過去の記事はここをクリック:記事一覧

ドイツムンスター戦車博物館

暫く温泉ネタが続いていたので、久しぶりにマニアックなものを

Map_Deutschland_Munster.jpgムンスター戦車博物館はドイツ北部ハノーバーとハンブルクの間の小さな田舎町Munster(Ortze)にあります。ハンブルクとハノーバーの間のUelzenという駅から2両編成のローカル線に乗り換えて三つ目の駅。またブレーメンからも行けます。

気を付けなければならないのは、オランダ国境付近にMunsterという大きな町があり、普通ガイドブックを調べるとそっちが出てきます。ただそっちの発音はミュンスター(uの上に点が付いている)、こっちはムンスター。私はドイツ語を話せないからその違いはさっぱり分かりません。ちなみに、ネットで調べたら、Munsterという地名は6カ所も出てきました。

2014041500P1010104.jpg2014041500P1010105.jpg
Munster(Ortze)駅は無人駅ですが、小さな売店があって、アイスクリームは絶品。
Map_Deutschland_Tank.jpg戦車博物館は駅から15分ぐらい歩きますが、途中に大型スーパー、ホームセンター、雑貨屋さんもあって、いろいろ寄り道すると結構面白かったです。有難いことに博物館は戦車学校(第9装甲教導旅団、大戦中陸軍精鋭部隊の戦車教導師団)にも隣接しているので、あちこちに立っている戦車学校の案内標識に辿って行けば簡単に行けます。


これまで3回訪れたことがあるが、行く度にコレクションが増えたり、レイアウトや展示品が変わったりして、また来たいなぁと思ってしまいます。驚いたのは、結構マニアックな所にも関わらず、平日でも多くの人で賑わっていたし、小学生の社会見学の場にもなっていました。日本はとても平和な国で、こういう博物館はないですが、海外では(アメリカもそうでしたが)普通に社会勉強の一環になっているようです。

第一次世界大戦から今日までドイツ陸軍のあらゆる装備が広い敷地内に詰められています。ここで全部ご紹介すると「恋する夫婦」の名前を変えなければならないので、いくつか日本でも有名なものをお見せします。 


2014041501P1010044.jpg
まず一番の目当てはなんといってもティーガーⅡでしょう。 その88mm砲はすべての連合軍戦車をアウトレンジ(相手の有効射程外から一方的に攻撃できる)から撃破できる性能を持っていました。
2014041502P1010051.jpg
本当に巨大で、砲弾はYUMIの肩までの大きさです。
↓ 私が撮っても車台の上部は見えません。
2014041503P1010053.jpg2014041504P1010060.jpg
この車両はフランス戦線の第501SS重戦車大隊の所属でした。1944年9月にアメリカ軍によって捕獲されたが、1960年にムンスター戦車学校に寄贈され、故郷に帰ってきました。
2014041519P1010074.jpg2014041520P1010075.jpg2014041521P1010076.jpg
すべての装甲師団と陸軍ティーガー重戦車大隊のマーク。部隊番号が刻まれた操縦手ハッチは面白い。


2014041505P1010033.jpg
パンターA 
自分の中ではパンターこそ火力・機動力・防御力のバランスを取れた最優秀戦車。
2014041506P1010032.jpg
原隊の戦車教導師団のマークがペイントされています。
後ろに小さく見えるのはリモコン操作の爆薬運搬車。
2014041507P1010073.jpg2014041508P1010070.jpg
中型といっても結構大きい車両です。
2014041510P1010077.jpg2014041509P1010035.jpg
主砲照準器とパンターの75mm主砲。ドイツ戦車が強かったのは、ギアやレンズのような精密機械の分野でドイツが優れていたからです。口径がいくら大きくても当たらなければ意味がないですね。
回りにヘッツァー、4号戦車駆逐車、T34/76が見えます。

2014041511P1010021.jpg2014041512P1010039.jpg
有名な88mm対空/対戦車砲、最強な対戦車砲で、ティーガーの主砲はこれを車載用に改良したものです。右の写真はフンメル150mm自走榴弾砲
2014041513P1010040.jpg2014041514P1010066.jpg
18両しか製造されなかった380mmロケット砲シュトルムティーガー、強固に守られた建物を一撃で破壊できるように設計された市街戦用兵器ですが、出来上がったごろにはもう敗戦直前だったので、活用できる場面はあまり残されていませんでした。
2014041515P1010038.jpg
ヤクトパンター駆逐戦車、パンターの車台にティーガーⅡの主砲を載せた「ハイブリットカー」です
2014041516P1010036.jpg2014041517P1010020.jpg
75mm砲を装備した「突撃砲」タイプと工兵タイプの装甲兵員輸送車(SdKfz251シリーズ)及びアフリカ軍団の3号戦車
2014041518P1010037.jpg2014041518P1010058.jpg
威力が全くないことで有名だった37mm対戦車砲(あだ名は陸軍のドア叩き)とソ連のT34


