過去の記事はここをクリック:記事一覧

道東1000キロの旅(17) オーロラファームヴィレッジ

今回の旅で泉質で言えばここオーロラファームヴィレッジのお湯は一番印象に残りました。
20131016P1060691.jpg 温泉付きの宿泊施設だが、日帰り入浴と食事もできます。場所は屈斜路湖と釧路の真ん中あたり、国道274号線沿いにあります。

←国道から出ると、2kmほどの砂利道になります。
国道274号線沿いの入口に立っている看板
20131016P1060695.jpg
砂利道に入ったら1個目の分かれ道を右に曲がります。
20131016P1060692.jpg20131016P1060693.jpg
受付です。ここで1人500円の入村料を払います。もちろん時間制限はありません、お風呂は何回でも入れます。奥に見える小屋は宿泊ができます。 このワンちゃん、素晴らしい番犬です。客が来ると、ご主人が出てくるまで吠え続けます。
20131016P1060682.jpg20131016P1060685.jpg
↓ 混浴露天風呂                 ↓ 男女別のお風呂です。
20131016P1060668.jpg20131016P1060670.jpg
20131016P1060662.jpgとにかくここのお湯はとってもいいです。泉質は植物性の有機物を多く含んだ琥珀色のモール泉です。 アルカリ性で、本当に肌ツルツル。
混浴露天風呂は屋根が半分しかないので、夜は星空が見えるし、雨の日も困りません。目の前は自然の森だけど、日本庭園のように風情あります。
20131016P1060650.jpg
                 外の世界に興味津々のYUMI、けど後ろに気を付けてね ↑
↓ 脱衣所は男女別です                          琥珀色のモール泉 ↓
20131016P1060673.jpg20131016P1060666.jpg
ここのご主人曰く:北海道では、循環式が多いホテルのおしゃれなお風呂より、町の共同風呂のほうがいいお湯がするよ。うちなんかは源泉垂れ流しだよ。垂れ流しか?! 豪快というか、贅沢というか。もったいないから、ポリタンクで持ち帰りの入浴客もいるそうです。
受付のある建物のなかです。手作り感あふれる、アットホームな感じ。
20131016P1060676.jpg20131016P1060677.jpg20131016P1060678.jpg20131016P1060679.jpg20131016P1060680.jpg20131016P1060681.jpg
お昼はここで奥さんの手料理を頼みました。豚肉丼と醤油ラーメン。どこにもあるメニューですが、めっちゃ美味しかったです。
20131016P1060690.jpg20131016P1060688.jpg
ご主人に
  「実は昨日鹿肉丼を食べたら鹿とぶつかったんですよ」
と言ったら
  「じゃこれから何も食えないじゃないか、牛はそこら辺を走り回っているし。
  でも豚いないから大丈夫でしょう」
  「それはそうだ」
本当にうまかった。


記事一覧へ