過去の記事はここをクリック:記事一覧

ベルリン(4) 散策 その一

ウンター・デン・リンデン(Unter den Linden)(地図2の⑨)
ブランデンブルク門に通じる大通り、「菩提樹の下」。
沿道には歴史的建造物とお店がズラリと並んでいます。
20140720P1010248_m2.jpg

20140720P1010230_m.jpgジャンダルメンマルクト広場を挟んで建つドイツドームとフランスドーム(地図2の⑥)
ドイツドーム
 ドイツ最大のプロテスタント教会
フランスドーム
 フランスでの迫害から逃れて来た
 ユグノー教徒のために建てられました
20140720P1010227_m.jpg

20140720P1010238_m2.jpg
地中の図書館があるベーベル広場の向かい側にあるフンボルト大学
大学の前は露天書店になっていて、いわゆるベルリンの神保町
20140720P1010233_m.jpg20140720P1010232_m.jpg
ベーベル広場の工事現場 。いかにもヨーロッパらしい

20140720P1010244_m.jpg20140720P1010243_m.jpg
ウンター・デン・リンデンの入口に堂々と立つフリードリヒ大王の騎馬像
フリードリヒ2世は優れた軍事的才能だけでなく、芸術的才能の持ち主でもありました。ベルリンに一流の音楽家を集め、プロイセンにもっとも輝かしい時代をもたらしました。

1.4キロのウンター・デン・リンデンを抜けると、
いよいよベルリンの象徴、ブランデンブルク門(地図2の②)
壁の時代では無人地帯でした。
20140720P1010256_m.jpg20140720P1010255_m2.jpg
                              PayPal のイベント撮影 ↑
20140720P1010254_m.jpg20140720P1010258_m.jpg
勝利の女神とクアドリカ
今は東に向いていますが、ナチスの時代に西への領土拡大を願って、西向きに置かれたこともあったそうです。

門をくぐって右に曲がるといよいよ連邦議会議事堂(地図2の①)
20140720P1010275_m2.jpg20140720P1010271_m.jpg20140720P1010347_m.jpg
実はここを守っていたドイツ兵がヒトラーの死んだ後でも2日間抵抗していました。
議事堂はまさしく第2次世界大戦が終焉した場所です。
20140725IMG_Berlin03s.jpg20140720P1010354_m.jpg
↑終戦直後の議事堂    オリジナルの部分と修復した部分がはっきり分かります↑
20140720P1010345_m.jpg崩落した天井はガラス張りに改装されました。屋上から誰でも議会の様子を覗けるようになり、「オープンな政治」をアピールしています。さらにすごいのは、ガラス部分は常に太陽との角度に合わせて動いていて、自動的に室温が調節されるそうです。なんとエコーな設計。入場は無料ですが、厳重なセキュリティチェックは空港並み。 20140720P1010355_m2.jpg
議事堂の入り口から広場を眺めると、石畳みが眩暈するほど(笑)芸術的な作りになっています。

20140720P1010356_m2.jpg
国会議事堂を見学した後、再びブランデンブルク門に戻ったが、嘘のように静まり返っていました。みんなどこにいったんでしょう。未だに不思議で仕方がありません。

20140720P1010194_m.jpg20140720P1010202_m.jpg
ブランデンブルク門を潜ってさらに東へ進むと緑が広がり景色が一変します。ここはティーアガルテン、NYのセントラルパークのような都会のど真ん中にある心が安らぐ公園です。
20140720P1010281_m.jpg20140720P1010279_m.jpg
↑ ワーグナー                   ↑ ゲーテ

ここでYUMIが好きなゲーテの詩をご紹介します。
これは詩人が65歳の時に、東洋から移植された銀杏の葉を手に取って、
惹かれた人妻のマリアンネ宛に書いた玄妙な詩です。
タイトルは「銀杏」、そのまま(^ ^) 

20140720P1010193_m.jpg東の国からはるばると
移し植えられた木の葉には
心ある人をよろこばす
ひそやかな意味が隠れています

もともとこれは一枚の葉が
二つに分かれたものでしょうか
それとも二枚がむすぼれ合って
ひとつに見えるものなのでしょうか

この問いに答えようとして
その意味がわかりました
私の歌にお感じになりませんか
私はひとり、
でもあなたとふたりでいるのだと


ブランデンブルク門に通じる大通りから見る勝利記念塔(地図1の⑩)と勝利の女神。元々議事堂の前にあったが、ヒトラーが今の場所に移しました。

Map_Berlin-2.jpg
地図1 ベルリン
Map_Berlin-3.jpg
地図2 ブランデンブルク門周辺


記事一覧へ
コメント

No title

ふーむ,65才にして人妻に横恋慕してこの濃密さ!!
Goethe翁のエロ度やさすが尊敬!!
よーし,翁65才に比ぶれば,若者シエナ,
才媛YUMIんに横恋慕の詩草稿しようかしらン.

ギョエテとは?

OH!ブランデンブルク門や石畳。
ワーグナーにゲーテ、ん~ドイツそのものですね。
YUーMiんの好きな詩はKAZUさんへの想いでしょうか?重いね!
エロ代官としては、銀杏でナヌを隠したYUーMIんを見たいです。
あ~あ、また嫌われちゃうネ。

No title

素晴らしいベルリン、良く此処まで再建された物ですね、[ユグノー]とは改革派の事ですか、此の教徒の迫害はフランスの国力の低下を招いたと、と知人が話しておりました、御二人の慎み深い所を有難う御座いました、今暫く、天候不順、御注意下さい、素晴らしい物を有難う御座いました。

No title

各国それぞれに歴史があるわけで
勉強になりますね
見聞を広げる旅行
ただ楽しむ旅行
迷惑をかけることなく
自分たちが楽しめれば
最高ですね

Re: No title

siennaさんへ
どうぞ、どうぞ
ガンガン送って来てください。
気に入ってもらえればもっとガードが緩むかもしれませんよ(^_^)

Re: ギョエテとは?

ばんぶうさんへ
どうもそれはsiennaさんの想いらしいです(^_^)
銀杏の葉は小さすぎて、却下されました(笑)

Re: No title

Tonyさんへ
こんちには
ヨーロッパに行く度に
昔ながらの景観を守ろうとする努力とその成果に驚きます。
ユグノーの話、勉強になりました。
フランスのことにお詳しいですね。

Re: No title

wakaさんへ
これからの旅行に新しい趣味の写真も加わるから、
もっと忙しくなります(^_^)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する