Re: 少しずつ空の移動が緩和されて来ましたね。

遥さんへ
一度お洒落な部屋を借りて
寿司の盛り合わせ(笑)を食べてみたいですね。

うちはJAL派です。
最近何度も全額で払い戻しをしてもらったことがあって、
今までもアクシデントの時に大変お世話になりました。
いつ自由に旅ができる日が来るか分かりませんが、
落ち着いたらまた応援したいと思います。
航空業界で働くたくさんの方々に対して、
航空ファンとしてはこれぐらいのことしか出来ませんが。

Re: No title

昆布ちゃんへ
黒塗りの内容はハイライト、
政府が公開した資料と同じです(笑)

Re: いヅもありがとう

ばんぶうさんへ
こちらこそ、いずもありがとうございます。
旅の終わりは確かに寂しいものですが、
目に焼き付いた景色は一生の宝物ですね。
次の次の次の旅までご用意しておりますので、
引き続きお付き合いのほどよろしくお願いしますv-206
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する