過去の記事はここをクリック:記事一覧

2014道北の旅(7) サロベツ原生花園

豊富町にあるサロベツ原生花園は100種類もの湿原植物が咲くことで有名です。
今回はほとんどYUMIの作品です。
20140610P1040816_m.jpg20140610P1040802.jpg
オオバタチツボスミレ

20140610P1040831.jpg20140610P1040836.jpg
オオバナノエンレイソウ

20140610P1040762_m.jpg
ショウジョバカマ

20140610P1040849.jpg20140610P1100431.jpg
不明(^_^;)                     ミツガシワ

20140610P1040837.jpg
エゾノリュウキンカ

20140610P1040794.jpg20140610P1100453.jpg
ミズバショウ

どうでしょうか。
一面に咲いた花畑、ご想像いただけましたでしょうか。
   ・
   ・
   ・

   ・
   ・
   ・

   ・
   ・

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

実はこの日の風景は・・・
20140610P1100425.jpg20140610P1100427.jpg
まだ荒涼とした景色でした。
15m/sを超す強風の中で、体感温度は零度ぐらい、まるで宝探し。
たぶん咲いた花は全部撮ったんじゃないかな(笑)

カメラって、恐ろしいものですね。

20140610P1040765_m.jpg20140610P1040853.jpg
ちなみに、晴れた日はこのように利尻山まで一望できますよ~
旅行番組の決まり文句

map_Douhoku_2.jpg 



記事一覧へ
コメント

感動しましたー!

なるほど、聞いてみないとわからんもんですねえ。
よう探されました。
本当にお花畑と思ってしまいます。
水芭蕉しか知らんものにとっては、眼に鱗の花ばかり。
寒々とした風景の中にほのぼのとしたKAZUさんYUーMiん夫婦の暖かさを感じました。
ここでは脱ぐ姿は想像してませんよー。

No title

カメラマジックですね
現地に行っていない人は
見てる写真だけで判断するしかない
写真を写す側は
全てをさらけ出すか 逆に隠すか
選択の自由があります
マスコミの怖さは ここにあると思うのです

Re: 感動しましたー!

ばんぶうさん
一面の花畑より、こっちのほうが
花を見つけるとはるかに達成感がありましたよ。

>ここでは脱ぐ姿は想像してませんよー。
お許しいただいてありがたいです(笑)

Re: No title

wakaさん
全く同感です。
「言わなければ嘘じゃない」、
そういうことでしょう。
私は正直者ですから、ネタをばらしました(笑)

No title

ほんとに僅かなんです.
年によってもちがう.
この様子なら,もう,一週間もすれば萌えいずるような季節が来たことでしょう.
そして2ヵ月後にはまるでジャングル,4ヶ月するとまた枯野.
北の大地は命の営みの激しさを感じさせてくれますね.
え?脱ぐ姿が想像できない?
まさかぁー(笑)
ここは野花に代わって,YUMIちゃんが文字通り一肌脱ぐしかないでしょう.

Re: No title

siennaさん
北へ行けば行くほど、生命が輝く時間も短いですね。
湿原の顔エゾカンゾウの開花はたっだの2日間だけだそうです。
それを狙って行くのは至難の業。
私たちが旅行に行く時はほとんどオフシーズンなので、
パンフレットに載っている景色には滅多に出会えません。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する