過去の記事はここをクリック:記事一覧

幌加温泉 鹿の谷 (3) 三国峠と糠平国道

朝3時に起きて、暗闇の中を出発して三国峠へ

標高1139メートルの三国峠は道内で一番高い峠です。
北海道は緯度が高いから朝日を撮ろうとすると結構ハードです。

01201707P1380661.jpg
三国峠で一番有名なアングルはこの松見大橋
(初日午後の撮影)

02201707IMG_8937_m.jpg
三国峠トンネルの手前に展望台とカフェがあって、
みんなここで休憩を取ります。

しかし、松見大橋はこの展望台から見えないです。
撮影スポットは近くの緑深橋。

03201707MikuniPass_2.jpg
クリックすると大きい地図が開きます

橋の上に車を止めるのは危険なので、
近くの駐車スペースに止めました。
サイクリングのテールライトをリュックにつけて準備万端

04201707P1380804.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
3時40分
日の出20分前のコマクサ橋
三国山とおっぱい山の間を
北の北見方面からすごい雲海が流れてきました。
思わず息を呑む光景!

05201707P1380825.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
いよいよですね。

06201707P1060612.jpg
photo by YUMI GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
緑深橋に着いた時は、ちょうど日が昇り始めた頃。
(緑深橋とコマクサ橋の間にあるコマクサトンネルには
細い歩道があるので、安全に歩けます)

07201707P1060603.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
緑深橋から見た松見大橋

08201707P1060622.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

09201707P1380873_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
雲海も見られてラッキー♪

10201707P1380855_2.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


11201707P1060637_2.jpg
photo by YUMI GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
綺麗な朝焼けはほんの一瞬だけ。
日の出とともに周りが一気に明るくなりました。

13201707P1380977.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
緑深橋よりちょっと低いコマクサ橋からの角度が好き

14201707P1380878.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
右側のプリンのような山は軍艦山、火山です。

15201707P1060674.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
車を写真に入れたかったですが、
2時間の間に4、5台のトラックしか通りませんでした。

待っても待っても車が来ないので、
6時頃に上の展望台に移動

16201707P1060713.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
展望台から眺める松見大橋とニペソツ山
「来た~来た~」二人プチ興奮

17201707P1390053.jpg
GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
さっきと同じトラックです(笑)

18201707P1060721.jpg
photo by YUMI GX7 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
6時半に撮影終了
そういえば、展望台のトイレのドアを開けたらリスがいましたよ。



19201707P1060728.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
日本の名道50選にも選ばれた
国道273号線(糠平国道)。

20201707P1060725.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
鹿だらけです。
幌加温泉から1往復して10頭以上も目撃しました。
気を付けないと

21201707P1060741.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
それに
上士幌町と上川町の110kmの区間はガソリンスタントありません。
糠平温泉から層雲峡の70kmの区間は携帯通じません。
通信手段は数キロ置きに設置されている非常電話のみ。



22201707P1060727.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
ここはかつて士幌線の終着駅があった三股地区、
綺麗な白樺林が広がっています。

23201707P1390575.jpg
全盛期では1200人の林業関係者が暮らしていましたが、
今は2軒の民家のみとなりました。

24201707P1060918.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8



25201707P1060766.jpg
士幌線といえば一番有名なのはこのタウシュベツ川橋梁でしょう。
糠平ダムの水が少ない冬には湖面に姿を現し、
水位が上昇する夏には湖底に沈みます。
一番美しいのは水が程々に張る初夏。
湖面に橋が映り込み、まるで眼鏡のように見えます。

生憎、行った時は全く水がありませんでした。

橋の見学方法は4つ
①糠平対岸のタウシュベツ展望台から見る(写真)
②NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターの有料ツアーに参加する
③森林管理署東大雪支署から許可書と林道のカギをもらって
 自家用車で行く
④林道を歩く→熊さんに会えるので十分にご注意を

26201707P1060778.jpg
GX7 + KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
士幌線のアーチ橋が60も保存されています。
その一つの第五音更川橋梁
1937年に完成、長さ109mのアーチ橋です。

27201707P1390119.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


28201707P1390133.jpg
photo by YUMI GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2


29201707P1390101.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
第五音更川橋梁から徒歩5分
旧幌加駅近くの小径を散歩
以前この白樺林の中を汽車が走っていたのですね。

30201707P1390148.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
士幌線はどれだけ人々の想いを運んだのでしょう。
当然私たちは開拓時代の北海道について何も知りません。
廃線から当時の面影を想像することしかできないです。

31201707P1390155.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
しかしとても不思議なことに、
ここに立って、
寂し~なぁと思ったことはちっともありませんでした。

32201707P1390156.jpg
GX7 + LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2
今も遠くから汽笛が聞こえて来そうで、
身も心も癒される静かな朝でした。

つづく


記事一覧へ