歩兵の個人装備のコーナー
2014041522P1010085.jpg2014041523P1010087.jpg
最高の発射速度を誇っていたMG34機関銃
2014041524P1010083.jpg2014041525P1010084.jpg2014041526P1010086.jpg
元祖突撃銃のStG44、Gewehr43小銃など
2014041527P1010081.jpg2014041528P1010078.jpg
有名な個人携帯式対戦車擲弾発射器パンツァーファウストとパンツァーシュレック


制服、勲章類をまとめたホールも設けられていて、陸海空ほぼすべての種類の制服と迷彩服が揃っています。全部載せられませんので、ロンメルとグデーリアンのものだけを。
2014041530P1010089.jpg2014041529P1010090.jpg2014041531P1010022.jpg2014041532P1010091.jpg
2014041533DSC03117.jpg2014041535DSC03119.jpg2014041534DSC03118.jpg
各国のヘルメット も


もちろん近代戦車のコーナーも充実しています。
2014041536P1010057.jpg
ドイツ連邦軍主力戦車レオパルト2、120mm主砲は88mm砲と同じラインメタル社の製品、自衛隊の90式戦車の主砲もこの砲をライセンス生産したものです。

2014041537P1010094.jpg2014041538P1010100.jpg2014041539P1010095.jpg2014041540P1010096.jpg2014041541P1010098.jpg
行く度にコレクションが増えているが、これも新しいコレクションの一つ、イスラエルのメルカバMk1。世界でも唯一エンジンを車体の前に置き、後部に歩兵が乗れるスペースを設けた戦車です。兵士の命を大事に考えた人的資源の少ないイスラエルならではの知恵ですね。

2014041542P1010103.jpg東ドイツと合併したこともあって、西側だけでなく東側の戦車も数多く揃っています。戦車の中に入れるコーナーや(中は狭くて頭をぶつけた)、戦車を豪快に横から切って内部を見せる展示もあって、子供たちに大人気でした。また工兵部隊が使う架橋戦車やトラクターもありました。ユニークなものとしてはこの地雷処理戦車、白く塗られているのは国連平和維持活動に参加していたからです。



記事一覧へ
コメント

No title

これまで3回訪れたことがある> マジっすか(;^_^A
それ,外国人(ドイツから見て)としてはかなり稀有なのでは…(笑).
旧東ドイツ…ボクが行ってたときはまだベルリンの壁があって,チェコからポーランドまでは行ったんだけど,ついに東ドイツへの国境は越えられなかったです.ん?KAZUさん,ベルリンの壁が崩壊したとき,まだ生まれてない?(笑)

Re: No title

シエナさん

チェコは私たちも行きましたよ。
プラハはとても素敵な町でした。
共産主義は歴史のあるものを殆ど破壊してきたが、
あの美しい町が残されたのはたまたまではなく、
大変な努力が必要だったんですね。
壁が崩壊した時はもう小学生ですよ、
これ、YUMIに言ってあげたらうれしいかも(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんわ。ヽ(^o^)丿
正月も終わりましたね(-_-;)
KAZUさんのブログを探検してます。
好きな戦車があったので、田宮のタイガー戦車やパンサー戦車を作ってジオラマ風に飾ったことを思い出しました。
年取ったら、また作ってみようかな?
目が見えたら!(#^.^#)

Re: No title

ガンダムさんへ
タイガーは大きいのが分かりますが、
パンターも結構大きくてびっくりしました。
自分は背がそんなに低いほうじゃないけど、
車体の上は見えません!

家にまだ手づかずのタイガーと88mm砲が眠っています。
いずれ時間があったらまた作ろうかなと(^O^☆♪
今度はピカピカの新車じゃなくて、汚れたやつを(笑)

ジオラマも楽しいですね。
幸いYUMIはそれを作るのが好きで、
結婚前の物は捨てられずに済みました(笑)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する